MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
【絶品鍋】毎日鍋でも飽きないバリエーション!東京で厳選8選

【絶品鍋】毎日鍋でも飽きないバリエーション!東京で厳選8選

【ハフハフ、グツグツ この季節は……これ!冬の鍋】寒さ沁みる季節、まさに冬、ど真ん中です。こう寒いと、そこかしこで交されるのが「鍋でもどう?」の会話。今回は、東京で食べられる、毎日が鍋でも飽きさせないほどのバリエーションに富んだ〈肉〉鍋を取り揃えました。

ファイヤーホール4000(最寄駅:五反田駅)

肉と魚介、その両方を極みのスープで堪能できる極上&無敵の火鍋

海鮮&加藤ポークコラボコース 1人前6500円

『ファイヤーホール4000』は『四川飯店』の総料理長を務めた菰田欣也さんが、考えに考え抜いた火鍋専門店。極みのスープは2種類で、魚介は生薬を使ったシンガポールの肉骨茶をベースに和風ダシをブレンドした癒しの味。具は大ぶりのエビや牡蠣、白子など旬の魚介を惜しげもなく投入する。一方、肉は四川の香辛料と自家製豆板醤などを合わせたエキサイティングな旨辛スープで、群馬産ブランド豚・加藤ポークを豪快に食べる。最後の一滴まで飲み干したい“スープを味わう”火鍋の新境地だ。


[住所]東京都品川区東五反田1-25-19 [TEL]03-6450-3384 [営業時間]11時半~14時15分LO、17時半~22時45分(21時半LO) [休日]月 [席]テーブル40席、個室24席、計64席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、お通し代なし [交通アクセス]JR山手線ほか五反田駅東口から徒歩5分 http://www.firewhole.jp/

とみたや(最寄駅:新橋駅)

炊き加減も抜群!肉の脂も旨みも余すことなく満喫

すきやき B(特選赤身) 1人前4500円

『とみたや』3代目となる今も、長年の信頼関係と目利きゆえ、いい肉を安く仕入れられるのが自慢だ。
たとえば、特選赤身A5ランプは肉々しい旨みを感じさせつつ甘く柔らか。またA3上ロースは、甘い脂がほどよくやさしくとろけてくる。そしてうれしいのは「一番美味しい状態で召し上がっていただきたい」と実にいい加減で店の人が炊いてくれること。ていねいに溶いた卵にくぐらせた肉を頬張れば、笑顔になること間違いなしだ。


[住所]東京都港区新橋4-15-1 岩崎産業ビル2階 [TEL]03-3433-2847 [営業時間]17時~23時 [休日]土・日・祝 [席]カウンタ-6席、テーブル・座席20席 計26席/全席喫煙可/予約可/カード可/サなし・お通し500円別 [交通アクセス]JR山手線新橋駅ほか烏森口から徒歩3分

T.dining|ティーダイニング(最寄駅:小川町駅)

実家の農場で手塩にかけて育てた味わい深い豚肉

しゃぶしゃぶ 1人前1680円

『T.dining』の、きれいな空気の中でストレスを与えずスクスク育った豚肉は、脂に甘みがあって肉質は柔らかと評判。とんかつやステーキも人気だが、冬に食べたいのは一人前から注文できる豚しゃぶ。美しいピンクの豚肉とたっぷりの野菜を和風ダシでサッと湯がいてポン酢で食べれば、さっぱりして幾らでも入りそうだ。自家製のレバースモークやミルフィーユかつなど、心ゆくまで豚肉三昧できる。


[住所]東京都千代田区神田小川町1-6-7 竹田ビル1階 [TEL]03-5577-5529 [営業時間]11時半~14時、18時~21時半(21時LO)、月・水11時半~14時半 ※ランチタイム有 [休日]土・日・祝 [席]カウンター4席、テーブル18席、計22席/全席喫煙可/夜は予約可/カード可/サなし、お通し代なし [交通アクセス]地下鉄都営新宿線小川町駅A7出口から徒歩1分

鴨とワイン Na Camo guro(最寄駅:中目黒駅)

クセのない鴨肉を鉄板で焼く香ばしいすき焼き

鴨すきコース 4860円

『鴨とワイン Na Camo guro』がこだわる食材は山形の最上鴨。お米を食べて平飼いで育てた合鴨は、クセがなく脂はサラリときれいだ。厚切りを鉄鍋で焼き、割り下と溶き卵をつけていただく鴨すきは、ジューシーな鴨肉をダイナミックに味わえる。こっくりとした鴨の脂は赤ワインを呼ぶ。充実したワインリストやペアリングコースがあるので、ワイン好きにもおすすめだ。


[住所]東京都目黒区上目黒1-20-5 エーワンビル2階 [TEL]03-5725-3378 [営業時間]17時~22時LO [休日]月、12月31日~1月4日(それ以外の12月~2月は無休) [席]カウンター20席、テーブル8席、個室10席、計38席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、お通し500円別(コース注文の場合はなし) [交通アクセス]東急東横線中目黒駅正面出口から徒歩1分

29 Rotie|ニッキューロティ(最寄駅:大塚駅)

大地を走って育つ地鶏の滋味がほとばしる鶏しゃぶ

究極の放し飼 黒岩土鶏しゃぶしゃぶ鍋 1人前2500円(2人前~)

『29 Rotie』はさまざまな肉を他にない工夫で食べさせる。そのひとつが「この黒岩土鶏あってこそ」と胸を張る鶏しゃぶだ。淡白な鶏肉はしゃぶしゃぶにすると味が抜けやすいが、黒岩土鶏は逆に肉の旨みがあふれ出る。鶏しゃぶに使うのは採卵鶏で、食用よりもずっと長く飼育されるため、隅々まで肉に味がのっている。クセがなく清らかな味わいは山の中でのびのび育った証拠。ちなみに同じ鶏舎の食用鶏もこれまた美味なので食べ比べたい。〆は黒岩土鶏の卵を落とした雑炊で、とことん味わい尽くす。


[住所]東京都豊島区南大塚1-23-8 はらだ荘1階 [TEL]03-6902-1294 [営業時間]18時~24時 [休日]水 [席]カウンター5席、テーブル4席、計9席/全席禁煙/予約可/カード不可/サ10%、お通し代別300円 [交通アクセス]JR山手線ほか大塚駅南口から徒歩8分

シリンゴル(最寄駅:巣鴨駅)

羊の風味をダイナミックに味わえるモンゴル鍋

ホイツァイ鍋(内モンゴルの野菜羊肉鍋) 3240円(単品)

『シリンゴル』の羊の骨や肉をじっくり煮出したスープは、ひと口含んだだけでも唸ってしまうほどの濃厚さ。とはいえあと味にピリッと唐辛子が利いているので、重さは一切感じない。スープを吸った野菜や春雨、ハツやレバーなどの内臓も、噛み締めるほどにパワフルな野性味が溢れ出る。羊好きにはたまらないこの鍋。もれなく遊牧民気分も味わえます。


[住所]東京都文京区千石4-11-9 [TEL]03-5978-3837 [営業時間]18時~22時半(21時45分LO) [休日]無休(年末年始を除く) [席]座敷10席、テーブル18席 計28席/分煙/予約可/カード可/サなし [交通アクセス]JR山手線巣鴨駅南口から徒歩8分

韓灯(最寄駅:月島駅)

甘辛ダレとモツの旨みが絶妙にマッチ

コプチャンジョンゴル 1人前2500円

醤油ベースの甘辛ダレで作るのが『韓灯』の金さん流で、香味野菜や韓国産唐辛子を使い、深みのある味わいに仕上げる。このタレにモツを浸し、たっぷりの野菜をのせて煮込むこと約10分。タレや野菜の旨みが染み込んだモツの、噛むほどに増す濃厚なコクはヤミツキ! 夢中で食べてしまい、あっという間になくなるので、モツの追加がお決まりだ。


[住所]東京都中央区月島2-8-12 AS ONE月島 地下1階 [TEL]03-3536-6635 [営業時間]17時半~23時LO [休日]月 [席]カウンター4席、テーブル30席 計34席/全席喫煙可(場合により分煙)/予約可/カード可/サなし [交通アクセス]地下鉄有楽町線・都営大江戸線月島駅9番出口から徒歩1分

獣肉と酒 ぼんくら(最寄駅:人形町駅)

ほの甘い醤油味が猪のコクと風味を美味しくする

島根の猪と秋田のせり鍋 1620円(単品)

『獣肉と酒 ぼんくら』の扱う獣肉は良質な国産。串焼きから煮もの、鍋までバラエティに富んだ獣肉料理が豊富で、肉に合う日本酒やナチュラルなワインも揃う。コクのある脂がのった猪はセリと一緒にほんのり甘めの醤油味の小鍋に。これが燗酒のあてに最高にいい。


[住所]東京都中央区日本橋人形町2-10-7 [TEL]03-6206-9986 [営業時間]18時~翌3時、日・祝16時~23時 [休日]月 [席]カウンター6席、テーブル10席、計16席/全席喫煙可/予約不可/カード可/サなし、お通し代540円別 [交通アクセス]地下鉄日比谷線ほか人形町駅1番出口から徒歩3分

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
おしゃれな街「自由が丘」でランチをするなら絶対に外せない4店をご紹介!ランキング常連の人気店をはじめ、グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩いて見つけた本当に美味しいお店ばかりです!【料理写真あり】
更新: 2019-05-16 09:51:06
皇居は雄大な歴史と自然に触れあえる日本人の心の場。丸の内、日比谷、東京駅からのアクセスもよく、皇居観光や散歩を楽しんだ後は、ランチ・グルメや買い物へも出かけやすい。春は桜、秋は紅葉、四季を通じて楽しめる魅力をご紹介。
更新: 2019-04-26 10:46:29
グルメ専門誌「おとなの週末」ライターが覆面調査で実際に食べたお店だけを厳選。今回は「新宿のイタリアン」を徹底調査。ピッツァ、パスタを中心に、ランチ、ディナーにおすすめの店やコスパよしのグルメ・レストラン情報を公開。
更新: 2019-04-16 20:27:31
有楽町周辺のカフェ情報のまとめ記事です。グルメライターが実際に行って見つけた厳選4店をご紹介。気になるランチ・朝・夜の営業時間やおすすめメニュー、喫煙可否、穴場のお店なのか、など各店の特徴を分かりやすくご案内します!
更新: 2019-04-17 12:14:14
上野エリアを人気グルメ情報誌「おとなの週末」のグルメライターが食べ歩いて見つけた、本当におすすめのランチ情報。和食・洋食・中華・カレー・食べ放題など特におすすめの9店舗をご紹介します!営業時間や休日などの店舗情報もあり。
更新: 2019-04-15 11:13:04
最新の投稿
実は、誰にも頼まれていないが、ここ3年くらいずっと吉祥寺で追っている案件がある。 それは幻のジャーマンレモンパイである。 調査対象は、アトレ吉祥寺に入っているバームクーヘンでおなじみの『J』。 欧文の綴りのイメージが違うんだけど、1文字目の音は「ユ」ね……。
更新: 2019-06-26 16:00:00
中野にある老舗が2018年2月にオープンさせた新店。炭火の焼き台の前に立つのはこの道40年のベテラン職人、森川さんだ。
更新: 2019-06-26 13:37:36
そのビジュアルは、ローストビーフ丼というよりユッケ丼!? 実力店が軒を連ねる神楽坂で、予約困難な人気焼肉店が打ち出すランチの名物メニューだ。
更新: 2019-06-26 13:28:48
名古屋めしのなかでもイマイチ注目度の低いきしめんを見つめ直そうと、地元で昔から営んでいる店を食べ歩くようになり、その旨さに驚愕したお店のうちの1軒が、今回紹介する愛知県西春日井郡豊山町にある『みのや』だ……。
更新: 2019-06-24 16:00:00
浜名湖産天然うなぎから、共水うなぎに変えたのは約14年前。「力強い旨みが衝撃的で、タレに三河のたまり醤油を足すことにしたくらいです」と店主の伊藤正樹さん。
更新: 2019-06-26 13:40:32

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt