グルメライターが語る!魅力的なお店だらけの「秋葉原」のレポート秘話!

グルメライターが語る!魅力的なお店だらけの「秋葉原」のレポート秘話!

秋葉原を調査したのは、東担当の市村幸妙(以下、市)と西担当の松田有美(以下、松)、編集・戎誠輝です。それぞれの結果を語り合います。


個性的で芯の通った 魅力的なお店が連なる

語ろう!おとなの秋葉原(アキバ)!

戎「秋葉原は当初の予想を超えて、おもしろいお店がたくさんありましたね」
市「はい! 東側は、満足度の高い店が多かったです」
戎「これまでの経験上、高架下の方にいい店があるだろうと思っていたら予想が的中!今回紹介した店は良店揃いでした」
市「取材や掲載を断られたお店が4軒ありましたが、それでも次々に三ツ星級が出てきて、紹介店には困りませんでした」

魚介×日本酒 杯がついつい進む酒肴が勢揃い!『貝とぬる燗 潮音』

戎「その中でも感動したのは『潮音』
。貝の甘みを引き出すのは塩ということで、岩塩板に乗せて刺身を提供していました。発想が素晴らしく、とてもよかった!」
市「日本酒の品揃えも、ブランド銘柄とかでなく、お料理に合わせていて好印象でしたね」

▲鮮魚と貝のお刺身セット 3240円(写真は2人前。オーダーは2人前から)



[住所]東京都千代田区神田松永町17-3 地下1階 
[TEL]080-5514-1239 
[営業時間]18時~23時(22時半LO) 
[休日]日 
[席]12席/全席喫煙可/予約可/カード不可/サなし、お通し代518円別 
[交通アクセス]JR山手線ほか秋葉原駅昭和通り口から徒歩4分

『貝とぬる燗 潮音』の詳細はこちら

ダイニングと酒場いいとこ取りの使い勝手の良さ!『酒場 晩葡』

戎「あと『晩葡』のコスパの良さにも驚愕しましたね。『和豚もち豚のもつ刺し』は3部位がたっぷりのって600円!値段を聞いて料理長を思わず二度見しました」

▲大人の肉じゃが 1350円



[住所]東京都千代田区神田佐久間町3-38 大陽ビル1階 
[TEL]03-5809-2345 
[営業時間]16時半~23時(22時LO)、土16時半~22時(21時LO) 
[休日]日 
[席]計40席/分煙/予約可/カード可/サなし、お通し代350円別 
[交通アクセス]JR山手線ほか秋葉原駅昭和通り口から徒歩3分

『酒場 晩葡』の詳細はこちら

落ち着いた店内で北陸の旬を味わう至福のひと時!『北陸旬菜 杉のあかり』

市「街をウロウロして見つけたのが『杉のあかり』。といっても、超駅近なんですけどね。雑居ビルの地下にしっとりした雰囲気で、基本がきちんとしている和食店があった、とうれしくなっちゃいました」

▲白海老唐揚 750円



[住所]東京都千代田区神田平河町1 第三東ビル地下1階 
[TEL]03-3866-9715 
[営業時間]月~金11時半~14時(13時半LO)、17時~23時(22時半LO)、金・祝前日17時~23時45分(23時LO)、土17時~22時(21時半LO)※ランチタイム有 
[休日]日・祝、第3土
[席]計52席/ランチのみ全席禁煙/予約可/カード可/サ216円、お通し代324円別 
[交通アクセス]JR山手線ほか秋葉原駅昭和通り口から徒歩1分

『北陸旬菜 杉のあかり』の詳細はこちら

戎「東側はどこも素材が良くてお酒も安かった。プライベートで使える店が増えてニヤニヤしていましたよ」
市「早速予約しようって話されていましたね。それで西側はどうでした?」

松「駅を出てすぐのところはチェーン店が多くて、どの街にもありそうだったり。もしくは若者中心で煩わしそうとか(苦笑)。正直、40代の私がフラリと入ってくつろげそうな店がない印象でした」
戎「そうでしたね(汗)。駅を出るとまず待ち構えていたのがガッツリ系のお店で、それを抜けると、一気に落ち着いた雰囲気になっていきました。でも、店があまり多くなく、いい店が見つかるかヒヤヒヤで……」

松「ということで秋葉原の先、ふと気づけば末広町駅周辺へ。実は私が住んでいる場所から徒歩圏内なのですが、こんなに楽しい店がいっぱいあるとは、正直知りませんでした‼」

和を感じる“粋”なフレンチを肴に日本酒をグビリ!『CHAMP DIVIN 3331』

戎「『シャン ディヴァン3331』は、1軒目のリサーチ後にふらふらと歩いているとき、看板を見つけました。
ふと店を見ると、ガラス窓の向こうで楽しげに食事している!と店内に入ると、まぁオシャレ。フレンチベースの料理に見たこともないようなラベルの日本酒を揃えていてそれが旨い! 
元中学校だけど洒落ている上に、フレンチだけど日本酒って、ギャップがたまりませんでした」

▲本日の冷前菜盛り合わせ 880円※写真は2人前



[住所]東京都千代田区外神田6-11-14 3331 Arts Chiyoda1階 
[TEL]03-6803-0263 
[営業時間]18時~23時(22時LO)、金・土18時~翌2時(翌1時半LO) 
[休日]月・火(祝の場合は営業) 
[席]計30席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし 
[交通アクセス]地下鉄銀座線末広町駅4番出口から徒歩1分、JR山手線ほか秋葉原駅電気街口から徒歩10分

『CHAMP DIVIN 3331』の詳細はこちら

野菜が旨い!ワインが進む!!店主が楽しい!!!『オレンチ』

松「そう、西側の魅力はズバリ、“個性的”であること。『オレンチ』は、外観がレトロな感じでカウンター主体のビストロですが、まず店主が奇抜(笑)。赤帽を被り体操着なのです。でも、変な店じゃないんです‼

何より料理が繊細。リサーチ時は、冬期でキノコのカプチーノっぽいスープが付きだしでしたが、通常は植木鉢に山盛りのバーニャカウダが出てきます。

そんな一線を画すサービスに驚かされたり、ひとひねり加えた料理が楽しい!ぜひ体験していただきたいです」

▲本日の付きだし 380円※写真は2人前



[住所]東京都千代田区外神田6-16-3 国際6163ビル1階 
[TEL]03-6803-2814 
[営業時間]18時~24時(23時LO)、月・火・木・金11時半~14時※売り切れ次第終了※ランチタイム有 
[休日]日・祝 
[席]計20席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、付きだし380円別 
[交通アクセス]地下鉄銀座線末広町駅4番出口から徒歩4分、JR山手線ほか秋葉原駅電気街口から徒歩12分

『オレンチ』の詳細はこちら

戎「藁焼きに力を入れている『81+』や、ハンバーガーとお酒入りのシェイクを出す『クレィン』など、西側は意外性のあるものをかけ合わせた店が良店でした。

東西とも全体に良心価格の店が多かった。秋葉原はオタッキーな趣味から、少しおとなになったら西側へ行き、東側で成熟する。そんなステップを踏んで楽しめる街ではないでしょうか」

豪快な藁焼きでカツオの旨みをギュッと凝縮!『クリエーションジャパニーズフード 81+』

▲初かつおの藁焼き 980円



[住所]東京都台東区上野3-5-6 JSビル1階 
[TEL]03-5826-4737 
[営業時間]11時半~13時半、17時~23時、土15時~23時 ※ランチタイム有 
[休日]日・祝 
[席]計最大16席 ※夏場はテラス4席もある/全席喫煙可/予約可/カード可/サなし、お通し代300円別 
[交通アクセス]地下鉄銀座線末広町駅2番出口から徒歩5分、JR山手線ほか御徒町駅南口から徒歩6分

『クリエーションジャパニーズフード 81+』の詳細はこちら

ミルクシェイクと味わいたい♥男前ハンバーガー!『BURGER & MILKSHAKE CRANE』

▲エッグチーズバーガー 1300円



[住所]東京都千代田区外神田6-16-3 
[TEL]03-6806-0026 
[営業時間]11時半~21時半(21時LO)※ランチタイム有 
[休日]無休 
[席]計20席/全席禁煙/予約可(17時以降)/カード不可/サなし 
[交通アクセス]地下鉄銀座線末広町駅4番出口から徒歩4分、JR山手線ほか秋葉原駅電気街口から徒歩12分

『BURGER & MILKSHAKE CRANE』の詳細はこちら
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連するキーワード


おとなの秋葉原 三ツ星グルメ

関連する投稿


アキバの喧騒とは別空間のレトロ喫茶、西秋葉原『珈琲 庵』

アキバの喧騒とは別空間のレトロ喫茶、西秋葉原『珈琲 庵』

電気機器専門のパーツ店やエンタメ系カフェが並ぶ通りの中に佇む、琥珀色の喫茶店。1984年に4代目の店主となった中村光雅さんは、ほぼ毎日お店を開けている。


思わず立ち寄ってしまう「老舗の純喫茶」、西秋葉原『珈琲 明石屋』

思わず立ち寄ってしまう「老舗の純喫茶」、西秋葉原『珈琲 明石屋』

JR駅周辺の再開発地域が別世界に感じられる、どっしり落ち着いた外観。一説によれば、店が入るビルは築100年にもなるとか。


おひとり様も入りやすい!定番酒肴でほっこり呑む、西秋葉原『赤津加』

おひとり様も入りやすい!定番酒肴でほっこり呑む、西秋葉原『赤津加』

秋葉原のど真ん中にありながら、古き良き昭和の風情を残す老舗居酒屋。鶏もつ煮込みなど昔からの定番つまみが揃う他、旬の食材を使用した日替わりの酒肴も用意。


インパクト大!美味しすぎる「お通し」の正体とは?!西秋葉原『オレンチ』

インパクト大!美味しすぎる「お通し」の正体とは?!西秋葉原『オレンチ』

“野菜とワイン”がコンセプトのビストロ。まず驚かされるのが植木鉢にぎっしり詰め込まれた野菜とフルーツの数々。


こんなの初めて!粋なフレンチ!西秋葉原『CHAMP DIVIN 3331』

こんなの初めて!粋なフレンチ!西秋葉原『CHAMP DIVIN 3331』

元中学校を利用した文化施設内に2017年6月オープン。フレンチをベースに、シジミや白子、柚子、黒七味など、和の食材や調味料を巧みに織り交ぜた、粋を感じさせるメニューが楽しめる。


最新の投稿


奄美大島の郷土料理『焼酎ダイニング SAKE工房 心』

奄美大島の郷土料理『焼酎ダイニング SAKE工房 心』

 黒糖焼酎の品揃えは、島内でもおそらくナンバーワン! 5島からなる奄美群島にあるすべての蔵元の酒を網羅し、そのボトル総数はなんと200本にも及んでいる。


奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

 とびきり贅沢なディナーを楽しむなら、ここを置いて他になし! 使用する野菜や魚介はすべて奄美産。


曳舟の豆腐屋『三善豆腐工房 キラキラ橘店』

曳舟の豆腐屋『三善豆腐工房 キラキラ橘店』

 “生産者の思いも届けられる豆腐作り”を信念とし、店頭には使用する大豆名だけでなく、生産者の名前もズラリと並ぶ。絹や木綿は大豆違いで各3種類、その他に「ごま」や「ゆず」、夏季には「しそ」など、多くの豆腐が揃えられ、それぞれの豆腐にファンが付いている。イチオシなのが「小糸在来の絹」。


奄美大島のフレンチ&イタリアン『ブルノア』

奄美大島のフレンチ&イタリアン『ブルノア』

 昼も夜も地元客で満席になる、島内でも指折りの人気店だ。リゾートホテル出身のシェフが作るのは、奄美食材を丁寧に使ったフレンチ&イタリアン。


おっさん女子の吉祥寺パトロール(80) 吉祥寺・居酒屋ランチ選手権、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(80) 吉祥寺・居酒屋ランチ選手権、の件

世間は、お正月気分からやっと日常に戻ってくる時期ですが、日常と言えば、お昼のお楽しみ=ランチですよね。 で、おっさん女子的には、安い! コスパが高い! 店にキャパがあるので並ばない! チェーン居酒屋のランチを推奨します!


ランキング


>>総合人気ランキング