MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
『泰然』の親子丼は卵の深みとご飯が完璧なバランス!

『泰然』の親子丼は卵の深みとご飯が完璧なバランス!

『泰然』(焼き鳥・鶏料理/新宿御苑前)|結論から言おう。完全にやられた。この親子丼に。

泰然(最寄駅:新宿御苑前駅)

比内地鶏の力強さと卵のコクを一杯に集約させたブレない旨さ

ぷるんとマーブル状にきらめく姿に矢も楯もたまらず頬張れば、比内地鶏の力強い旨みと卵の深み、汁がしみたご飯が完璧なバランスで口の中を占領。で、恍惚。店主の早川さん曰く、理想は卵かけご飯の延長だ。だから作る時に火が入り過ぎないよう蓋もしないという。

比内のガラのダシと甘さ控えめのかえしに鶏の腹部分の脂を加えてまろみが出るよう味を調え、比内の卵1個と赤鶏の卵2個をかき混ぜ鍋に投入。比内の卵だけだと甘みが強過ぎてしまうからだそう。
うーん、何気なくチョチョイと仕上げるのにこの完成度。それが昼夜と楽しめるのだからご近所さんが羨ましい。夜は鶏料理のほか釣り好きの店主が釣った魚メニューも並び、これまたやられる旨さ。いやあ参りました!

特製比内親子丼(昼は味噌汁、漬物付き)
1000円

卵を3個使った迫力。あえて飾りたてない見た目にもグッとくる。比内地鶏の力強さと卵のバランスが素晴らしく、かき込む手が止まらない。むね肉に比べもも肉は食べ応えを出すためやや大きめにカット。昼は限定25食前後。12時過ぎに売り切れることも。夜はハーフサイズもある

比内そぼろ丼(昼はサラダ、味噌汁、漬物付きで800円)
750円

比内地鶏のもも、むね、首肉を使ったそぼろ。生姜を利かせ、味噌と焼鳥のタレなどを加えて作る。昼は5食ほどの限定

つくね温玉添え
480円

つくねは夜の人気メニュー。温泉玉子を崩しながらどうぞ

お店からの一言

店主 早川泰広さん友美さん夫妻

「昼の親子丼は数に限りがあるのでお早めにどうぞ」

泰然の店舗情報

[住所]東京都新宿区新宿1-23-11 [TEL]03-6380-5228 [営業時間]17時~23時(月・木・金はランチ11時半~14時でご飯が無くなり次第終了)※ランチタイム有 [休日]日 [席]全16席/分煙/予約可/カード不可/サなし、お通し500円別 [交通アクセス]地下鉄丸の内線新宿御苑前駅2番出口から徒歩3分

電話番号 03-6380-5228
2018年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 大将が炭火を微調整しながら焼き上げる姿に見惚れてしまった。コースでオーダーした焼鳥の「ささみ」や「砂肝」の絶妙な塩気、「もも肉」や「ねぎ巻」などはしっかりめの焼き具合で供され、熱々を頬張ればあふれ出てくる旨さに感動。
この店の真骨頂を知るならば、まずはコースを注文したい。和食で経験を積んだ店長が腕によりをかけた前菜や一品料理は、食材の滋味を引き出した繊細な味わい。
「肉は骨付きがウマい」が店主・水野さんの信条だ。身の柔らかなひな鳥を米油でじっくり火入れした素揚げが看板のひとつ目。
筋肉質な食感を楽しんでほしいと、使用するのは熊野地鶏のオスのみ。炭火でパリッと焼かれた皮の歯ざわり、高反発な肉質に驚かされる。
坊主頭にねじり鉢巻きが清々しい、店主の阿部友彦さん。目黒の名店「鳥しき」で修業を積み、2016年に独立。
 明治10年に魚市場で開業し、市場の移転と共に現在の場所へ。代々築いてきた信頼のもとに、厳選された旬の魚介を優先的に仕入れられるのが強みだ。
日々の仕事の不条理から生じる“やってらんない”感は、食べ物にそれなりのお金を投入&満足度を加速させ、自分を甘やかす作戦のおっさん女子です。 吉祥寺にはケーキ屋、カフェ、喫茶店などがムダにたくさんあるため、スイーツ入手には事欠かないのですが、今回は、やってらんない感を解消するためのスイーツを紹介します!
兵庫県西宮市で12年、関西のうどん好きを唸らせた店が東京進出。「青山ビルヂング」のレストランフロア「青山一番街」に出店を果たした。
 父親が中国人、母親が日本人という店主の揚原さんにとって、身近な存在だった水餃子。「もっと気軽に水餃子を食べてほしい」と、昨年8月にカフェスタイルでオープン。
おしゃれで色んなジャンルの飲食店が集まっている神楽坂エリアの「お得ランチ」を一挙ご紹介!おとなの週末のグルメライターが実食調査した結果、夜は敷居が高いけれど、お昼になら入りやすい和食店、高級な肉、イタリアンなどがたくさん見つかりました!

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt