MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
じわっと旨さの幸福感が心を満たす!根津『瞬彩 真』

じわっと旨さの幸福感が心を満たす!根津『瞬彩 真』

瞬彩 真(日本料理/根津)|根津にまたひとつ、魅力的な和食店が誕生した。いい店の条件は人それぞれだけど、言うなればここは店主の誠実さがどの料理にも感じられることだろう。

瞬彩 真(最寄駅:根津駅)

切な"瞬"間を"彩"り豊かに"真"心込めて

加えて女将は明るく働き者。それだけで通いたくなる。例えばダシは毎日丁寧に仕込むこと。魚の処理は調理に合わせて手間を惜しまないこと。「当たり前ですが基本を守らないと全ての味がダメになるので」。店主の言葉は控えめながら納得させられる。アラカルトもいいが、女将の実家の農家が作る富山米の土鍋ご飯コースならご覧の充実度。旬の刺身やおばんざいなど、じわっと旨さの幸福感が心を満たす。富山の酒屋直送の北陸の酒と楽しもう。

土鍋ごはんコース
5400円(前日までの要予約・内容は仕入れで変わる)

鰹と昆布の合わせダシで炊く桜鯛の土鍋ご飯。季節によって桜エビや鰻なども。通常のご飯は羽釜で炊く

先附(手づくり胡麻豆腐)、前菜(菜の花の昆布締め、ばい貝旨煮、たたみいわし、うるいのお浸し)、お口直し(ホタルイカとうどの辛子酢味噌がけ)
 

「手づくり胡麻豆腐」はコシが出るように30分ほど練り込んで仕上げた逸品。前菜も季節感あふれる

お造り盛り合わせ(本鮪、伊佐木、本みる貝、赤貝貝ひも、地蛸)、油物(地蛤と椎茸のはさみ揚げ、うどと菜の花の天ぷら)、焼物(鰆の西京焼き、筍の醤油焼き)
 

築地で仕入れる旬の魚の刺身や風味豊かな西京焼き、趣向を凝らした天ぷらは目にも口にも楽しい

お店からの一言

女将 真梨さん

「故郷の富山の酒屋から仕入れる日本酒はレア物もあります」

瞬彩 真の店舗情報

[住所]東京都台東区谷中1-3-4 [TEL]03-5834-8070 [営業時間]11時半~14時、17時半~22時半(22時LO)※ランチタイム有 [休日]水 [席]全18席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、夜はお通し500円別 [交通アクセス]地下鉄千代田線根津駅1番出口から徒歩3分

電話番号 03-5834-8070
2018年5月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
全コースに登場する文字通りの看板料理、それが鯛茶漬けだ。店主の内山さん曰く「好きだった修業先の味」で、独立の際に自身の店でも定番で出すようになった。
更新: 2019-02-25 12:00:00
銀座の高級日本料理と聞けば身構えるがこちらは例外。全てが一流でありながら、明るく清々しい接客で緊張をゆるりとほぐしてくれる。
更新: 2019-02-24 12:00:00
ランチと言えど仕込みも器もしつらえも妥協なし。それは美しい料理の数々をひと目見れば分かるだろう。
更新: 2019-02-23 12:00:00
至高の食材を使った会席コースが3000円台、しかも銀座でいただけるなんて胸の高まりが抑えられない。蓋を開ければ旬の味覚が詰まった玉手箱仕立ての八寸や、春頃なら水槽から取り出して調理する稚鮎の天ぷらなど、思わず感嘆の声が漏れる美味しい驚きが次々と。
更新: 2019-02-22 12:00:00
煮物、焼き物、あるいはそのままで。四季折々の海や山の幸の味わいを生かし、様々に見目麗しく調理する。
更新: 2019-02-03 12:00:00
最新の投稿
「まともな料理が食べられるバー」を標榜するのは伊達じゃない! 100円の廉価なおつまみから、オードブル、パスタに本格的な中華、極めつけは日替わりでネタの変わるにぎり寿司(ネタには本格的に返しが!!)までメニューにのぼり、カクテルも本格的なオリジナルかつ無敵感満載のバー!
更新: 2019-03-18 18:00:00
谷町筋沿いにある居酒屋「珠」は、開店からちょうど5周年。 創作料理がおすすめの居酒屋で、この近辺の住民や近隣で働く人たちに愛され、いつも人でごった返している。とくに、おススメの「ホルモン炒め」(580円)はマル秘レシピの、激ウマ料理だ……。
更新: 2019-03-18 16:05:00
名古屋の玄関口、名古屋駅界隈には名古屋めしを出す店が軒を連ねている。 名古屋駅構内の名古屋中央通りにある『マーメイドカフェ JR名古屋駅店』もその一つ。しかも、「ちょっと変わった名古屋名物を……」ということで、青柳総本家「青柳ういろう」と、店自慢の「クロワッサン」とのコラボを考えたのだった……。
更新: 2019-03-18 16:00:00
 トスカーナ地方で4年半修業していたシェフによる豪快さと巧緻さを伴う料理に、舌だけでなく心もグッと掴まれてしまった。 特注の炭焼き台で丁寧に焼かれた「フィレ肉の炭火焼き」は柔らかで肉汁があふれ、放牧牛ならではの滋味を感じる力強い味わい。
更新: 2019-03-17 18:00:00
 看板商品の「アマトリチャーナ」は、イタリアで7年間修業したシェフが現地の素材を使い、作り方を守り、徹底して本場の味を再現。ディナーで使うプカティーニは、天日干しされた希少なもの。
更新: 2019-03-16 12:00:00