名古屋のグルメライターが語る、「これがホントの味噌かつ」だーっ!

名古屋のグルメライターが語る、「これがホントの味噌かつ」だーっ!

とんかつで忘れてならないのが名古屋の味噌かつ。味噌にくぐらせたものをイメージされる方が多いかもしれませんが、実はそればかりではないのです。現地ライターが放つ魂の叫びを聞け!「これがホントの味噌かつだ」


味噌ダレととんかつの バランスが重要ポイント

ガッツリ味噌づけがすべてじゃない!ホントの味噌かつ

名古屋めしの代表選手ともいうべき、味噌かつ。濃厚な味噌ダレがかかっているのは言うまでもない。が、これ見よがしにタレがかつ全体を覆っているものをたまに見かける。

ガッツリ味噌づけ系の味噌かつは、どうしても濃厚なタレの味が勝ってしまい、味の判別が難しい。タレはメインではなく、かつの美味しさを引き立てる、サブ役でなければならないと思うのだ。

今回、店を選ぶのに重要視したのは、タレとかつのバランス。厳選した3店の味噌かつを、とくとご覧あれ。
(取材・撮影/永谷正樹)


まずは、昨年1月、地下鉄名城線東別院駅近くにオープンした『㐂らくや』

㐂らくや(最寄駅:東別院駅)

▲熟成ひれかつ定食 1700円+味噌たれ 100円※夜は税別

名物の「熟成ひれかつ定食」(1700円)は、低温熟成させて旨みと柔らかさを増した愛知県産のあいぽーくを使用。ヒレ肉なのに肉の味がしっかりしていて、噛むごとに旨みが広がる。
巷のヒレかつとはまったく別物に思えるほど完成度が高かった。

別皿で出される「味噌たれ」(別途100円)は、付けすぎると、せっかくの旨みが負けてしまうので、かけすぎに注意。



[住所]愛知県名古屋市中区富士見町11-15 パールハイツくれない2階 
[TEL]052-322-8351 
[営業時間]11時~14時半(14時LO)、17時~23時(22時半LO)※ランチタイム有 
[休日]火夜 
[席]計42席/11時~14時は全席禁煙/カード不可/予約可/駐車場5台/サなし 
[交通アクセス]地下鉄名城線東別院駅4番出口から徒歩3分

「㐂らくや」の詳細はこちら

次は、地下鉄桜通線中村区役所駅から徒歩7分の『とんかつオゼキ本店』

とんかつオゼキ 本店(最寄駅:中村区役所駅)

▲味噌とんかつ定食 1700円

ここは、油で揚げず、厚さ約3㎝の鉄板で焼き上げる“焼きとんかつ”が名物。しっとりとした独特の食感があり、とくに「味噌とんかつ定食」(1700円)は、人気の一品。

このメニューの醍醐味は、焼き目が付いたパン粉の香ばしさと甘さ控えめの味噌ダレのマッチング。これが最高。三河や知多など地元産にこだわった豚肉の旨みも引き出されていて、ご飯もすすむ。



[住所]愛知県名古屋市中村区名楽町1-6 
[TEL]052-471-7474 
[営業時間]11時半~14時、16時半~21時※ランチタイム有 
[休日]水(祝の場合は営業) 
[席]計32席/全席禁煙/カード不可/予約可/駐車場10台/サなし 
[交通アクセス]地下鉄桜通線中村区役所駅1番出口から徒歩7分

「とんかつオゼキ 本店」の詳細はこちら

とんかつそのものの美味しさが際立っていたのは、中村区の太閤通沿いにある『名代とんかつ 八千代 味清』

名代とんかつ 八千代 味清(最寄駅:中村公園駅)

▲ロースかつ定食(味噌) 1650円

常連客の多くが注文する「ロースかつ定食(味噌)」(1650円)は、分厚くカットしてあるにも関わらず、とても柔らかい。その上、衣も薄いので、濃厚な肉の旨みやほのかな脂の甘みがダイレクトに伝わってくる。

味噌ダレは、甘すぎず、辛すぎず、さっぱりとした口当たり。カツオダシも加えてあり、深みのある味わいがとんかつのクオリティをさらに高めている。
一見、シンプルに思える味噌かつだが、実は奥が深いのだ。



[住所]愛知県名古屋市中村区稲葉地本通2-9-1 
[TEL]052-412-0568 
[営業時間]11時~14時LO、17時~20時LO※ランチタイム有 
[休日]金、木夜 
[席]計46席/全席禁煙/カード不可/予約可/駐車場14台/サなし 
[交通アクセス]地下鉄東山線中村公園駅3番出口から徒歩10分

「名代とんかつ 八千代 味清」の詳細はこちら
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連するキーワード


名古屋ホントの味噌かつ

関連する投稿


㐂らくや(東別院/とんかつ)ー低温熟成による柔らかさと旨みに驚愕!

㐂らくや(東別院/とんかつ)ー低温熟成による柔らかさと旨みに驚愕!

グルメライターが名古屋のとんかつ店[㐂らくや]を実食レポート。ホテル内の日本料理店などで修業した店主の浅野将典さんが開店させた。「熟成ひれかつ定食」(1700円)は、低温熟成させた愛知県産の銘柄豚、あいぽーくを使用。[住所]愛知県名古屋市中区富士見町11-15


とんかつオゼキ 本店ー名古屋の老舗洋食店で名物“焼きとんかつ”

とんかつオゼキ 本店ー名古屋の老舗洋食店で名物“焼きとんかつ”

グルメライターが名古屋 中村区役所駅のとんかつ店[とんかつオゼキ 本店]を実食レポート。昭和24年創業の老舗洋食店『とんかつオゼキ 本店』。油で揚げず、約3cmの分厚い鉄板でカリッと焼き上げた“焼きとんかつ”が名物だ。[住所]愛知県名古屋市中村区名楽町1-6


名代とんかつ 八千代 味清(とんかつ/名古屋)ー肉の旨みとコクのある味噌ダレが絶品!

名代とんかつ 八千代 味清(とんかつ/名古屋)ー肉の旨みとコクのある味噌ダレが絶品!

グルメライターが名古屋のとんかつ店[名代とんかつ 八千代 味清]を実食レポート。大正、昭和とその名を馳せた『ステーキハウス 八千代』で修業した先代が昭和37年に名古屋市中村区に開店。現在は二代目店主の高杉満さんが腕を振るう。[住所]愛知県名古屋市中村区稲葉地本通2-9-1 [TEL]052-412-0568


最新の投稿


奄美大島の郷土料理『焼酎ダイニング SAKE工房 心』

奄美大島の郷土料理『焼酎ダイニング SAKE工房 心』

 黒糖焼酎の品揃えは、島内でもおそらくナンバーワン! 5島からなる奄美群島にあるすべての蔵元の酒を網羅し、そのボトル総数はなんと200本にも及んでいる。


奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

 とびきり贅沢なディナーを楽しむなら、ここを置いて他になし! 使用する野菜や魚介はすべて奄美産。


曳舟の豆腐屋『三善豆腐工房 キラキラ橘店』

曳舟の豆腐屋『三善豆腐工房 キラキラ橘店』

 “生産者の思いも届けられる豆腐作り”を信念とし、店頭には使用する大豆名だけでなく、生産者の名前もズラリと並ぶ。絹や木綿は大豆違いで各3種類、その他に「ごま」や「ゆず」、夏季には「しそ」など、多くの豆腐が揃えられ、それぞれの豆腐にファンが付いている。イチオシなのが「小糸在来の絹」。


奄美大島のフレンチ&イタリアン『ブルノア』

奄美大島のフレンチ&イタリアン『ブルノア』

 昼も夜も地元客で満席になる、島内でも指折りの人気店だ。リゾートホテル出身のシェフが作るのは、奄美食材を丁寧に使ったフレンチ&イタリアン。


おっさん女子の吉祥寺パトロール(80) 吉祥寺・居酒屋ランチ選手権、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(80) 吉祥寺・居酒屋ランチ選手権、の件

世間は、お正月気分からやっと日常に戻ってくる時期ですが、日常と言えば、お昼のお楽しみ=ランチですよね。 で、おっさん女子的には、安い! コスパが高い! 店にキャパがあるので並ばない! チェーン居酒屋のランチを推奨します!


ランキング


>>総合人気ランキング