MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
『焼肉 炭聖』でA5黒毛和牛トップクラスの究極のウマさに悶絶!

『焼肉 炭聖』でA5黒毛和牛トップクラスの究極のウマさに悶絶!

焼肉 炭聖 谷中店(焼肉・ホルモン・鉄板焼き(その他)/谷中)|A5黒毛和牛専門の焼肉店は数あれど、これほど極め付きのA5を出す店はそうはない。店主の許さんは芝浦市場に足を運び、場内にある卸会社の冷蔵庫から、特に質の高いものだけを部位ごとに買い付けている。

焼肉 炭聖 谷中店(最寄駅:日暮里駅)

肉と泡で一杯 A5のなかでもトップクラス 究極のウマさに悶絶!

上カルビを塩だけで食べさせるのは、その肉質に対する絶対的な自信のあらわれだろう。さらにコチュジャンやラー油などの調味料をはじめ、キムチもすべて自家製で、タレにもスープにも化学調味料は一切使用しない。手間ひまかけたサイドメニューのウマさも特筆ものだ。土・日・祝は、この味をリーズナブルに味わえるランチ営業も行っている。

厚切り上タン塩
1950円

1本のタンから2人前しかとれない、超絶柔らかな根元だけを使用

塩上カルビ
1500円

味付けは塩のみ! 牛肉の脂の甘みと旨みが口の中で弾けるように広がる、まさに逸品だ

谷中冷麺(黒)
1000円

コチュジャン入りの自家製黒ごまペーストを冷麺と和えた汁無し麺。添えられた自家製ラー油が食感と香りのアクセント

名物和牛モモと海老、帆立のフュージョン
1個500円

トモサンカクの表面を軽く炙り、北海道産のホタテと生エビのタルタルをオン。ひと口で頬張れば、肉と海鮮からあふれる多重な甘みが広がる。トリュフオイルをかけてより風味豊かに仕上げている

お店からの一言

代表取締役 許 聖周さん

「前菜からデザートまですべて手作りです」

焼肉 炭聖 谷中店の店舗情報

[住所]東京都台東区谷中7-18-16 OSTIA 1階 [TEL]03-5809-0787 [営業時間]17時~24時(23時20分LO)、土・日・祝12時~15時(14時半LO)、16時~23時(22時LO)※ランチタイム有 [休日]水 [席]計26席/全席喫煙可/予約可/夜のみカード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR山手線ほか日暮里駅西口から徒歩3分

電話番号 03-5809-0787
2018年5月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
1948(昭和23)年、店主・河野司さんの父が創業。以来70年、町屋の人たちに愛されている老舗酒場だ。
昭和29年、屋台からスタート。14種の具材を練ったジューシーな餡と、香ばしい皮の絶妙なバランスの餃子はたちまち人気を博し、現在は博多駅近くにビルを構えて営業中。
窯焼きピザとクラフトビールの店。パン職人を経てピザ職人になった店主が作る生地は、小麦粉の配合と寝かせる時間がポイント。
 穴子は、お魚マイスターの資格を持つ魚屋から、東京湾に面した金沢八景のものを使用。ふっくらと柔らかな身質を味わってほしいと、開店以来30年継ぎ足した煮汁で煮上げしたものを握る。
 明治10年に魚市場で開業し、市場の移転と共に現在の場所へ。代々築いてきた信頼のもとに、厳選された旬の魚介を優先的に仕入れられるのが強みだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt