MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
おっさん女子の吉祥寺パトロール(81) 吉祥寺の“蕎麦屋のカツ丼”について考えてみた件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(81) 吉祥寺の“蕎麦屋のカツ丼”について考えてみた件

白飯至上主義のおっさん女子。 珍しくお蕎麦でも食べようかなぁと思って蕎麦屋に入っても、なぜかカツ丼を頼んでしまう……。 おっさん女子あるあるです(涙)。 しかし、吉祥寺は普通が難しい街。カツ丼が置いてあるような蕎麦屋は意外に貴重です。 だからこそ、カツとの出会いは大事にしたいところ……(笑)。

吉祥寺の“蕎麦屋のカツ丼”について考えてみた件


私は、白飯至上主義のおっさん女子。

珍しくお蕎麦でも食べようかなぁと思って蕎麦屋に入っても、なぜかカツ丼を頼んでしまう……。

おっさん女子あるあるです(涙)。

しかしですね、吉祥寺のお蕎麦屋さんに関して言うと、蕎麦通が唸るような有名どころは、結構シブい系なんですよ。

だいたい1000円では収まらない、ウンチクたっぷりのメニューが展開されております。

でも私は、基本的に米ばかり食べており、麺類に疎いため、格調高く、注文が面倒くさい蕎麦屋には入りません(上から目線です。ごめんなさい)。

私が好きなのは、どんな街にも1軒はある、普通の蕎麦屋。

しかし、吉祥寺は普通が難しい街。

カツ丼が置いてあるような蕎麦屋は意外に貴重です。


さらに吉祥寺はトンカツ砂漠なので(67回参照)、カツとの出会いは大事にしたいところ(笑)。

イラスト/スタジヲワンツー



今回は、独断で……っていうかいつも独断ですよ、ごめんよ。

吉祥寺の蕎麦屋のカツ丼を紹介したいと思います。

まずお手軽路線で外せないのは、コピス吉祥寺に入っている『そば処Z』です(51回参照)。

ここは、カツ丼&蕎麦のセットがあります。

1000円で収まる超コスパ。

かなりボリュームがあるので、男性向きかもしれません。

しかも、炭水化物on炭水化物……。

ある種の人々にとっては悪魔の食べ物でしょう……。

しかし私は、糖質を恐れないおっさん女子なので、なんてことはありません。

おまけに『そば処Z』は、まったく気取ったところのない街の蕎麦屋さんなので、安心してカツ丼が食べられます。


いやいや、私、おっさんじゃなくて、女子で~す♪ っていう正真正銘の女子には、吉祥寺図書館近くの『H』がおすすめです。

ガラス工房と共存している、オシャレ蕎麦屋です。

ここのランチには「蕎麦屋のカツ丼」というド直球のネーミングのメニューがあります(現状、平日限定)。

量的に、女子にはちょうどよい感じ。

あと味がやや濃い目なので、ぼんやりしたカツ丼が許せない人には、特におすすめです(笑)。

さらに「カツ丼+蕎麦」のボリューミーなランチもあるんですが、これでも1000円以内で収まるので、激しくおすすめ。

おっさん女子の目測では、男子は結構これを頼んでいる感じだよ。

まあ蕎麦屋だから、蕎麦も食べておきたいよね、という感じだとは思いますが……。


吉祥寺の「蕎麦屋のカツ丼」大本命は、『Sや』であります!


そして私の蕎麦屋のカツ丼大本命は、末広通りを西荻方面にずんずん歩いて行ったところにある『Sや』であります! 

なんと、ここは出前もやってるのよ。

昼どきは、バイクでお店のお兄さんがバシバシ出前に行ってるという、本当に普通の街の蕎麦屋さんです。

こんな蕎麦屋は、吉祥寺にはココにしかないような気がする……。

もちろん『Sや』は蕎麦屋なんですが、メニュー的には蕎麦屋を大きく逸脱しています。

【そば・うどん】が充実しているのは当たり前ですけど、なんと【中華】というくくりがあり、ラーメンが10種類くらいあります。

スタミナラーメンは850円だよ。

さらに【ご飯もの】というくくりもあり、ここはカツ丼以外に、カレーライス、ハンバーグカレー、カルビ丼と、もう逸脱具合が、ハンパない。

でも、それだけじゃないのよ。

【定食】部門には、ハムエッグ定食、アジフライ定食、生姜焼き定食とか……。

もうね、正直どうしていいか、わかんない……(笑)。

ちなみにここでいちばん高いメニューは、天ぷら御飯1700円です。

あと、ご飯ものと麺類をセットにすることもできます。

ちなみに出前のメニューを数えたら97のメニューがありました。

97! 

97だよ! 

逸脱にもほどがあるよ! 

でも、おっさん女子は、やりすぎ大好き! 

やりすぎ上等! 

やりすぎは正義! という人間です(苦笑)。


話がそれました……。

ここのカツ丼は上と並がありますけど、私は、並900円で満足です。

出汁が効いているカツ丼で、味はそんなに濃くなくてヘルシー系だと思います。

だってこの店のお客さん、年齢層高いし(苦笑)。

昼どきもお店がまったりしていて、非常に居心地よいです。

蕎麦屋のお約束、テレビも常についております(笑)。

昼時は日テレ率が高いですね。


ちなみに私はここで、そば&うどんを食べたことがありません……。

でも、うどんはオリジナルの“細そば & うどん”らしいよ。

今度確認しておきます……。


2019年は、この店のうどんとそばを食べるのが、個人的な目標です……。







天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。


このグルメ記事のライター
天野七月@まとメシ

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。
更新: 2019-04-23 16:00:00
先日、ふと思い立って、すごく好きだったのに平成の間に閉店した吉祥寺の店ランキング、というものを個人的に作成してみました。 そのリストの第2位に『STONE』(2010年閉店)がランクイン……。 その『STONE』から思い出した、今回のネタはナポリタンです。
更新: 2019-04-18 10:45:49
みんな大好きカレー♪ですが、吉祥寺には有象無象というか、ランチメニューにカレーを入れとけば、いいんじゃね? みたいな店が多く、がっかりすることも多いワケです。 そんななか、今回は“えっ? こんなところでカレーですか?”という、カレー専門店ではないが、カレーランチのクオリティが高いお店を紹介したいと思います。
更新: 2019-04-09 16:00:00
吉祥寺にはデパートやファッションビルがいくつかあるワケなんですが、実は、着実に「ごはんビル化」しているんです。 そんななか、現在もっとも「ごはんビル化」が進んでいるのは、吉祥寺パルコです。そして2018年11月末には1FにN.Y.テイストのパン屋&カフェがオープン……。
更新: 2019-04-02 16:01:00
花見シーズンです。吉祥寺には人がわんさか来ていますが、同時に路頭に迷う人々が後を絶ちません。 特に土日祝のランチは、通常の時期でもランチ難民が続出してるっていうのに、お花見シーズンにノープラン、ノー予約……反省したほうがいいと思います。 今回は、そんな人々の救世主になってみようと思います。
更新: 2019-03-26 16:05:00
最新の投稿
皇居は雄大な歴史と自然に触れあえる日本人の心の場。丸の内、日比谷、東京駅からのアクセスもよく、皇居観光や散歩を楽しんだ後は、ランチ・グルメや買い物へも出かけやすい。春は桜、秋は紅葉、四季を通じて楽しめる魅力をご紹介。
更新: 2019-04-24 14:18:43
インド料理店は都内に数あれど、同店はスパイスやハーブの香りが爽やかで鮮烈。それもそのはず、ビリヤニには17種ものスパイスが入り、ランチメニューにはインド現地でも希少な「ジャッキャ」という香り高いスパイスを必ず盛り込んでいるのだという。
更新: 2019-04-24 12:00:00
平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。
更新: 2019-04-23 16:00:00
黒ゴマをまとい旨みが増したサーモンに、きめ細やかな衣で甘みを最大限に引き出した天使の海老……。素材により4種の衣を使い分け、白絞油でカラリと揚げた串はどれも独創的かつ完成度の高い仕上がりだ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
富山のチューリップの撮影はけっこう難しいことで有名です。 花が見られる時間は長くても数日。 さらに、天気が良くて背景の立山連峰まで美しく見えるという条件がそろわなくてはなりません。 なかなかの難題……。 今回は、ちょっと昔の思い出と、ホタルイカ三昧のお話です。
更新: 2019-04-22 16:01:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt