MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
グルメライターが語る!魅力的なお店だらけの「秋葉原」のレポート秘話!

グルメライターが語る!魅力的なお店だらけの「秋葉原」のレポート秘話!

秋葉原を調査したのは、東担当の市村幸妙(以下、市)と西担当の松田有美(以下、松)、編集・戎誠輝です。それぞれの結果を語り合います。

個性的で芯の通った 魅力的なお店が連なる

語ろう!おとなの秋葉原(アキバ)!

戎「秋葉原は当初の予想を超えて、おもしろいお店がたくさんありましたね」
市「はい! 東側は、満足度の高い店が多かったです」
戎「これまでの経験上、高架下の方にいい店があるだろうと思っていたら予想が的中!今回紹介した店は良店揃いでした」
市「取材や掲載を断られたお店が4軒ありましたが、それでも次々に三ツ星級が出てきて、紹介店には困りませんでした」

魚介×日本酒 杯がついつい進む酒肴が勢揃い!『貝とぬる燗 潮音』

戎「その中でも感動したのは『潮音』
。貝の甘みを引き出すのは塩ということで、岩塩板に乗せて刺身を提供していました。発想が素晴らしく、とてもよかった!」
市「日本酒の品揃えも、ブランド銘柄とかでなく、お料理に合わせていて好印象でしたね」

▲鮮魚と貝のお刺身セット 3240円(写真は2人前。オーダーは2人前から)


[住所]東京都千代田区神田松永町17-3 地下1階 
[TEL]080-5514-1239 
[営業時間]18時~23時(22時半LO) 
[休日]日 
[席]12席/全席喫煙可/予約可/カード不可/サなし、お通し代518円別 
[交通アクセス]JR山手線ほか秋葉原駅昭和通り口から徒歩4分

ダイニングと酒場いいとこ取りの使い勝手の良さ!『酒場 晩葡』

戎「あと『晩葡』のコスパの良さにも驚愕しましたね。『和豚もち豚のもつ刺し』は3部位がたっぷりのって600円!値段を聞いて料理長を思わず二度見しました」

▲大人の肉じゃが 1350円


[住所]東京都千代田区神田佐久間町3-38 大陽ビル1階 
[TEL]03-5809-2345 
[営業時間]16時半~23時(22時LO)、土16時半~22時(21時LO) 
[休日]日 
[席]計40席/分煙/予約可/カード可/サなし、お通し代350円別 
[交通アクセス]JR山手線ほか秋葉原駅昭和通り口から徒歩3分

落ち着いた店内で北陸の旬を味わう至福のひと時!『北陸旬菜 杉のあかり』

市「街をウロウロして見つけたのが『杉のあかり』。といっても、超駅近なんですけどね。雑居ビルの地下にしっとりした雰囲気で、基本がきちんとしている和食店があった、とうれしくなっちゃいました」

▲白海老唐揚 750円


[住所]東京都千代田区神田平河町1 第三東ビル地下1階 
[TEL]03-3866-9715 
[営業時間]月~金11時半~14時(13時半LO)、17時~23時(22時半LO)、金・祝前日17時~23時45分(23時LO)、土17時~22時(21時半LO)※ランチタイム有 
[休日]日・祝、第3土
[席]計52席/ランチのみ全席禁煙/予約可/カード可/サ216円、お通し代324円別 
[交通アクセス]JR山手線ほか秋葉原駅昭和通り口から徒歩1分

戎「東側はどこも素材が良くてお酒も安かった。プライベートで使える店が増えてニヤニヤしていましたよ」
市「早速予約しようって話されていましたね。それで西側はどうでした?」

松「駅を出てすぐのところはチェーン店が多くて、どの街にもありそうだったり。もしくは若者中心で煩わしそうとか(苦笑)。正直、40代の私がフラリと入ってくつろげそうな店がない印象でした」
戎「そうでしたね(汗)。駅を出るとまず待ち構えていたのがガッツリ系のお店で、それを抜けると、一気に落ち着いた雰囲気になっていきました。でも、店があまり多くなく、いい店が見つかるかヒヤヒヤで……」

松「ということで秋葉原の先、ふと気づけば末広町駅周辺へ。実は私が住んでいる場所から徒歩圏内なのですが、こんなに楽しい店がいっぱいあるとは、正直知りませんでした‼」

和を感じる“粋”なフレンチを肴に日本酒をグビリ!『CHAMP DIVIN 3331』

戎「『シャン ディヴァン3331』は、1軒目のリサーチ後にふらふらと歩いているとき、看板を見つけました。
ふと店を見ると、ガラス窓の向こうで楽しげに食事している!と店内に入ると、まぁオシャレ。フレンチベースの料理に見たこともないようなラベルの日本酒を揃えていてそれが旨い! 
元中学校だけど洒落ている上に、フレンチだけど日本酒って、ギャップがたまりませんでした」

▲本日の冷前菜盛り合わせ 880円※写真は2人前


[住所]東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda1階 
[TEL]03-6803-0263 
[営業時間]18時~23時(22時LO)、金・土18時~翌2時(翌1時半LO) 
[休日]月・火(祝の場合は営業) 
[席]計30席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし 
[交通アクセス]地下鉄銀座線末広町駅4番出口から徒歩1分、JR山手線ほか秋葉原駅電気街口から徒歩10分

野菜が旨い!ワインが進む!!店主が楽しい!!!『オレンチ』

松「そう、西側の魅力はズバリ、“個性的”であること。『オレンチ』は、外観がレトロな感じでカウンター主体のビストロですが、まず店主が奇抜(笑)。赤帽を被り体操着なのです。でも、変な店じゃないんです‼

何より料理が繊細。リサーチ時は、冬期でキノコのカプチーノっぽいスープが付きだしでしたが、通常は植木鉢に山盛りのバーニャカウダが出てきます。

そんな一線を画すサービスに驚かされたり、ひとひねり加えた料理が楽しい!ぜひ体験していただきたいです」

▲本日の付きだし 380円※写真は2人前


[住所]東京都千代田区外神田6-16-3 国際6163ビル1階 
[TEL]03-6803-2814 
[営業時間]18時~24時(23時LO)、月・火・木・金11時半~14時※売り切れ次第終了※ランチタイム有 
[休日]日・祝 
[席]計20席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、付きだし380円別 
[交通アクセス]地下鉄銀座線末広町駅4番出口から徒歩4分、JR山手線ほか秋葉原駅電気街口から徒歩12分

戎「藁焼きに力を入れている『81+』や、ハンバーガーとお酒入りのシェイクを出す『クレィン』など、西側は意外性のあるものをかけ合わせた店が良店でした。

東西とも全体に良心価格の店が多かった。秋葉原はオタッキーな趣味から、少しおとなになったら西側へ行き、東側で成熟する。そんなステップを踏んで楽しめる街ではないでしょうか」

豪快な藁焼きでカツオの旨みをギュッと凝縮!『クリエーションジャパニーズフード 81+』

▲初かつおの藁焼き 980円


[住所]東京都台東区上野3-5-6 JSビル1階 
[TEL]03-5826-4737 
[営業時間]11時半~13時半、17時~23時、土15時~23時 ※ランチタイム有 
[休日]日・祝 
[席]計最大16席 ※夏場はテラス4席もある/全席喫煙可/予約可/カード可/サなし、お通し代300円別 
[交通アクセス]地下鉄銀座線末広町駅2番出口から徒歩5分、JR山手線ほか御徒町駅南口から徒歩6分

ミルクシェイクと味わいたい♥男前ハンバーガー!『BURGER & MILKSHAKE CRANE』

▲エッグチーズバーガー 1300円


[住所]東京都千代田区外神田6-16-3 
[TEL]03-6806-0026 
[営業時間]11時半~21時半(21時LO)※ランチタイム有 
[休日]無休 
[席]計20席/全席禁煙/予約可(17時以降)/カード不可/サなし 
[交通アクセス]地下鉄銀座線末広町駅4番出口から徒歩4分、JR山手線ほか秋葉原駅電気街口から徒歩12分

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
表参道には、常に話題になるような、はやりのインスタ映えする人気グルメがたくさん揃っています!ここでは和食・中華・カフェなどの様々なジャンルから、コスパも考慮し、絶対に訪れるべき7店をご紹介します♪【料理写真あり】
更新: 2019-06-05 15:03:19
東京駅でおすすめしたいカフェはたくさんあります!その中でも朝早く7時頃から夜遅く22時頃まで利用でき、スイーツも美味しいお店などをまとめました!料理写真、最寄り改札口からの徒歩時間、営業時間、定休日の情報も載っています。
更新: 2019-05-17 14:00:00
今回は、グルメライターが実際に食べ歩いて見つけた、恵比寿のぜひおすすめしたい絶品ラーメンを厳選してご紹介します。夜まで営業しているお店もご紹介しているので、シメの一杯としてもおすすめ!どのお店も必見です!
更新: 2019-05-07 11:09:12
池袋サンシャインシティ60通りの一角にある高いビルに囲まれたグルメ楽園「栄町通り」は、戦後の飲み屋街の雰囲気を残した80mほどの一本道。小規模ながらも、老舗から個性的な新店までさまざまな店があって面白い。
更新: 2019-04-17 12:11:04
錦糸町エリアで『おとなの週末』のグルメライターが食べ歩いて見つけたおすすめグルメ。ラーメン、カレー、ホットケーキ、寿司、うどん、ハンバーグなど、ランチにもディナーにも行きたくなる色んなジャンルの「本当に美味しいグルメ情報」が満載です。
更新: 2019-01-15 18:30:00
最新の投稿
看板の「海老寿久担々麺」は、新潟名産の甘エビをかけ合わせたビスク風の担々麺。大量の甘エビを使うため、スープを口に含んだ瞬間に華やかな香りが広がる。
更新: 2019-06-27 12:00:00
実は、誰にも頼まれていないが、ここ3年くらいずっと吉祥寺で追っている案件がある。 それは幻のジャーマンレモンパイである。 調査対象は、アトレ吉祥寺に入っているバームクーヘンでおなじみの『J』。 欧文の綴りのイメージが違うんだけど、1文字目の音は「ユ」ね……。
更新: 2019-06-26 16:00:00
中野にある老舗が2018年2月にオープンさせた新店。炭火の焼き台の前に立つのはこの道40年のベテラン職人、森川さんだ。
更新: 2019-06-26 13:37:36
そのビジュアルは、ローストビーフ丼というよりユッケ丼!? 実力店が軒を連ねる神楽坂で、予約困難な人気焼肉店が打ち出すランチの名物メニューだ。
更新: 2019-06-26 13:28:48
名古屋めしのなかでもイマイチ注目度の低いきしめんを見つめ直そうと、地元で昔から営んでいる店を食べ歩くようになり、その旨さに驚愕したお店のうちの1軒が、今回紹介する愛知県西春日井郡豊山町にある『みのや』だ……。
更新: 2019-06-24 16:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt