MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
おっさん女子の吉祥寺パトロール(80) 吉祥寺・居酒屋ランチ選手権、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(80) 吉祥寺・居酒屋ランチ選手権、の件

世間は、お正月気分からやっと日常に戻ってくる時期ですが、日常と言えば、お昼のお楽しみ=ランチですよね。 で、おっさん女子的には、安い! コスパが高い! 店にキャパがあるので並ばない! チェーン居酒屋のランチを推奨します!

吉祥寺・居酒屋ランチ選手権、の件


世間は、お正月気分からやっと日常に戻ってくる時期ですけど、みなさんどんな感じでしょうか? 

日常といえば、お昼のお楽しみ=ランチですよね。

吉祥寺は、ランチの店が多すぎて、もうどこに入ればいいんですか? という感じだと思うのですが、おっさん女子的には、居酒屋のランチを推奨します。

しかし居酒屋のランチといっても、吉祥寺には居酒屋も多いので、絞り込みが大変です。

たとえば、今まで連載で紹介した居酒屋ランチを挙げてみると……。

1:魚系おすすめ居酒屋  『U王』&『 I 』(連載48回

2:肉系おすすめ居酒屋 『S菜』(33回

3:オリジナル系居酒屋 『Dちゃん』(18回40回)、『 I 』(65回)、『Eビアホール』(47回)、『H』(26回)などなど。

4:カップルのデート対応居酒屋 『O酒場』&『Y』(22回


しか~し! 

忘れている居酒屋ジャンルがあります。

そう、チェーンの居酒屋です! 

チェーンの居酒屋は、安い! コスパが高い! 店にキャパがあるので並ばない! それにつきます。

吉祥寺にチェーン居酒屋はすごーく多いのですが、意外にランチをやっている店が少ない。

そこで、今回は、吉祥寺のチェーン店居酒屋のおすすめランチを独断でご紹介だ!

イラスト/スタジヲワンツー



まず、サンロードの入り口付近にある『T』。

これは架空の怪物っていうか、顔が赤くて鼻の長いアレの名前がついています。

居酒屋なのでキャパも大きく、大人数のランチもOK! 

ちなみにここのランチはメニューが多すぎて、すごい対応力だなと思うのですが、チェーンだからな。

もはや居酒屋っていうか、昼間はファミレスっぽい雰囲気が漂っています。

まあ旬菜ダイニングって店名の前についてるし。

そして、もうホント安いよ。

若鶏の唐揚げセットが599円(税抜)だもん。

しかもごはん大盛OK、ごはんおかわりOK、味噌汁お替わりOKですよ。

OK! 

OK! 

OKの嵐。

肉、魚、蕎麦、天ぷら、丼、なんでもあります。

ただ、私の観察によると、『肉豆腐とチキン南蛮のセット』599円(税抜)を頼んでいる人が、すごく多い。

特に男子。

とにかく老若男女がランチに大挙して訪れ、ランチ時の店は常に満席! といった感じです。

あとドリンクバーもつけられるよ。

ガッツリランチを所望している人にはおすすめです。

吉祥寺のチェーン居酒屋ランチ、大本命といえば、ここでキマリ!


しかし私のチェーン居酒屋大本命は、吉祥寺の南口からすぐのところにある『Sのお宿』だ! 

鳥の名前だ! 

ここのランチメニューはかなり絞り込んであって、肉と魚の日替わりがメイン。

ちなみに日替わりは594円(税込)です。

ランチの構成内容は、メイン、ごはん(白米or五穀米)、味噌汁、小鉢、サラダ、デザート、そしてドリンク付きです。

これで594円! 

とんでもないコスパです。

客層は若い男子サラリーマンが目立っていて、さらに若い女子も多い。

ちなみにここのランチのスタッフさんは、お母さんっていう感じのベテラン感漂う女性たちですが、みんなとっても感じがよいです。

常連さんには一言二言、声をかけたりもしています。

なんとなく、スタッフさんたちの人間力を感じるチェーン居酒屋です。

そしてランチの味噌汁が具だくさんで、とっても美味しい。

これは、吉祥寺店の誰かがこだわって作っているんじゃないだろうか? 

それとも『Sのお宿』の味噌汁のレベルが全体的に高いのだろうか? 

そして、そこはかとなく漂う実家の母親的レシピ感……。

味噌汁だけで、ごはん2杯くらいいけそう……。


とりあえず普通の、でも美味しいお昼ごはんが食べたい人には、激しくおすすめです。


いかがでしょうか? チェーン居酒屋ランチ。

ちなみに私は『Sのお宿』派でございます。







天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

このグルメ記事のライター
天野七月@まとメシ

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。
更新: 2019-04-23 16:00:00
先日、ふと思い立って、すごく好きだったのに平成の間に閉店した吉祥寺の店ランキング、というものを個人的に作成してみました。 そのリストの第2位に『STONE』(2010年閉店)がランクイン……。 その『STONE』から思い出した、今回のネタはナポリタンです。
更新: 2019-04-18 10:45:49
みんな大好きカレー♪ですが、吉祥寺には有象無象というか、ランチメニューにカレーを入れとけば、いいんじゃね? みたいな店が多く、がっかりすることも多いワケです。 そんななか、今回は“えっ? こんなところでカレーですか?”という、カレー専門店ではないが、カレーランチのクオリティが高いお店を紹介したいと思います。
更新: 2019-04-09 16:00:00
吉祥寺にはデパートやファッションビルがいくつかあるワケなんですが、実は、着実に「ごはんビル化」しているんです。 そんななか、現在もっとも「ごはんビル化」が進んでいるのは、吉祥寺パルコです。そして2018年11月末には1FにN.Y.テイストのパン屋&カフェがオープン……。
更新: 2019-04-02 16:01:00
花見シーズンです。吉祥寺には人がわんさか来ていますが、同時に路頭に迷う人々が後を絶ちません。 特に土日祝のランチは、通常の時期でもランチ難民が続出してるっていうのに、お花見シーズンにノープラン、ノー予約……反省したほうがいいと思います。 今回は、そんな人々の救世主になってみようと思います。
更新: 2019-03-26 16:05:00
最新の投稿
皇居は雄大な歴史と自然に触れあえる日本人の心の場。丸の内、日比谷、東京駅からのアクセスもよく、皇居観光や散歩を楽しんだ後は、ランチ・グルメや買い物へも出かけやすい。春は桜、秋は紅葉、四季を通じて楽しめる魅力をご紹介。
更新: 2019-04-24 14:18:43
インド料理店は都内に数あれど、同店はスパイスやハーブの香りが爽やかで鮮烈。それもそのはず、ビリヤニには17種ものスパイスが入り、ランチメニューにはインド現地でも希少な「ジャッキャ」という香り高いスパイスを必ず盛り込んでいるのだという。
更新: 2019-04-24 12:00:00
平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。
更新: 2019-04-23 16:00:00
黒ゴマをまとい旨みが増したサーモンに、きめ細やかな衣で甘みを最大限に引き出した天使の海老……。素材により4種の衣を使い分け、白絞油でカラリと揚げた串はどれも独創的かつ完成度の高い仕上がりだ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
富山のチューリップの撮影はけっこう難しいことで有名です。 花が見られる時間は長くても数日。 さらに、天気が良くて背景の立山連峰まで美しく見えるという条件がそろわなくてはなりません。 なかなかの難題……。 今回は、ちょっと昔の思い出と、ホタルイカ三昧のお話です。
更新: 2019-04-22 16:01:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt