MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
至福の鯖百選[5] 加速する「サバ加工品おしゃれ化現象」の決定版? 衝撃のおしゃれサバ干物がデビュー!

至福の鯖百選[5] 加速する「サバ加工品おしゃれ化現象」の決定版? 衝撃のおしゃれサバ干物がデビュー!

サバ缶ブレイクの発端ともいえるのが、パッケージデザインや味付けを工夫した「おしゃれサバ缶」の登場。 そして、2018年12月。加速する「サバ加工品おしゃれ化現象」の決定版ともいえる、画期的なサバグルメがデビューした。 「アタラシイヒモノ サバ」。衝撃の「おしゃれサバ干物」である。

加速する「サバ加工品おしゃれ化現象」の決定版? 衝撃のおしゃれサバ干物がデビュー!


2018年、大ブームとなったサバ。

ブームのきっかけともいえる、サバ缶ブレイクの発端ともいえるのが、パッケージデザインや味付けを工夫した「おしゃれサバ缶」の登場。

このトレンドは、しめさばをはじめとするサバ加工品にも影響を及ぼし、続々とおしゃれに進化。

たとえば前々回の記事で紹介した岩清「鯖デリ」のように、スタイリッシュなパッケージ、味付けもハーブなどを駆使した洋風と、これまでに類をみない商品が発売されるようになった。

そして、2018年12月。

加速する「サバ加工品おしゃれ化現象」の決定版ともいえる、画期的なサバグルメがデビューした。

「アタラシイヒモノ サバ」。

衝撃の「おしゃれサバ干物」である。


そして、単に「おしゃれ」だけではない商品だ。

発売したのは「dot science(ドットサイエンス)」。

ヤフージャパンでWebマーケターとして活躍した小澤亮さん、「ゴ・エ・ミヨジャポン2018」期待の若手シェフ賞を受賞し、海外からも注目を集める気鋭のシェフ・田村浩二さん、農業科学者の木村龍典さんらがタッグを組み、食の課題解決に取り組む専門家集団だ。

「アタラシイヒモノ」は、日本を代表する伝統食・干物をフレンチの技術でアップデートすることを目指したブランド。

田村さんのアドバイスをもとに、神奈川県真鶴市の老舗干物店「魚伝」5代目の青木良麿さんが、開発を進めた。

[真鶴で150年以上の歴史を誇る老舗干物店「魚伝」]

[魚伝・青木良麿さん(左)と、シェフの田村浩二さん]



2018年9月に発売された第1弾は「キンメダイ ハーブ&ガーリック」。

調味液にハーブを使用、仕上げにハーブ&スパイスを振りかけて仕上げた、前代未聞の「キンメダイの干物」である。

驚きの「洋風干物」は、従来の「焼くだけ」の「ごはんの友」とは一線を画する。

「調理素材」として使えて、「パン」などにも相性バツグンの干物なのだ。

たとえばフライパン調理で、野菜と組み合わせればいとも簡単に、プロ仕様の「アクアパッツァ」や「ブイヤベース」が再現できると話題をよんだ。

そして、満を持して第2弾として登場したのが、「サバ」だ。

無類の「干物男子」が送り出す、衝撃のサバの干物とは……?


ドットサイエンスの小澤さんは、静岡県三島市出身。

子どものころから「食卓に干物」は青空のごとく当たり前の光景。

筋金入りの「干物男子」だ。

「東京のスーパーの干物コーナーに驚きました」と小澤さん。

「狭すぎる!! 静岡は、もーーーーーーーーーーーーっと広いです!!」。

干物育ち、干物LOVERとしては信じられない東京の光景。

「もっと、たくさんの人々、そして僕と同じ30代はじめ、若い世代にも気軽に干物を楽しんでもらいたいと思います」


さらに、小澤さんは無類のサバ好きである。

なにせ至福のひとときは、「銭湯に入ったあと、食堂でサバの定食を食べること」だ。

「いやあ、サバ、美味しいですよねえ」とうっとり顔の小澤さん。

「食堂のメニューには、いろんな魚が並んでいるんですけど、なんか選んじゃうんですよね。サバを」

[魚伝にはさまざまな干物があるが、
サバの干物は指名買いの多い商品]

[魚伝自慢の、サバをはじめとする干物]


そんな小澤さんが、魚伝のあまたの干物のなかでもとくにほれ込んでいたのが「サバの干物」だ。

もともと、魚伝のサバの干物は東京はじめ、日本各地のデパートの催事でも高い人気を誇る。

真鶴はサバの水揚げが豊富。

魚伝の初代は漁師、2代目は仲買人。

地元の海の幸を知り尽くした目利きで、サバを仕入れ、こだわりの干物を作り続けてきた。

いまも代々受け継がれてきた方法で、一枚一枚手作業で干物づくりが行われている。

サバは包丁を入れ、内臓を取り出したら一匹一匹ブラシを使ってしっかりと洗う。

臭みの原因となる血のりや油を、徹底的に洗い落とすのだ。

三枚におろしたら身の大きさ、厚み、脂のりを見極め、旨みを最大限に引き出す調味液に漬け込み、干す。

[青木良麿さんの父である良修さんはじめ、
従業員一同でサバをていねいに洗う]

そんな絶品サバ干物が、どんな変貌を遂げたのか?


「サバチョリソーです」

チョリソー!?

田村さんが「スペイン風」にリデザインしたという、おしゃれなパッケージの中にたたずむサバの干物は……。

あ、赤い!

[「アタラシイヒモノ サバチョリソー」。さわやかな辛味がたまらない!]


「見た目の主張、ハンパないですよね(笑)」と小澤さん。

それもそのはず、調味液に使用されているのは唐辛子、にんにくなど。

干物業界の常識ではありえない「真っ赤な調味液」は、魚伝の従業員を絶句させたらしい。

仕上げには、再度、唐辛子とパプリカパウダーを振りかける。

開発中、魚伝の青木さんは、乾燥機で作業部屋に舞い散った唐辛子を「全身に浴びる」という事態にも遭遇したらしい。

[青木良麿さんは家業を継いで10年、34歳の五代目。過疎化が進む真鶴を干物で盛り上げようと奮闘中]


まさに命がけで開発されたチョリソー風味。

まずはそのまま焼いて食べてみる。

脂のりバツグン、ほくほくした身に、田村さんの技がいきた、深みのあるさわやかな辛味。

ん?

んんん?

肉降臨!

サバなのに、まるでソーセージのような味わい! 

干物なのに叫んだのは「ビール飲みたい!!」 

[小澤さんイチオシ「サバチョリソーのアラビアータ」。サバ干物はベーコンだ!と実感する一品]


「サバサンドには、バツグンにいいです」と小澤さん。

「あと、アラビアータ風のパスタにすると、めちゃめちゃ美味しいです。

田村曰く、『干物は『ベーコン』の代わり』になるんですよ」。

旨みが凝縮したサバ干物とトマトが組み合わさると、確かに奥行のある濃厚なソースに! 

なるほど。「ベーコン」と考えれば干物の応用範囲は無限大! 

しかも、田村さんによる巧みなスパイス使いで、料理がとんでもなく複雑な味わいに仕上がる。

これなら料理ベタも、ホムパで一目置かれること間違いなし! 

[「サバチョリソーのソムタム」。サバチョリソーをタイ料理にアレンジ!]



これ、メキシカンな感じも合うだろうなー。

というわけで、サバチョリソーを使ったジェンヌの一品。

「サバのチリビーンズ風」。

サバチョリソーの旨みとスパイスが染み出たスープが美味しすぎる! 

よって、豆もとんでもなく旨くなる!

[ジェンヌ作「サバチョリソーの薬膳チリビーンズ風」。
トマト缶、大豆、パプリカとサバチョリソーを煮込む。ジェンヌ、いちおう本業は薬膳アテンダント。
血行促進、肩こり、美白におすすめ]


さらに、今回はサバでもう一品が登場。

「サバの黒七味」だ。


[「アタラシイヒモノ サバ黒七味」。山椒の風味が旨みを際立たせる]


ベースとして使われているのは、魚伝自慢の「サバみりん干し」。

しょうゆ、酒、みりんと三温糖の調味液を使ったみりん干しは、コクがあり、焼いても身がとろっとした仕上りで、まるで煮つけを食べているかのような味わい。

「白めしキラー」な一品だ。

[魚伝自慢の「サバみりん干し」。
なんでこんなに身がコクうまでとろけるのか、
ミラクル!!!]


こちらはどんな変化を!?

「黒七味を使っています。『ニュージャパン風』です」

魚伝ならではのみりん干しの美味しさを、さらに山椒がいきた黒七味で引き立て、ピリリとしめる、という田村さんのアイデアだ。

まずは、そのままオリーブオイルで焼いてみた。

ひと口かじると、またまた「肉」という言葉が頭をよぎる。

ん?

「ステーキ!?」

濃厚な味わいのみりん干しが黒七味の風味で、ペッパーステーキ的な感じがする!

丼ごはんにベビーリーフと一緒にのせて、「ステーキ丼」みたいに食べても美味しいかも。

[ほぐしたサバ黒七味と薬味をのせ、あつあつのだし汁をかけていただく
「サバ黒七味のだし茶漬け」]


「そうそう、ごはんとはもちろんの相性。
旨みをいかして、だし茶漬けや、炊き込みご飯にするのがおすすめ」と小澤さん。

[「サバ黒七味の炊き込みご飯」。サバ好きならノックアウトされる味わい!]


「煮物に使っても、スパイシーな感じがいきて絶品ですよ」。

[「サバ黒七味の煮物」。サバ黒七味と野菜を酒で煮込むだけで、絶品の味わいに!]



進化したサバ干物は多彩なアレンジが可能。

ジェンヌ的にいうと「サバリエーション」豊富すぎ! 

そのうえ、和でも洋でも「センターポジション」をはれるのだ。


ほっこり和食の日も、ワインで乾杯の日も、いつでもそこにサバ。

そんなサバらしい風景を、「アタラシイヒモノ サバ」で実現していただきたい。


■アタラシイヒモノ
https://himono.design/
伊勢丹新宿店本館地下1階・フレッシュマーケットで、1月12日(土)より販売予定。
また宮城漁師酒場 魚谷屋でもメニューとして提供中。






池田陽子(いけだ ようこ)
サバファンの集い「鯖ナイト」や、日本中のサバ好きが集まる「鯖サミット」などの活動を担う「全さば連(全日本さば連合会)」広報担当/サバジェンヌとして活躍。本業は薬膳アテンダント/食文化ジャーナリスト。著書に『ゆる薬膳。』(日本文芸社)、『缶詰deゆる薬膳。』(宝島社)、『春夏秋冬ゆる薬膳。』(扶桑社)、「ゆる薬膳。」はじめたらするっと5kgヤセました!(青春出版社)、『サバが好き!』(山と渓谷社)など。

このグルメ記事のライター
池田 陽子@まとメシ

サバファンの集い「鯖ナイト」や、日本中のサバ好きが集まる「鯖サミット」などの活動を担う「全さば連(全日本さば連合会)」広報担当/サバジェンヌとして活躍。本業は薬膳アテンダント/食文化ジャーナリスト。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
サバが古来より郷土料理として身近なのが「鯖街道」を有する福井県若狭地方。 「行き腐れ」といわれるほど足がはやい鯖の鮮度保持のために、独自の加工技術が発達した。代表的なものが「サバのへしこ」(サバのぬか漬け)。この地域ならではの保存食だ。
11月2日、3日に開催されるサバグルメの祭典「鯖サミット2019In八戸」。 会場となる青森県八戸市は、「サバ缶としめさばの聖地」でもある。 そんな八戸の珠玉のサバグルメが一堂に会するのが、飯田橋の青森県アンテナショップ「あおもり北彩館」だ……。
全国の多彩なサバ料理が楽しめる「鯖サミット」。全さば連が事務局となって、2014年から毎年、秋に産地およびサバに力を入れている地域を巡回して開催、毎年数万人の来場者で大にぎわい!! 今年は、11月2、3日に開催される「鯖サミット2019in八戸」の情報を紹介します。
銀座の福井県アンテナショップ「食の國 福井館」は、鯖街道を有する福井だけあって、サバグルメもラインナップが豊富! 店内には、まるで夜空に輝く星のように珠玉のサバ商品が多数販売されている、まさに「サバ王国」なのだ!
「 ăn di(アンディー)」は、ベトナムスタイルのサンドイッチ「バインミー」の専門店。 ベトナム独特のやわらかなバケットに、肉や魚、大根とにんじんのなます(甘酢漬け)、パクチーなどをはさんだバインミーに魅了された島田孝子さんが、2013年にオープン。現地の味を学んだこだわりのバインミーが大人気。そしてサバファンのハートをわしづかみにしているのが「サバのバインミー」だ。
 明治10年に魚市場で開業し、市場の移転と共に現在の場所へ。代々築いてきた信頼のもとに、厳選された旬の魚介を優先的に仕入れられるのが強みだ。
日々の仕事の不条理から生じる“やってらんない”感は、食べ物にそれなりのお金を投入&満足度を加速させ、自分を甘やかす作戦のおっさん女子です。 吉祥寺にはケーキ屋、カフェ、喫茶店などがムダにたくさんあるため、スイーツ入手には事欠かないのですが、今回は、やってらんない感を解消するためのスイーツを紹介します!
兵庫県西宮市で12年、関西のうどん好きを唸らせた店が東京進出。「青山ビルヂング」のレストランフロア「青山一番街」に出店を果たした。
 父親が中国人、母親が日本人という店主の揚原さんにとって、身近な存在だった水餃子。「もっと気軽に水餃子を食べてほしい」と、昨年8月にカフェスタイルでオープン。
おしゃれで色んなジャンルの飲食店が集まっている神楽坂エリアの「お得ランチ」を一挙ご紹介!おとなの週末のグルメライターが実食調査した結果、夜は敷居が高いけれど、お昼になら入りやすい和食店、高級な肉、イタリアンなどがたくさん見つかりました!

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt