MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
【四谷三丁目エリア】おすすめグルメ情報 11選!

【四谷三丁目エリア】おすすめグルメ情報 11選!

四谷三丁目エリアで『おとなの週末』のグルメライターが食べ歩いて見つけたおすすめグルメ。餃子、寿司、ラーメン、串揚げ、フレンチ、ハンバーガー、焼肉など色んなジャンルの「本当に美味しいグルメ情報」が満載です。

四谷三丁目グルメ地図

四谷三丁目エリアの本当に旨いグルメ情報をまずは地図でご紹介します。

【中華】遊猿

豪快に鉄板で焼き上げる噂のジャンボ餃子

▲鉄板大餃子 216円(1個) 黒酢にネギ、生姜、香菜と自家製の唐辛子醤を使ったタレがかかる

名物はカウンターの鉄板で焼く大きな餃子。ひとり1個で充分満足できる巨大なサイズはお見事のひとこと。

一度蒸してから鉄板で焼いて皮にパリッとした食感を加えている。つまみにもいいが、〆に食べるのもおすすめだ。

店主の大内さんは、毎日築地に足を運ぶそうで、鮮度のいい貝類や刺身を使った前菜も得意。
またこれが酒とよく合うからたまらない。


[住所]東京都新宿区荒木町6-39 GARDEN TREE 2階 
[TEL]03-6274-8987 
[営業時間]11時半~14時(13時半LO)、18時~23時(22時LO)、土18時~23時(22時LO)※ランチタイム有 
[休日]日・祝 
[席]カウンター6席、テーブル18席、計24席/全席禁煙/夜は予約可/カードVISA、Masterのみ可/サなし、お通し代なし
[交通アクセス]地下鉄丸ノ内線四谷三丁目駅4番出口から徒歩5分

【寿司】あたぼう鮨

▲お好み握り 一貫108円~518円 山芋を入れた薄焼玉子(108円)や、軽く炙った穴子(270円)、とろけるような天然本マグロの大トロ(518円)など、おこのみのネタ。メニューには約40種類のにぎりが並ぶ

明朗会計が特徴で、高級店も多い界隈で注目を集めている。
安いとはいえ侮るなかれ。ネタは良質な天然ものを厳選し、その道27年の職人が仕事を施す本格派。


[住所]東京都新宿区荒木町9 1階 
[TEL]03-6380-4990 
[営業時間]18時~翌3時、日・祝18時~22時 
[休日]月 
[席]カウンター17席、テーブル4席×3卓、計29席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし 
[交通アクセス]地下鉄丸の内線ほか四谷三丁目駅4番出口、都営新宿線曙橋駅A4出口から徒歩4分

【ラーメン】京紫灯花繚乱

スープもタレも麺も!新ブランドのテーマはとことん“京都産”

▲中華そば 780円 麺は国産小麦100%、京都の老舗製麺所『麺屋棣鄂(ていがく)』の中細麺。しなやかな多加水麺で、香り豊かなスープをしっかりまとう

鯛ラーメンで名を馳せる『灯花』グループ待望の3号店がオープン。今回は全メニューに京都の素材を使い、徹底的に“京都産”にこだわった。


[住所]東京都新宿区四谷4-7小林ビル1階 
[TEL]03-3357-2221 
[営業時間]11時~21時 ※ランチタイム有 
[休日]日 
[交通アクセス]地下鉄四谷三丁目駅3番出口から徒歩5分 

【和食】宮わき

▲ウナギと山椒 2160円(約2人前) ふっくらと焼かれた脂のりのいいウナギと、鮮度を保ち生で冷凍保存した実山椒を一緒に炊き込む。爽やかな刺激がヤミツキになる

京料理を基本とした割烹。1合炊きの羽釜を使った炊き込みご飯は、新潟県魚沼市の契約農家から、直送の際に精米してもらうコシヒカリを使用している。
濃いめに引かれたカツオとコンブの一番ダシをベースに、素材の魅力を引き出す絶妙な組み合わせで提供。

レギュラーメニューの「しらすと京九条葱」(1620円)のほかは、季節で入れ替えながら5~6種類を用意。春先にはフキノトウを使ったものもメニュー入りの予定だ。


[住所]東京都新宿区荒木町9 
[TEL]03-5379-6545 
[営業時間]17時~23時半(22時半LO)、日17時~22時半(21時半LO) 
[休日]水 
[席]14席/全席禁煙/予約可/カード可/サ5%、お通し代648円別 
[交通アクセス]地下鉄丸ノ内線四谷三丁目4番出口から徒歩4分

【串揚げ】串揚げと煮込み いしやん

追加注文必至の旨さ!エキストラ・ヴァージン油でライトな揚げ上がり

▲おまかせ串 10本 1700円 旬の食材2種を盛り込んでおり、取材時はホタルイカとたらの芽。他には、淡路島産玉ネギや、中心をレアに揚げた新鮮なホタテ、醤油でいただくコリコリとした食感の子持ち昆布など、バラエティに富んだラインナップだ。11本目以降も、ツナチーズ、蔵王牛、蟹クリームコロッケ、鶏しそ明太子と食欲をソソる串を用意している

ひと口食べれば、その軽やかさに目を見張る!そんな串揚げを打ち出すのが『いしやん』だ。

昔ながらの天然圧搾方法で抽出したエキストラ・ヴァージンの大豆油を使用し、専用に焼かれたパン粉を薄くまとわせた串は、ライトな口当たりで揚げ物にありがちな胃もたれも一切ナシ。

初めてならば旬の野菜や魚介、肉をバランスよくちりばめた「おまかせ」を注文しよう。


[住所]東京都新宿区舟町7 ACN四谷三丁目ビル 1F
[TEL]03-3356-1563 
[営業時間]17時~23時半(23時LO)、金曜17時~翌2時(翌1時半LO) 
[休日]無休
[席]カウンター8席、テーブル4席×5卓 計28席/喫煙可/予約可/カード可/サなし、お通し代300円別 
[交通アクセス]地下鉄丸ノ内線四谷三丁目駅2番出口から徒歩1分

【居酒屋】燗コーヒー 藤々

▲カマスの炙り イクラ掛け、玉櫻 純米山田錦70 2000円、850円 だだ茶豆を裏ごししたソース、軽く焼いた舞茸が全体をまとめる。「さっぱりした男の人のよう」な玉櫻が合う

お燗と自然派ワイン、そしてコーヒー。この共通点は何か?それはやさしく体に沁みるような感じ。

荒木町の路地を入ったところに、ふらっと寄りたい心落ち着く店がある。ご主人の藤極さんが目指したのは「居酒屋と割烹の中間のお店」。
だからお椀もあるが、間口は広く、それひとつからアラカルトで楽しめる。


[住所]東京都新宿区荒木町10-14 伍番館ビルB階 
[TEL]03-6883-9898 
[営業時間]月~土17時~23時(22時LO)、昼:火~金(不定休)11時半~14時、14時~17時 ※ランチタイム有 
[休日]日・祝
[席]カウンター12席/予約可/全席禁煙/カード可/サなし、お通し代500円別
[交通アクセス]地下鉄丸ノ内線四谷三丁目駅4番出口から徒歩5分

【フレンチ】つるやVINO

ひとり本格フレンチを気楽に、自由なスタイルで楽しめる

▲シャラン産鴨胸肉のロースト ソースサンチュベール 2900円 この日のメインのひとつ、「シャラン産鴨胸肉のロースト ソースサンチュベール」。赤ワインのソース、焼き加減も柔らかくて絶妙

グルメ雑誌 おとなの週末「男のひとりめし」特集掲載店舗「つるやVINO」。
今宵はフレンチが食したい。かといって肩肘張らず、ひとりでリラックスして……と、そんな時はこちらに向かう。
四谷は荒木町の隠れ家的ビストロ、『つるやVINO』だ。


[住所]東京都新宿区荒木町7-3 モンセラート四谷1F 
[TEL]03-5368-0307 
[営業時間]18時〜翌2時(翌1時LO) 
[休日]日、祝日の月 
[席]29席(カウンター5席)/カード不可/予約可/サなし 
[交通アクセス]地下鉄丸ノ内線四谷三丁目駅4番出口から徒歩3分

【焼き鳥】炭火焼き鳥とワインのお店 Gallo 四谷

▲炭火焼 1本160円〜

知覧鶏をはじめ国産鶏を使った焼き鳥のほか、加工肉の盛り合わせなどワインに合う鶏料理が絶品。ワインはイタリアオンリーでグラス580円〜、ボトル2300円〜と安心価格。


[住所]東京都新宿区四谷3-9-18 慶和ビル2階 
[TEL]03-5341-4550 
[営業時間]11時半〜14時、18時〜24時、金・土18時〜翌2時、日・祝18時〜24時 
[休日]無休 
[交通アクセス]地下鉄丸ノ内線四谷三丁目駅1番出口から徒歩1分

【ハンバーガー】Island Burgers |アイランドバーガーズ

▲THEアイランドバーガー 1690円 スモーキーな自家製ベーコンの風味豊かな看板バーガー。パティは冷凍肉を使わず、食感を良くするよう二度挽きした粗挽き肉を使用。ミディアムレアに焼いている。具材はオニオンリング、エッグ、野菜と盛りだくさん。自家製ベーコンを使うのはこのバーガーのみだ

「ヤシの木の形のピックを刺したバーガーが島のように見えることから店名に」と代表の名坂さん。
店のインテリアは海沿いのカフェをイメージ。


[住所]東京都新宿区四谷3-1 須賀ビル1階 
[TEL]03-5315-4190 
[営業時間]11時~21時45分(21時LO) 
[休日]月(月が祝の場合は営業で翌平日が休) 
[席]カウンター3席、テーブル21席、テラス3席、計27席/店内禁煙/予約可/カード可(VISA・MASTERのみ)/サなし 
[交通アクセス]地下鉄丸ノ内線四谷三丁目駅3番出口から徒歩2分

【日本料理】宵のま

▲あぶり〆さば 918円、竹葉 能登上撰 972円(一合) 〆さばは、炙ることでより燗酒に合う味わいに。いくらでもスルスル飲める石川の酒「竹葉」と

「冬は体が温まるのでいいですね。温度を上げると味わいがまろやかになり、香りも引き立ちますし」と、燗酒の魅力を語るのは女将の高久ちぐささん。
元女優という美人女将が着物姿で迎えてくれるこちらは、熱烈なファンが多い燗酒のオアシスだ。


[住所]東京都新宿区荒木町7-1 野崎ビル 2F 
[TEL]03-6457-8047 
[営業時間]18時~22時半 
[休日]土・日・祝 
[席]カウンター7席、テーブル6席、計13席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし、お通し代別500円 
[交通アクセス]地下鉄丸の内線四谷三丁目駅4番出口から徒歩5分

【焼肉】焼肉 名門

肉汁を多く含む肉、臭みがないホルモンはそれぞれの脂の旨みをぞんぶんに楽しめる。
店内の壁には訪れた芸能人から文化人、スポーツ選手までサインがびっちり書き込まれ、それを見ているだけでも楽しい店だ。


[住所]東京都新宿区舟町11 松川ビル1階 
[TEL]03-3357-7748 
[営業時間]17時~翌4時(土~翌2時、日・祝~翌1時) 
[休日]月 
[交通アクセス]地下鉄丸ノ内戦四谷三丁目駅4番出口から徒歩5分、都営新宿線曙橋A1出口から徒歩5分

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
錦糸町エリアで『おとなの週末』のグルメライターが食べ歩いて見つけたおすすめグルメ。ラーメン、カレー、ホットケーキ、寿司、うどん、ハンバーグなど、ランチにもディナーにも行きたくなる色んなジャンルの「本当に美味しいグルメ情報」が満載です。
更新: 2019-01-15 18:30:00
下北沢エリアで『おとなの週末』のグルメライターが食べ歩いて見つけたおすすめグルメ。カレー、ステーキ、蕎麦、喫茶店など色んなジャンルの「本当に美味しいグルメ情報」が満載です。
更新: 2019-01-12 18:30:00
小岩・新小岩エリアで『おとなの週末』のグルメライターが食べ歩いて見つけたおすすめグルメ。鶏肉、焼肉、中華、ラーメン、牛串、寿司など色んなジャンルの「本当に美味しいグルメ情報」が満載です。
更新: 2019-01-08 18:30:00
秋葉原を調査したのは、東担当の市村幸妙(以下、市)と西担当の松田有美(以下、松)、編集・戎誠輝です。それぞれの結果を語り合います。
更新: 2018-12-29 18:30:00
代官山で『おとなの週末』のグルメライターが食べ歩いて見つけたおすすめグルメ。ハンバーガー、寿司、ビアバー、キューバ料理など「本当に美味しいグルメ情報」が満載です。
更新: 2019-02-02 09:17:58
最新の投稿
「まともな料理が食べられるバー」を標榜するのは伊達じゃない! 100円の廉価なおつまみから、オードブル、パスタに本格的な中華、極めつけは日替わりでネタの変わるにぎり寿司(ネタには本格的に返しが!!)までメニューにのぼり、カクテルも本格的なオリジナルかつ無敵感満載のバー!
更新: 2019-03-18 18:00:00
谷町筋沿いにある居酒屋「珠」は、開店からちょうど5周年。 創作料理がおすすめの居酒屋で、この近辺の住民や近隣で働く人たちに愛され、いつも人でごった返している。とくに、おススメの「ホルモン炒め」(580円)はマル秘レシピの、激ウマ料理だ……。
更新: 2019-03-18 16:05:00
名古屋の玄関口、名古屋駅界隈には名古屋めしを出す店が軒を連ねている。 名古屋駅構内の名古屋中央通りにある『マーメイドカフェ JR名古屋駅店』もその一つ。しかも、「ちょっと変わった名古屋名物を……」ということで、青柳総本家「青柳ういろう」と、店自慢の「クロワッサン」とのコラボを考えたのだった……。
更新: 2019-03-18 16:00:00
 トスカーナ地方で4年半修業していたシェフによる豪快さと巧緻さを伴う料理に、舌だけでなく心もグッと掴まれてしまった。 特注の炭焼き台で丁寧に焼かれた「フィレ肉の炭火焼き」は柔らかで肉汁があふれ、放牧牛ならではの滋味を感じる力強い味わい。
更新: 2019-03-17 18:00:00
 看板商品の「アマトリチャーナ」は、イタリアで7年間修業したシェフが現地の素材を使い、作り方を守り、徹底して本場の味を再現。ディナーで使うプカティーニは、天日干しされた希少なもの。
更新: 2019-03-16 12:00:00