MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
ももにせせり、ハツ、そぼろまで!玉手箱のような「親子丼」

ももにせせり、ハツ、そぼろまで!玉手箱のような「親子丼」

『人形町 花』(焼き鳥・鶏料理/人形町)|竜宮城の玉手箱ならぬ、こちらはゴロゴロと大きい鹿児島産「赤鶏さつま」と、京都丹波の艶やかな卵が織り成す美味の玉手箱。蓋を開ければ好々爺みたく目尻が下がる至福の瞬間、見ればももに首肉のせせり、ハツ、そぼろまで入っている。

人形町 花(最寄駅:人形町駅)

玉手箱に詰まった美味の共演。味変も楽しめる鶏ダシもお見事

しかもご飯は釜で炊いた白飯か限定の茶飯か選べるという、これぞイチオシ「特選鳥玉手箱」だ。食べ方もひと捻り。まずはそのまま、次に卵黄を崩して、そして柚子胡椒や大葉など薬味で味に変化を、〆は好みで「鳥出し汁」を追加してお茶漬けに。ひと品で3度も4度も美味しいとはまさにコレ。お手頃価格なら、もも、むね、せせり入りの「鳥玉手箱」や、鶏たたきと厚焼き玉子などをラー油風味のタレで和えた「あられ丼」もおすすめだ。

特選鳥玉手箱(小鉢、味噌汁、漬物、薬味付き。昼はサラダも付く)
1500円

特選はももやハツなど各部位とそぼろ、玉ネギが入る。海苔を添えたご飯はダシで炊いた茶飯か白飯か選べる

ハーフ丼(塩たたき&あられ)
1200円

ごま油などで味付けした「塩たたき丼」と、ひと口大にカットした厚焼き玉子やたたきなどをラー油風味の自家製ダレに絡めた「あられ丼」のハーフ丼

鳥出し汁
100円

親子丼を別椀に盛って追加のダシをかければお茶漬けも楽しめる。ダシは鶏ガラを6時間ほど炊いて仕込む

胸肉たたきポン酢
980円

オニオンスライスと一緒にいただく

お店からの一言

店長 花登サイモンキースさん

「鶏スープが自慢の系列ラーメン店『やまらぁ』もどうぞ」

人形町 花の店舗情報

[住所]東京都中央区日本橋人形町2-24-6 [TEL]03-6661-0240 [営業時間]11時~14時LO、17時~23時(22時LO)、土・日・祝11時~15時LO、17時~22時(21時LO)※ランチタイム有 [休日]不定休 [席]全32席/昼は全席禁煙/夜は予約可/夜はカード可/サなし、お通し300円別 [交通アクセス]地下鉄日比谷線ほか人形町駅A3出口から徒歩5分

電話番号 03-6661-0240
2018年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「うちのタレは、関東大震災も戦争からも逃げ延びたんです」と語る、三代目の小川右二さん。空襲の際は先代が壺ごと持ち出して守り、その後も注ぎ足しながら受け継いでいるという。
久我山にある名居酒屋『器楽亭』が昨年オープンさせた博多水炊きの専門店。鶏ガラをずんどう鍋で7~8時間かけて強火で炊いた濃厚スープを、まずはひと口。
 大将が炭火を微調整しながら焼き上げる姿に見惚れてしまった。コースでオーダーした焼鳥の「ささみ」や「砂肝」の絶妙な塩気、「もも肉」や「ねぎ巻」などはしっかりめの焼き具合で供され、熱々を頬張ればあふれ出てくる旨さに感動。
この店の真骨頂を知るならば、まずはコースを注文したい。和食で経験を積んだ店長が腕によりをかけた前菜や一品料理は、食材の滋味を引き出した繊細な味わい。
「肉は骨付きがウマい」が店主・水野さんの信条だ。身の柔らかなひな鳥を米油でじっくり火入れした素揚げが看板のひとつ目。
フルーツブランデーは果物から造られるヨーロッパの蒸留酒だが、日本では認知度の低い存在。世界的にも専門バーはほとんどないという。
創業は戦後間もなく。料亭からはじまり40年ほど前から、関西風うどんすきを出しはじめた。色とりどりの具材は、鶏肉、ハマグリ、湯葉、練り物、野菜など約20種類。
三軒茶屋のすずらん通り沿いにあるバー。3階はオーセンティックなバーだが、2階はクラフトジンを中心としたボタニカル・バーで、雰囲気も接客もカジュアル。
一歩入れば"榎本劇場"の始まりである。音楽は寿司屋らしからぬジャズ。目の前で活きエビを捌いて握るなどカウンターで熟練の技を魅せるのは店の主、榎本さんだ。軽妙な語りも加わり客の気分を盛り上げてくれる。
2016年に開業するや、『ミシュランガイド東京』で、2018、2019一ツ星を獲得した南俊郎シェフの店。テイクアウトで点心や中国茶を販売。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt