MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
開店前から行列!家庭的でヤミツキになる祐天寺の和風オムライス

開店前から行列!家庭的でヤミツキになる祐天寺の和風オムライス

torse(カフェ/祐天寺)|駅から決して近くない。なのに開店前から行列ができるカフェ、それがココ。

torse(最寄駅:祐天寺駅)

行列ができるカフェのシンプルで優しい味

みんなのお目当てが写真の和風オムライスだ。一見すると普通、しかも和風?と思うかもしれないが、食べればすべての理由が分かるはず。そう、中にツナを使った醤油味のライスが入っており、家庭的でヤミツキになる味わいなのだ。 もとは駅近に店を構えていた頃のまかないだったとかで、メニューに加えたらそのほっこりした見た目と味が口コミで広まったのだそう。店主が心がけるのは、黄身の旨みがしっかりした卵の風味を生かすこと。だから余計な手を加えずシンプルに。ご飯の味付けもツナ以外は少々の醤油だけで仕上げている。ちなみに夜はケチャップ味の定番もあり、こちらも評判だ。 同じ卵を使うスイーツも絶品で、食後に楽しむ人がほとんど。中でも旬のフルーツのタルトは必食。木の温もりを感じる店内もすこぶる居心地がいい。

ツナの和風オムライス
960円(ランチはスープ、サラダ、ドリンク付きで980円)

おしゃれな盛り付けがインスタ映えすると女性にも人気。中はツナの旨みと醤油だけで味付けした和風ライス。チーズ入り(+100円)にすればより奥深い味わいに

辛口インドカレー
960円

カレーは独自に調合したスパイスが決め手

あまおうのタルト
850円(単品)

大きなあまおうがうれしいタルトは季節限定。

torseの店舗情報

[住所]東京都世田谷区下馬5-35-5 2階 [TEL]03-6453-2418 [営業時間]12時~22時(ランチは15時まで、21時LO)※ランチタイム有 [休日]無休 [席]計25席/夜は喫煙可/予約可(昼は12時入店のみ)/カード可(3000円以上)/サなし [交通アクセス]東急東横線祐天寺駅から徒歩10分

電話番号 03-6453-2418
2018年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
地上1900メートルの清里テラスにリフトで10分。秩父連峰や富士山、南アルプスが見渡せるおしゃれなウッドデッキがあるとは聞いていたが、まさか酒樽ほどの大きな丸いソファベッドをいくつも並べたザ・高原リゾートが出現しているとは思ってもみなかった。
更新: 2019-10-08 12:00:00
広い店内にはゆったりしたソファや夕焼けが一望できるカウンター席も。雲型のマシュマロを浮かべたコーヒーや、サンセットをイメージしたスカイソーダが見た目にも美しく、料理も地元名産のネマガリダケなどを使った雲海パイ包みスープや、季節の食材を取り入れたペペロンチーノ(現在はキノコを使用)など素材にもこだわっている。
更新: 2019-09-21 12:00:00
『2612Cafe』は、若いスタッフが中心となって昨年、おしゃれにオープン。スモークした信州サーモンを挟んだクロワッサンやジューシーなすずらんハウスのソーセージを使ったホットドッグなど、こちらも品質や味にはこだわり、地元の食材をふんだんに使っている。
更新: 2019-09-10 12:00:00
産地、グレード、焙煎の火加減、茎の有無などさまざまな組み合わせで30種以上揃うほうじ茶の中から、鹿児島産の「極上ほうじ茶」をセレクト。濃く抽出しても渋くならず、スイーツにしてもしっかりとした風味と味わいを再現できるそう。
更新: 2019-09-07 12:00:00
明治2年、京都山城町で創業した茶舗「宇治園」のお茶スイーツを東京で味わえるのがここ。抹茶パフェなら、その魅力を一度に楽しめる。
更新: 2019-09-05 12:00:00
最新の投稿
 見番横丁と交差する角に立つビストロパブ。ビールはもちろん、16歳からフランス料理を会得した店主・小貫友寛さんが作る料理も魅力だが、国産蒸留酒の品揃えにも注目!
更新: 2019-10-14 12:00:00
 「寿司屋では緊張せずに、楽しんでいただきたいんです」と語る二代目。店内は手作りのメニューや大漁旗が飾られ、誰でもくつろげる雰囲気だ。
更新: 2019-10-13 12:00:00
 中華の花形食材・フカヒレを存分に味わえる姿煮。四川料理の名店『神楽坂 芝蘭』では、これを昼の御膳で楽しめる。
更新: 2019-10-12 12:00:00
今回は紀州鉄道で出会ったディーゼルカーと、沿線で食べた“せち焼き”です。 私はこの“せち焼き”のことを、まったく聞いたことがありませんでした。 はたして、焼き物なのか、食べ物なのか……?
更新: 2019-10-11 15:55:00
 8.8坪のお店で出すタパスは、気取らないながらも繊細な味付けと美しい盛り付けが魅力。口に含んだ先には、幸せが待っている。
更新: 2019-10-11 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt