MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
ふわモチッと軽やかな食感が旨いピッツァは500円から!

ふわモチッと軽やかな食感が旨いピッツァは500円から!

根津Italian Chama Chama(イタリアン/根津)|さてチャマチャマと聞いて何を連想する? ここで「お茶の間の茶間」と浮かんだアナタはエライ!

根津Italian Chama Chama(最寄駅:根津駅)

老いも若きも笑顔あふれる根津の"お茶の間"

築70年になる古民家を改装したこの店こそ、「一家団欒のような寛ぎの空間に」と店名に想いを込めた"根津のお茶の間"なのである。せっせと料理を仕込んで待っているのはイタリアンなどで腕を磨いたシェフの栗山さん&気さくなスタッフたち。どれどれメニューを見れば15種のピッツァが500円~という懐にも優しき値段でうれしくなる。生地は2種の国産小麦粉をブレンドし、ふわモチッと軽やかな食感で旨いっ。

ポーション小さめのつまみ類はひとり客への配慮から。ガッツリ派には1キロのTボーンステーキなんてご馳走もある。おまけにイタリア全土各州の郷土料理も毎月順番に提供しており、いつ訪れても新しい発見があるはず。ワイン片手に食事を堪能した後は、バリスタがネルドリップで淹れる自家焙煎コーヒーも忘れずに。さあお茶の間の"家族"の一員になりにいこう。

ピッツァ チチニエリ
1150円

駿河湾のシラスとフレッシュトマトに岩海苔の風味が香り高い味。モチモチの生地は国産小麦粉を2種ブレンドし、24時間低温発酵させたもの。400℃の石窯で2分ほど焼く。持ち帰りも可

骨付き仔羊肉のカチャトーラ風
1460円(季節のメニュー)

毎月テーマが変わるイタリア各州の郷土料理。写真は首都ローマがあるラツィオ州のひと皿(3月)。仔羊肉をソテーし、ヴィネガーをベースに白ワインなどを加えたソースに絡めて仕上げる

自家スモークした信州サーモンのマリネ
1150円

桜ウッドで軽く冷燻にした信州産のサーモンはほのかにスモーキーな香り。野菜は九十九里の契約農家から仕入れる

お店からの一言

統括 栗山隼さん

「土・日・祝は12時からやってますのでお気軽にどうぞ」

根津Italian Chama Chamaの店舗情報

[住所]東京都文京区根津2-21-3 [TEL]03-5809-0069 [営業時間]16時~翌1時(24時LO)、土・日・祝12時~24時(23時LO)※ランチタイム有 [休日]水 [席]全30席/17時~喫煙可/予約可/カード不可/サなし、席料300円別 [交通アクセス]地下鉄千代田線根津駅1番出口から徒歩2分

電話番号 03-5809-0069
2018年5月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 和食器を彩るのは華のあるイタリアン。コースで楽しむ? それともアラカルト? どちらにしてもズワイガニのパスタは必食だ。
2018年6月オープンした旬の食材を使った骨太なイタリアン。冷菜や温菜などワインのお供に最適なつまみ系メニューも多く揃え、まさに“ふらっと”立ち寄るのにピッタリの1軒だ。
アラカルトでも楽しめるイタリアン&ワインバー。店主の選ぶイタリアなどの自然派ワインと奥様のつくる料理の相性も抜群。
 今やレベルの高い店が揃うという意味で、フレンチ同様に注目を集める神楽坂イタリアンだが、創業16年のこちらはその象徴ともいえる存在。磨き上げられた木の床に糊の効いたクロスがかかったテーブルがゆったり配された店内は、正統派のリストランテの佇まい。
店名の“タンテ”はmanyで“ボーネ”はgoodを意味する。多くの“ボーネ”な料理が揃うなかで目を引くのが、スフィンチョーネとピアディーナ。
 意外なほど朝ご飯が充実している鎌倉にあって、ここは別格。京都の朝食の名店が今年春に鎌倉店をオープンした。
1948(昭和23)年、店主・河野司さんの父が創業。以来70年、町屋の人たちに愛されている老舗酒場だ。
昭和29年、屋台からスタート。14種の具材を練ったジューシーな餡と、香ばしい皮の絶妙なバランスの餃子はたちまち人気を博し、現在は博多駅近くにビルを構えて営業中。
窯焼きピザとクラフトビールの店。パン職人を経てピザ職人になった店主が作る生地は、小麦粉の配合と寝かせる時間がポイント。
 穴子は、お魚マイスターの資格を持つ魚屋から、東京湾に面した金沢八景のものを使用。ふっくらと柔らかな身質を味わってほしいと、開店以来30年継ぎ足した煮汁で煮上げしたものを握る。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt