MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
日本酒ととびきりのアテで一献!谷中のBAR『サケトアテ 珍念』

日本酒ととびきりのアテで一献!谷中のBAR『サケトアテ 珍念』

サケトアテ 珍念(バー/谷中)|2017年9月、よみせ通りに新たなバーがオープンした。アルコールはビールやワイン、ウィスキーなど、ひと通り揃えているが、とりわけ力を入れるのが日本酒だ。

サケトアテ 珍念(最寄駅:日暮里駅)

日本酒とつまみで一献 〆はレア酒でしっぽり

定番酒として置くのは、店主の出身地・山口県の酒をはじめ、バランスのとれた飲み飽きしない銘柄4種。他にも、都内では珍しい地方の小さな蔵元の酒を、その時々で入れ替えつつ品書きに載せている。店主は雑誌や書籍の元編集者。各地の取材先で自身が出会った、とびきりのアテも出してくれる。

鮭のへそ燻製
500円

脂がのった腹びれ部分

鮭白子の燻製
400円

生麩のような弾力を楽しめる

とうふみそ漬
400円

6ヶ月熟成の濃厚な味わい

百々登勢五年 長期熟成純米酒
900円

厚みのある酸味と旨みが口に広がる

谷根千セット
800円

根津の酒屋が開発したオリジナル銘柄と、おまかせのアテ1品のセット(19時まで)

お店からの一言

店主 中村正則さん

「谷中散策の〆にゆるりと過ごして」

サケトアテ 珍念の店舗情報

[住所]東京都文京区千駄木3-44-9 パレ・ドール千駄木Ⅱ B101 [TEL]03-5809-0120 [営業時間]17時~24時 [休日]木 [席]計10席/全席喫煙可/予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR山手線ほか西日暮里駅、地下鉄千代田線千駄木駅2番出口から徒歩5分

電話番号 03-5809-0120
2018年5月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
1923年に創業し、現在は四代目の兄弟が営業。取り扱う酒は多岐にわたるが、メインは日本酒。
更新: 2019-05-14 15:47:44
 2017年10月にオープンした滋賀県のアンテナショップ『ここ滋賀』。その1階にある気軽な地酒バーだ。
更新: 2019-05-20 13:24:28
 2018年6月上旬、日本橋界隈がざわついた。あの『はせがわ酒店』が初の飲食併設店舗を福徳神社の裏にオープンさせたのだ。
更新: 2019-05-20 13:29:38
 伊勢佐木町商店街の関内駅側出入口から野毛へと抜ける道すがらの一角こそ“バーの街”とも呼ばれる吉田町。そこで木と鉄格子のワイルドなファザードで待ち受けるバー。
更新: 2019-03-22 18:00:00
 “バーの街”吉田町を、大きな窓から見下ろすようにたたずむこの店のテーマは「バー未経験の女性がひとりで安心して来られる店」。それもそのはず、オーナーは女性バーテンダー!ならではの洗練された空間だ。
更新: 2019-03-21 18:00:00
最新の投稿
店主は毎朝築地へ足を運び、勝ち得た信頼と目利きにより入手した天然ものの魚にこだわる。そんな和食店で提供される、肉好きも大満足のメニューが右の逸品。
更新: 2019-05-20 12:00:00
「かろかろん♪」と鈴が鳴るドアを開けると、アフリカ調の素朴な色合いと華やかさが入り混じったリラックス空間が広がる。多国籍の雑貨を売っていた所に、お茶や食事を楽しめるスペースを開設したのが始まり。
更新: 2019-05-20 11:44:41
洋食店としての創業ながら、先代はとんかつ専門店だったという歴史を持つ店の当代が打ち出したのは、驚くほどふわふわのハンバーグ。「子どもの頃、親父が作るハンバーグが好きで、それを再現したかった」と店主は笑う。
更新: 2019-05-20 11:47:44
ここ最近の吉祥寺で、おっさん女子が、ちょっと流行ってるんじゃないの? と思っているのは、N.Y.スタイルのお店です。 N.Y.のパン屋、N.Y.スタイルのカフェ……と、何軒かお店ができるにあたって、「N.Y.料理って一体何?」という激しい疑問が……。
更新: 2019-05-17 16:03:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt