MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
おっさん女子の吉祥寺パトロール(81) 吉祥寺の“蕎麦屋のカツ丼”について考えてみた件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(81) 吉祥寺の“蕎麦屋のカツ丼”について考えてみた件

白飯至上主義のおっさん女子。 珍しくお蕎麦でも食べようかなぁと思って蕎麦屋に入っても、なぜかカツ丼を頼んでしまう……。 おっさん女子あるあるです(涙)。 しかし、吉祥寺は普通が難しい街。カツ丼が置いてあるような蕎麦屋は意外に貴重です。 だからこそ、カツとの出会いは大事にしたいところ……(笑)。

吉祥寺の“蕎麦屋のカツ丼”について考えてみた件


私は、白飯至上主義のおっさん女子。

珍しくお蕎麦でも食べようかなぁと思って蕎麦屋に入っても、なぜかカツ丼を頼んでしまう……。

おっさん女子あるあるです(涙)。

しかしですね、吉祥寺のお蕎麦屋さんに関して言うと、蕎麦通が唸るような有名どころは、結構シブい系なんですよ。

だいたい1000円では収まらない、ウンチクたっぷりのメニューが展開されております。

でも私は、基本的に米ばかり食べており、麺類に疎いため、格調高く、注文が面倒くさい蕎麦屋には入りません(上から目線です。ごめんなさい)。

私が好きなのは、どんな街にも1軒はある、普通の蕎麦屋。

しかし、吉祥寺は普通が難しい街。

カツ丼が置いてあるような蕎麦屋は意外に貴重です。


さらに吉祥寺はトンカツ砂漠なので(67回参照)、カツとの出会いは大事にしたいところ(笑)。

イラスト/スタジヲワンツー



今回は、独断で……っていうかいつも独断ですよ、ごめんよ。

吉祥寺の蕎麦屋のカツ丼を紹介したいと思います。

まずお手軽路線で外せないのは、コピス吉祥寺に入っている『そば処Z』です(51回参照)。

ここは、カツ丼&蕎麦のセットがあります。

1000円で収まる超コスパ。

かなりボリュームがあるので、男性向きかもしれません。

しかも、炭水化物on炭水化物……。

ある種の人々にとっては悪魔の食べ物でしょう……。

しかし私は、糖質を恐れないおっさん女子なので、なんてことはありません。

おまけに『そば処Z』は、まったく気取ったところのない街の蕎麦屋さんなので、安心してカツ丼が食べられます。


いやいや、私、おっさんじゃなくて、女子で~す♪ っていう正真正銘の女子には、吉祥寺図書館近くの『H』がおすすめです。

ガラス工房と共存している、オシャレ蕎麦屋です。

ここのランチには「蕎麦屋のカツ丼」というド直球のネーミングのメニューがあります(現状、平日限定)。

量的に、女子にはちょうどよい感じ。

あと味がやや濃い目なので、ぼんやりしたカツ丼が許せない人には、特におすすめです(笑)。

さらに「カツ丼+蕎麦」のボリューミーなランチもあるんですが、これでも1000円以内で収まるので、激しくおすすめ。

おっさん女子の目測では、男子は結構これを頼んでいる感じだよ。

まあ蕎麦屋だから、蕎麦も食べておきたいよね、という感じだとは思いますが……。


吉祥寺の「蕎麦屋のカツ丼」大本命は、『Sや』であります!


そして私の蕎麦屋のカツ丼大本命は、末広通りを西荻方面にずんずん歩いて行ったところにある『Sや』であります! 

なんと、ここは出前もやってるのよ。

昼どきは、バイクでお店のお兄さんがバシバシ出前に行ってるという、本当に普通の街の蕎麦屋さんです。

こんな蕎麦屋は、吉祥寺にはココにしかないような気がする……。

もちろん『Sや』は蕎麦屋なんですが、メニュー的には蕎麦屋を大きく逸脱しています。

【そば・うどん】が充実しているのは当たり前ですけど、なんと【中華】というくくりがあり、ラーメンが10種類くらいあります。

スタミナラーメンは850円だよ。

さらに【ご飯もの】というくくりもあり、ここはカツ丼以外に、カレーライス、ハンバーグカレー、カルビ丼と、もう逸脱具合が、ハンパない。

でも、それだけじゃないのよ。

【定食】部門には、ハムエッグ定食、アジフライ定食、生姜焼き定食とか……。

もうね、正直どうしていいか、わかんない……(笑)。

ちなみにここでいちばん高いメニューは、天ぷら御飯1700円です。

あと、ご飯ものと麺類をセットにすることもできます。

ちなみに出前のメニューを数えたら97のメニューがありました。

97! 

97だよ! 

逸脱にもほどがあるよ! 

でも、おっさん女子は、やりすぎ大好き! 

やりすぎ上等! 

やりすぎは正義! という人間です(苦笑)。


話がそれました……。

ここのカツ丼は上と並がありますけど、私は、並900円で満足です。

出汁が効いているカツ丼で、味はそんなに濃くなくてヘルシー系だと思います。

だってこの店のお客さん、年齢層高いし(苦笑)。

昼どきもお店がまったりしていて、非常に居心地よいです。

蕎麦屋のお約束、テレビも常についております(笑)。

昼時は日テレ率が高いですね。


ちなみに私はここで、そば&うどんを食べたことがありません……。

でも、うどんはオリジナルの“細そば & うどん”らしいよ。

今度確認しておきます……。


2019年は、この店のうどんとそばを食べるのが、個人的な目標です……。







天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。


このグルメ記事のライター
天野七月@まとメシ

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
私の“ランチで出してもいい金額の設定”が、最初から1800円オーバーのジャンルがあります。それはズバリ、天ぷら定食だ!  安い天ぷら定食を食して、過去何度もやりきれない思いになったため、天ぷら定食の場合は、1500円オーバーも厭わないことに……。
更新: 2019-10-10 16:00:00
年に何回か「もう、やってらんねーわ」と思うことってありませんか?  そんなとき、おっさん女子的防御策のひとつとして、自分を思いっきり甘やかす、というのがあります。 そこで今回は、吉祥寺で“やってらんねーわ、な自分を思いっきり甘やかす飯”をご紹介したいと思います。
更新: 2019-10-03 15:55:00
吉祥寺にはカフェや喫茶店、ケーキ屋が山ほどあるのですが、“自分好みのスイーツ”となるとけっこう苦労するぜ! と思っているおっさん女子です。特に苦労しているのがシュークリームです。 私のシュークリームの好みは“皮が命”系なのでした……。
更新: 2019-09-26 15:55:00
すごく入れ替わりのはげしい吉祥寺において、テイクアウトといえば『C』と『N』の弁当勢力図は、まったく微動だにしないって思っていたおっさん女子……。 そんな状況なので、弁当ニューフェイスが登場したらチェックせざるを得ないと思っていたのですが、今年に入ってからいい感じの新顔弁当が登場したのでご紹介したいと思います……。
更新: 2019-09-19 16:00:00
おっさん女子的に今年初めてのタコライスを食べると、「オレの夏到来!」という気分になるのですが、2019年のオレの夏は早かった……。5月中旬に来ました……。さらに冗談みたいなタコライスで、夏を始めてしまいました……。
更新: 2019-09-13 16:00:00
最新の投稿
 見番横丁と交差する角に立つビストロパブ。ビールはもちろん、16歳からフランス料理を会得した店主・小貫友寛さんが作る料理も魅力だが、国産蒸留酒の品揃えにも注目!
更新: 2019-10-14 12:00:00
 「寿司屋では緊張せずに、楽しんでいただきたいんです」と語る二代目。店内は手作りのメニューや大漁旗が飾られ、誰でもくつろげる雰囲気だ。
更新: 2019-10-13 12:00:00
 中華の花形食材・フカヒレを存分に味わえる姿煮。四川料理の名店『神楽坂 芝蘭』では、これを昼の御膳で楽しめる。
更新: 2019-10-12 12:00:00
今回は紀州鉄道で出会ったディーゼルカーと、沿線で食べた“せち焼き”です。 私はこの“せち焼き”のことを、まったく聞いたことがありませんでした。 はたして、焼き物なのか、食べ物なのか……?
更新: 2019-10-11 15:55:00
 8.8坪のお店で出すタパスは、気取らないながらも繊細な味付けと美しい盛り付けが魅力。口に含んだ先には、幸せが待っている。
更新: 2019-10-11 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt