MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
関東(マッキ―牧本)vs 関西(門上武司)対決!【麻婆豆腐】どっちが旨い!?

関東(マッキ―牧本)vs 関西(門上武司)対決!【麻婆豆腐】どっちが旨い!?

赤い、赤い、見るからに、辛いっ!そう、今回のお題は、痺れる辛さの〈麻〉と、ヒリヒリ系辛さの〈辣〉が渾然一体と化する「麻婆豆腐」。いずれ劣らぬ東西のその味は、爽快なほどの辛さと、その奥に潜む奥深い旨さがカギのようです。 文/門上武司、マッキー牧元 撮影/鵜澤昭彦(東)、ツジノワタル(西)

今回のお題【麻婆豆腐】

【東】マッキー牧元 四川料理 趙楊の「佳説麻婆豆腐」

 門上さん、僕も麻婆豆腐は、大好物です。店で食べるだけではなく、自分でも頻繁に作ります。あらゆるレシピを試し、自己流に落ち着いたのですが、実はその真価がどこにあるのか、長い間見いだせないでいました。

 その目を開かせてくれたのが『趙楊』です。麻婆豆腐は豆腐をおいしく食べるための料理だという、真実に気づかせてくれたのです。趙楊さんによれば辛さや痺れより、豆腐をどうおいしく感じさせるかが大事であり、そのために豆腐は包丁でなくヘラで切り、決して茹でないと教わりました。また豆腐を芯から熱くして、豆腐の柔らかさと餡のとろみ加減を同じにし、醤油と胡椒は絶対入れてはダメだということも教わりました。

 いままでに、趙楊さんには5種類の麻婆豆腐を作ってもらったことがあるのですが、今回のものは中でも最も感動したものです。

 粗微塵にした羊肉の香りとハードな痺れ、油のしつこくないコク、複雑に絡みあった旨み、その中で豆腐の優しい甘さがそっと花開く。激しさと穏やかさ、逞しさと柔らかさという相反する事象が、美しいバランスをとりながら、丸く収まっている。だからこそ、豆腐を慈しむ気持ちが滲み出る。この味わいは、もはや日本の宝だと思います。

その原点や存在意義を教えてくれる 豆腐による豆腐のための伝説の麻婆豆腐

▲佳説麻婆豆腐(伝説の陳おばあさん第二のレシピ) ※コースメニューの一品
「つるりとした豆腐の口当たりに気を許していると、瞬殺で辛さが襲ってきて油断ならない。しかし次の瞬間、痺れが引いたと同時に豆腐の旨さが最大限に花開く……。うぅ~ん、脱帽です」(牧)

[住所]東京都港区新橋1-5-5 グランベル銀座ビル2 7F
[営業時間]18時〜19時半最終入店(21時半閉店)
[休日]日、祝は不定休 
[席]テーブルのみ20席 カード可/サなし
完全予約制 ※インターネット予約 http://pokecon.link/1qFQS5p
[交通アクセス]地下鉄銀座線新橋駅から徒歩1分
※アラカルトなし、コースのみ、「佳説麻婆豆腐」は予約時に要相談。

【西】門上武司 中国酒家 福龍園の「四川超級麻婆豆腐」

 牧元さんもご存知の人ですが、関西には麻婆豆腐研究家を名乗るTVプロデューサーが存在します。年間に100食以上食べるという猛者です。

 今回はその人に相談した結果、双方合致の一軒として挙がったのが大阪・南森町の『福龍園』。日本の麻婆豆腐の嚆矢は陳建民さんが源流ですが、その流れを継承する店でもあります。

 テーブルに麻婆豆腐が届くと、立ち昇る香りが目に届く。まぶたが反応するのです。豆腐のサイズはまちまちですが、相対的に細かい。口に含むと優しい辛さが襲ってきます。

 とろみのある液体と豆腐が喉に差し掛かる頃から、二種類の辛さが口内から喉を覆いつくします。四川の花椒、シナモンなどをブレンドした自家製ラー油が、「効く! 効く!」と叫ぶように訴えかけてくるのです。

 その頃には、額から顔全体に汗が滲んできます。これがなければ、麻婆豆腐を食べる価値がないとまで、思ってしまいます。

 白い御飯との相性も素敵なのですが、このツルリとした喉ごしに、思わず「麻婆豆腐は飲み物に近い」と思ってしまうほどです。

 小さい店ですが、黒板にぎっしり書かれた献立が魅力的。牧元さん、食べ尽しいかがですか?

四川花椒の〈麻〉と自家製ラー油の〈辣〉が体内を駆け巡る 麻婆豆腐の源流を汲む味

▲四川超級麻婆豆腐(スーパーマーボトウフ) 1080円
「唐辛子の辛さより、四川花椒の痺れる〈麻〉の辛さが鮮烈です。そこにかすかな旨みが隠れているのが、陳建一さんの流れを組む味わい。なめらかな豆腐の口当りと肉類の旨みのバランスが見事」(門)

[住所]大阪府大阪市北区天満4-16-8 ハイツ天満宮1F
[TEL]06-6353-7224
[営業時間]昼 11時半~14時半、夜 18時~22時
[休日]日・祝
[席]テーブル8席、カウンター5席、ミニカウンター2席/計15席 
カード不可/予約可/サなし
[交通アクセス]JR東西線大阪天満宮駅2番出口から徒歩3分
※四川超級麻婆豆腐は夜のみのメニューです。

プロフィール

マッキー牧元/タベアルキストを自称して早30年、ひたすら美味しいものを食べ歩き、それを生業とすべく、各誌への寄稿に励むコラムニスト。東の食雑誌『味の手帖』編集主幹でもある。

門上武司/小誌でもおなじみの、あらゆる食情報に精通している西のグルメ王。食関連の執筆・編集を中心に、各メディアに露出多数。関西の食雑誌『あまから手帖』の編集顧問も務める。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
おしゃれな街「自由が丘」でランチをするなら絶対に外せない4店をご紹介!ランキング常連の人気店をはじめ、グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩いて見つけた本当に美味しいお店ばかりです!【料理写真あり】
更新: 2019-05-16 09:51:06
皇居は雄大な歴史と自然に触れあえる日本人の心の場。丸の内、日比谷、東京駅からのアクセスもよく、皇居観光や散歩を楽しんだ後は、ランチ・グルメや買い物へも出かけやすい。春は桜、秋は紅葉、四季を通じて楽しめる魅力をご紹介。
更新: 2019-04-26 10:46:29
グルメ専門誌「おとなの週末」ライターが覆面調査で実際に食べたお店だけを厳選。今回は「新宿のイタリアン」を徹底調査。ピッツァ、パスタを中心に、ランチ、ディナーにおすすめの店やコスパよしのグルメ・レストラン情報を公開。
更新: 2019-04-16 20:27:31
有楽町周辺のカフェ情報のまとめ記事です。グルメライターが実際に行って見つけた厳選4店をご紹介。気になるランチ・朝・夜の営業時間やおすすめメニュー、喫煙可否、穴場のお店なのか、など各店の特徴を分かりやすくご案内します!
更新: 2019-04-17 12:14:14
上野エリアを人気グルメ情報誌「おとなの週末」のグルメライターが食べ歩いて見つけた、本当におすすめのランチ情報。和食・洋食・中華・カレー・食べ放題など特におすすめの9店舗をご紹介します!営業時間や休日などの店舗情報もあり。
更新: 2019-04-15 11:13:04
最新の投稿
「かろかろん♪」と鈴が鳴るドアを開けると、アフリカ調の素朴な色合いと華やかさが入り混じったリラックス空間が広がる。多国籍の雑貨を売っていた所に、お茶や食事を楽しめるスペースを開設したのが始まり。
更新: 2019-05-19 12:00:00
洋食店としての創業ながら、先代はとんかつ専門店だったという歴史を持つ店の当代が打ち出したのは、驚くほどふわふわのハンバーグ。「子どもの頃、親父が作るハンバーグが好きで、それを再現したかった」と店主は笑う。
更新: 2019-05-18 12:00:00
ここ最近の吉祥寺で、おっさん女子が、ちょっと流行ってるんじゃないの? と思っているのは、N.Y.スタイルのお店です。 N.Y.のパン屋、N.Y.スタイルのカフェ……と、何軒かお店ができるにあたって、「N.Y.料理って一体何?」という激しい疑問が……。
更新: 2019-05-17 16:03:00
東京駅でおすすめしたいカフェはたくさんあります!その中でも朝早く7時頃から夜遅く22時頃まで利用でき、スイーツも美味しいお店などをまとめました!料理写真、最寄り改札口からの徒歩時間、営業時間、定休日の情報も載っています。
更新: 2019-05-17 14:00:00
筋肉質な食感を楽しんでほしいと、使用するのは熊野地鶏のオスのみ。炭火でパリッと焼かれた皮の歯ざわり、高反発な肉質に驚かされる。
更新: 2019-05-17 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt