MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
名古屋エリア限定グルメ情報(58) 梅茶漬けでシメるひつまぶしを名物に! うなぎの新店『ひつまぶし 花岡』の挑戦

名古屋エリア限定グルメ情報(58) 梅茶漬けでシメるひつまぶしを名物に! うなぎの新店『ひつまぶし 花岡』の挑戦

ここ2、3年、名古屋ではうなぎ店のオープンが相次いでいる。とくに名古屋駅や栄など都心部に多いところを見ると、ひつまぶし目当ての観光客を取りこみたいという店側の意図がうかがえる。 2016年8月、名古屋・栄3丁目に開店した『ひつまぶし花岡』もその一つ。店名の通り、ここはひつまぶしが名物だ……。

梅茶漬けでシメるひつまぶしを名物に! うなぎの新店『ひつまぶし 花岡』の挑戦


ここ2、3年、名古屋ではうなぎ店のオープンが相次いでいる。

とくに名古屋駅や栄など都心部に多いところを見ると、ひつまぶし目当ての観光客を取りこみたいという店側の意図がうかがえる。

観光客であれば、多少値段が高くても「せっかく名古屋へ来たのだから」と財布の紐も緩くなるのだ。


2016年8月、名古屋・栄3丁目に開店した『ひつまぶし花岡』もその一つ。

店名の通り、ここはひつまぶしが名物。

どの店もそうだが、使用するうなぎの量によって値段が変わる。

3/4尾のうなぎを使った「ひつまぶし 花」(3434円)を注文することに。


おおっ!

お櫃に入ったご飯の上には、肉厚なうなぎがギッシリと敷き詰められているではないか!

これもまた他店と同様に、ひつまぶしにはお吸い物と漬物、薬味、だし汁が付く。

薬味の内容は、ネギとワサビに……ん?

梅干しと大葉!?

うなぎと梅干しは、昔から食べ合わせが悪いとされていたが……。



「食べ合わせについては本当に危険なものから迷信のようなものまでさまざまありますが、うなぎと梅干しは後者ですね。
実は梅干しがうなぎの油分の消化を助け、胃の調子を整えてくれるんです。
また、梅茶漬けにすると、さっぱりとした後味が楽しめます。
うなぎと梅干しは栄養学的にも味覚的にも非常に理に適った組み合わせなんですよ」
と、店長の古田直也さん。


『ひつまぶし 花岡』のオーナーは、うなぎ店を開くのが長年の夢だったそうで、うなぎの焼き加減やタレの味付けなどは独学で学んだという。

開店に向けて、試作と試食を繰り返すなかで、夏バテ防止にうなぎを梅干しとともに食べてみたところ、思いのほか美味しかったというのがきっかけだったとか。



「うなぎと梅干しの食べ合わせは迷信とはいえ、ネガティブな要素であることは間違いありません。
やるべきか否か、すごく迷いましたが、あまりにも美味しかったので、梅茶漬けで〆るひつまぶしを店の名物にしようと思い立ちました。
新参者だからこそできたのだと思っています」(古田さん)



では、早速食べてみよう。

まずは、そのまま食べて、うなぎの焼き具合やタレの味、ご飯の炊き加減をチェックする。

うん、うなぎは肉厚ながらも身はフワフワ。

口の中でとろけるような食感だ。

パリパリで香ばしさが後を引く。

タレはやや甘めの味付けで、ひつまぶしそのものの完成度はかなりのもの。



そして、いよいよ〆の梅茶漬けだが、味がまったく想像できない。

梅干しと大葉をのせたうなぎご飯の上にだし汁をかけて、いただきます!

あっ! 梅干しがそんなに酸っぱくない。

これは、蜂蜜に漬け込んだ梅干しだ。

ほのかな酸味が甘めのタレとうなぎそのものの旨みや香ばしさが口の中で一体となる。

このさっぱりとした味わいは、今までに味わったことがないほど爽やかで、うなぎを食べた後とは思えないほど。


「梅干し以外にもいろいろ考えてますよ。
これからも新参者にしかできないことに挑戦していきますので楽しみにしていてください」と、古田さん。


考えてみれば、ひつまぶしも元々は創作料理であり、今までにない新しい食べ方を提案する店があっても不思議ではない。


ひつまぶし 花岡
[住所]愛知県名古屋市中区栄3-8-115 サンリツノースビル2階/
[TEL]052-252-2733
[営業時間]11時~15時、18時~22時
[定休日]月曜









永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。

このグルメ記事のライター
永谷正樹@まとメシ

名古屋メシの専門家として、実際に食べてみて本当に美味しかったものや、名古屋のグルメ事情について、好き勝手に書き綴る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
名古屋では、ここ10年くらいの間に5000円程度で本格的な寿司が味わえる店が少なくなった。 そんななか、JR中央本線大曽根駅前の『おおぞね鮨』は、今年5月にリニューアルオープンしたのを機に驚くべき変貌を遂げた。 もっと地元の方が気軽に楽しめるように、思いきってリーズナブルな価格にしたというのだ……。
更新: 2019-07-09 16:15:00
今回紹介するのは、亡くなった両親とよく食べに行った、私にとって思い出深い店。 たまたまSNSで店主と繋がって取材することができたのである。 その店は、1989(平成元)年、愛知県岩倉市に開店した『うなぎ亭 不二』。 私の両親はうなぎが大好物だった……。
更新: 2019-07-01 16:01:00
名古屋めしのなかでもイマイチ注目度の低いきしめんを見つめ直そうと、地元で昔から営んでいる店を食べ歩くようになり、その旨さに驚愕したお店のうちの1軒が、今回紹介する愛知県西春日井郡豊山町にある『みのや』だ……。
更新: 2019-06-24 16:00:00
JR中央本線・地下鉄東山線千種駅の北に寿司やとんかつ、焼き鳥など飲食店が軒を連ねるエリアがある。 安くて旨い穴場の店が多く、これまで何軒か取材をしたこともある。今回紹介するのは、その千種駅北エリアに今年5月にオープンしたばかりの『花○商店 千種店』だ。
更新: 2019-06-03 16:02:00
名古屋でふわとろの親子丼ブームの火付け役となった『とり五鐵』。親子丼の元祖、東京・日本橋人形町『玉ひで』の八代目当主、山田耕之亮氏プロデュースのとり料理専門店だ。 この名店で、このほど新しい親子丼がメニューにわえられたというので、早速、食べに行ってみた……。
更新: 2019-05-27 16:05:00
最新の投稿
 「担々麺は食事の最後に食べていただくので、できる限りシンプルを心掛けています」と店主の中村さん。化学調味料などを一切使わない中村さんの中華料理は、味に奥行きを持たせるために発酵調味料を駆使する。
更新: 2019-07-22 12:00:00
うなぎは地下水で2日間生かした張りの良いもの、米は精米したての香り豊かなもの、熱々を提供するためタレは湯煎で温めてご飯にかけるなど、短い文章では到底書き切れない店の姿勢はこのうな重を食せばわかるはず。昭和12年に創業した八王子の本店は信頼する職人に任せ、2年前に出店した吉祥寺店を切り盛りするのが日本料理店でも修業した3代目だ。
更新: 2019-07-22 13:14:53
約30年間営業を続けた老舗が幕を下ろし、若き店主・島田さんが昨年同じ屋号で再スタートを切った。うなぎは地焼きの関西風と、蒸しの入った関東風のどちらも味わえるのがこの店ならでは。
更新: 2019-07-22 13:04:43
吉祥寺で焼肉といえば、地元で大人気の行列店『R』である。 しかし、今、吉祥寺は「ひとり焼肉」がブームの兆しなのであった……。 おひとり様上等のおっさん女子もこのブームにちょっと乗ろうと思って、パトロールをしてみたので、その結果をお伝えしようと思います。
更新: 2019-07-19 15:48:00
堺市の本店は、元々うなぎの持ち帰り専門店として営業。50年近くの歴史を持つ。
更新: 2019-07-22 13:32:51

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt