エリア: 東京都

【元祖】カツカレー巡礼!カツカレーの歴史をひも解く東京4店

【元祖】カツカレー巡礼!カツカレーの歴史をひも解く東京4店

カツ丼と並び、とんかつをより魅惑的にするカツカレー。その歴史は意外に古く、元祖的な店がいくつかあるのをご存知だろうか? そこでカツカレーの歴史をひも解きながら、その味がいかに普及に貢献していったのかを大調査!


カツカレーについて悩ませる犯人は誰だ!?

 その主従関係にいつも悩んでしまう料理がある。男の野生を呼び覚ます逸品、カツカレーだ。

 カツを美味しくするソースとしてのカレー…納得。カレーにはない香ばしさとサクサク感をカツで演出…こちらも納得だ。ん~この主従を考えると、あの春日三球・照代さんでなくとも、ひと晩中寝られないの!?

 とはいえ、日本における歴史はカレーの方が早い。1873(明治5)年、『西洋料理指南』という文献で紹介されたのが初。その後、「少年よ、大志を抱け」のクラーク博士が札幌農学校でカレーを推奨し、さらに海軍がメニューとして採用したことで、広く食べられるようになったと言われる。一方のカツは、1899(明治32)年に、銀座『煉瓦亭』が「ポークカツレツ」をメニューに載せたのが最初とされる。ソテーではなく、たっぷりの油で揚げる。キャベツの千切りを添えるなど、その後のとんかつスタイルに影響を与えた名物料理になったそうだ。

 じゃあ、そのふたつを組み合わせた悩める逸品・カツカレーを生み出した元祖は誰だ? となるとこれが幾つかあるみたい。

 まずは浅草『河金』

【創業大正7年】河金 千束店(最寄駅:浅草駅)

河金丼 800円



[住所]東京都台東区浅草5-16-11 [TEL]03-3872-0794 [営業時間]11時~20時※ランチタイム有 [休日]土

『河金 千束店』の詳細はこちら

初代・河野金太郎氏が開店させたのは1918(大正7)年。「開店後すぐ、お客の要望に応える形でご飯の上にキャベツと豚もも肉のカツをのせ、そこにカレーをかけた『河金丼』を提供するようになったと聞いています」(4代目店主・河野さん)。名前こそ違うが、立派なカツカレーに他ならない。当時からの味は初代のひ孫である河野さんが現在は浅草5丁目で営む、やはり『河金』で楽しむことができる。


 次は新宿の『王ろじ』だ。

【創業大正10年】王ろじ(最寄駅:新宿三丁目駅)

とん丼(カツカレー) 1050円



[住所]東京都新宿区新宿3-17-21 [TEL]03-3352-1037 [営業時間]11時~15時、17時半~20時半※ランチタイム有 [休日]水(祝日の場合は営業、翌日休み)

『王ろじ』の詳細はこちら

開店は1921(大正10) 年で、カツカレー自体の歴史は『河金』に譲るが、”とんかつ” と名付けたのはこちらが元祖。豚=とん、そしてカツレツのカツ。合わせて“とんかつ”だ。そして、こちらにも創業当初からのカツカレー、「とん丼」がある。「フレンチで修業をしていた初代が街の洋食屋として独立する際、『学んできた料理だけじゃ面白くない』とオリジナルメニューとして考案したものです」(2代目店主・来住野さん)。その完成度の高さは今も多くの人を魅了し、連日の行列を生んでいる。


 時は過ぎて戦後の混乱期、昭和23年に生まれたのが『銀座スイス』(創業昭和22年)のカツカレーだ。

【創業昭和22年】銀座スイス(最寄駅:銀座駅)

千葉さんのカツカレー 1600円



[住所]東京都中央区銀座3-5-16 [TEL]03-3563-3206 [営業時間]11時~21時(LO)、日・祝10時半~20時半(LO)※ランチタイム有 [休日]不定休

『銀座スイス』の詳細はこちら

まだ物資が少ない時代で、贅沢西洋料理だったカツレツとカレーライスを元巨人軍の故・千葉繁氏のアイデアから、ひとつの皿にのせて提供。同時に「カツカレー」と名付けたとも。千葉氏の人気と由緒ある洋食店が生み出した味は、物資が普及する中で、さらに美味しさに磨きがかかり多くの人を魅了していった。


 最後は古本とカレーの街・神保町の超人気店、1960(昭和35)年創業の『神保町 キッチン南海』だ。

【創業昭和35年】キッチン南海 神田神保町店(最寄駅:神保町駅)

カツカレー 750円



[住所]東京都千代田区神田神保町1-5 [TEL]03-3292-0036 [営業時間]11時15分~16時、17時~20時 ※ランチタイム有 [休日]日・祝

『神保町 キッチン南海』の詳細はこちら

店頭の象の置物に「元祖カツカレー」の文字。大正時代に考案した店もあるが…「カツカレーそのものというより、黒いカレーにカツ、そして傍にキャベツという、当店スタイルのカツカレーの元祖という意味です」(料理長・中條さん)。後進だからこそただのせるのではなく、カレーとの相性を突き詰めたカツをのせたひと皿となっており、その味への自信、プライドがあるからこその”元祖”なのだ。ふむ、納得である。

 カツカレーを考案した店。カツカレーの名称の一部を生み出した店。著名人の案を逸品に仕上げ、「カツカレー」と名付けた洋食店。カツカレーを進化させた店。様々な観点から見ればどこも元祖でいいじゃないか。カツとカレーの主従なんて細かなこと。多くの人のアイデアと努力が生んだ傑作「カツカレー」を頬張り、とんかつの魅力の一端を堪能すべし、なのである。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


行列のできる伝説の老舗とんかつ店!新宿三丁目『王ろじ』

行列のできる伝説の老舗とんかつ店!新宿三丁目『王ろじ』

カツカレーは「とん丼」という名前で創業してすぐ、オリジナルメニューとして登場。カツに使用するのは脂やスジを切り落としたロース肉。


昭和時代から愛され続けている、ロースのカツカレー!『銀座スイス』

昭和時代から愛され続けている、ロースのカツカレー!『銀座スイス』

ビーフ、ポーク、玉ネギ、リンゴなどをブイヨンに加え、じっくりと煮込んだ同店のカレーは、初代が修業した帝国ホテル由来のカルカッタカレーがベース。カツに使うのは脂に上品な甘みを持つ国産豚の上ロース。


創業大正7年!100年続く「元祖カツカレー」!浅草『河金 千束店』

創業大正7年!100年続く「元祖カツカレー」!浅草『河金 千束店』

ご飯、キャベツの千切り、カツ、そしてカレーと丼の中が4層になった「河金丼」。カツには国産豚のもも肉を使用し、そこに豚コマ、玉ネギというシンプルな具材で懐かしさを覚えるカレーがとろり。


キッチン南海 神田神保町店|溢れんばかりの黒いカレールウが食欲中枢を直撃(カレー/神保町)

キッチン南海 神田神保町店|溢れんばかりの黒いカレールウが食欲中枢を直撃(カレー/神保町)

 「キッチン南海 神田神保町店」のカレーは口に運べばふっと甘みを感じたあとから辛い!こんもり盛られたライスの上に注がれたカレーは深い黒みを帯びて熱々!


世田谷の老舗蕎麦屋「ほていや」のカツカレーは味とボリュームに満足度120%!(カレー/三軒茶屋)

世田谷の老舗蕎麦屋「ほていや」のカツカレーは味とボリュームに満足度120%!(カレー/三軒茶屋)

 大正14年創業の、世田谷で一番古いと言われる老舗蕎麦屋。しかしながら夜は刺身や揚げ物など居酒屋メニューも充実し、一杯を楽しみに来る常連客でも賑わう。


最新の投稿


奄美大島の郷土料理『焼酎ダイニング SAKE工房 心』

奄美大島の郷土料理『焼酎ダイニング SAKE工房 心』

 黒糖焼酎の品揃えは、島内でもおそらくナンバーワン! 5島からなる奄美群島にあるすべての蔵元の酒を網羅し、そのボトル総数はなんと200本にも及んでいる。


奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

 とびきり贅沢なディナーを楽しむなら、ここを置いて他になし! 使用する野菜や魚介はすべて奄美産。


曳舟の豆腐屋『三善豆腐工房 キラキラ橘店』

曳舟の豆腐屋『三善豆腐工房 キラキラ橘店』

 “生産者の思いも届けられる豆腐作り”を信念とし、店頭には使用する大豆名だけでなく、生産者の名前もズラリと並ぶ。絹や木綿は大豆違いで各3種類、その他に「ごま」や「ゆず」、夏季には「しそ」など、多くの豆腐が揃えられ、それぞれの豆腐にファンが付いている。イチオシなのが「小糸在来の絹」。


奄美大島のフレンチ&イタリアン『ブルノア』

奄美大島のフレンチ&イタリアン『ブルノア』

 昼も夜も地元客で満席になる、島内でも指折りの人気店だ。リゾートホテル出身のシェフが作るのは、奄美食材を丁寧に使ったフレンチ&イタリアン。


おっさん女子の吉祥寺パトロール(80) 吉祥寺・居酒屋ランチ選手権、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(80) 吉祥寺・居酒屋ランチ選手権、の件

世間は、お正月気分からやっと日常に戻ってくる時期ですが、日常と言えば、お昼のお楽しみ=ランチですよね。 で、おっさん女子的には、安い! コスパが高い! 店にキャパがあるので並ばない! チェーン居酒屋のランチを推奨します!


ランキング


>>総合人気ランキング