MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
大阪ローカル穴場メシ情報[31] ヘルシーな羊肉にブームの予感!? 『ラム肉家398』のジンギスカンは生肉だけを提供

大阪ローカル穴場メシ情報[31] ヘルシーな羊肉にブームの予感!? 『ラム肉家398』のジンギスカンは生肉だけを提供

ヘルシー志向の昨今。2005年に大流行した羊肉が再び注目されているという。 ダイエットに適した食材ともいわれるものの、羊肉の臭みが苦手という人もいる。だが、心斎橋でオープンしたばかりの『ラム肉家398』は、ジンギスカンで提供する羊肉が生肉。臭みが少なくて、どれだけでも食べれてしまうんや……!

ヘルシーな羊肉にブームの予感!? 『ラム肉家398』のジンギスカンは生肉だけを提供


ヘルシー志向の昨今。

2005年に大流行した羊肉が再び注目されているという。

羊肉は鉄分やビタミン、亜鉛、カルシウム、カルチニンが豊富でダイエットに適した食材ともいわれていて、日本以外の国では頻繁に食されている。

ただ、羊肉の臭みが苦手という人もいるだろうが、心斎橋でオープンしたばかりの『ラム肉家398』は、ジンギスカンで提供する羊肉が生肉。

臭みが非常に少なくて、追加でどれだけでも食べれてしまうんや。



最初にオーダーした「ラム生ハム」(980円)のできばえにホレボレ。

豚よりも赤身の色彩が濃くて、噛み応えもしっかり系。

入手困難、希少な逸品だ。



生ハムは、ラム肉と言われないと、わからない人もいるぐらい。

お待ちかねのジンギスカン「生ラム肉」(980円)は、玉ねぎとトマトをトッピング。

このトマトの酸味と相性抜群。

焼き加減はレア。

生肉だからレアで食せるのだ。


先に「塩」からオーダー。

脂身が少ないのでついつい箸が進む。

次いで「タレ」も注文。

好みは人それぞれか!?



「追加ラム肉」(580円)で、「追加玉ねぎ」と「追加トマト」は、ともに380円。

お好みで「パクチー」(380円)も。


思いのほか、パクチーとラム肉はマッチした。

もちろん人気の「極・ラムチョップ」(980円)もある。


この肉厚なラム肉をじっくり焼いて……。


一気に食らいつく。

噛み応えもあって、肉本来の旨みが滴り落ちてきた。

ああ……、至福の瞬間。

赤ワインを片手に今日も酒がウマイ!

こんな生活、当分ヤメられへんわ~。


ジンギスカン ラム肉家398
[住所]大阪市中央区東心斎橋1-12-14 ゼルコヴァビル1F
[TEL]06-6245-0398
[営業時間]17:30~25:00(日~木)、17:30~27:00(金・土・祝前日)
[定休日]不定休






加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

このグルメ記事のライター
加藤慶@まとメシ

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
谷町筋沿いにある居酒屋「珠」は、開店からちょうど5周年。 創作料理がおすすめの居酒屋で、この近辺の住民や近隣で働く人たちに愛され、いつも人でごった返している。とくに、おススメの「ホルモン炒め」(580円)はマル秘レシピの、激ウマ料理だ……。
更新: 2019-03-18 16:05:00
愛くるしい笑顔とたどたどしい日本語が彼の人柄をすべてを表していた。 アメ村にある「ウブドスチ」はインドネシア、バリ島をルーツに持つ料理店。 このお店を切り盛りするニョマンはマネージャーで、常に笑顔で愛嬌いっぱい(笑)。 しかも、酒好きときた!
更新: 2019-03-07 16:05:00
しょんべん横丁にあった「トンキ」は、火災から見事復活。名物の焼きとんがなくなったが、もう一つの名物、餃子は今も健在だ。 「ギョウザ」(300円)はにんにく抜き。パンチがないと思いきや、ニラで十分の風味があって実に優しい味わいだ……。
更新: 2019-02-26 16:05:00
もともとは区役所の裏手にあった有名店が、約3年前に十三駅東口から徒歩2分の場所に移転。 『和屋』は、海鮮から創作料理まで、十三らしいお値打ち価格で食せる居酒屋だ。
更新: 2019-02-15 16:10:00
十三の西口にある海鮮居酒屋『9689食堂』の店主は、約5年前に専業主婦から転身。 「中央市場の知り合いから直接魚を買っているんで安くて新鮮な海鮮料理を提供できますよ」 朝の11時オープン。カウンターの8席というこぢんまりとしたお店は、昼から満席になることも多いのだ……。
更新: 2019-02-06 16:05:00
最新の投稿
 昼夜で名称こそ異なるが、このコースが昼夜共に1620円という衝撃価格!メインは週替わりで、ポークのコルドン・ブルーや肉汁あふれるハンバーグなど、フレンチの技法を駆使した実直な仕事が伺える料理が登場する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
吉祥寺の街をカオスに巻き込む花見シーズンがやってきました。 今年も店を求めて路頭に迷う人々が多そうです……。 桜のシーズンの井の頭公園はとても美しいですが、実は公園には謎なものがけっこうあります。今回は、そこにフォーカスしてみたいと思います……。
更新: 2019-03-19 16:05:00
グルメ雑誌「おとなの週末」の人気コラム「おいしい往復書簡」掲載店舗。マッキー牧本が関東でおすすめする担々麺をご紹介。姉妹でお店をきりもり。辛さの際立つ料理も多いなかで、どこかほっとするアットホームさが漂うお店だ
更新: 2019-03-19 11:31:58
「まともな料理が食べられるバー」を標榜するのは伊達じゃない! 100円の廉価なおつまみから、オードブル、パスタに本格的な中華、極めつけは日替わりでネタの変わるにぎり寿司(ネタには本格的に返しが!!)までメニューにのぼり、カクテルも本格的なオリジナルかつ無敵感満載のバー!
更新: 2019-03-18 18:00:00
谷町筋沿いにある居酒屋「珠」は、開店からちょうど5周年。 創作料理がおすすめの居酒屋で、この近辺の住民や近隣で働く人たちに愛され、いつも人でごった返している。とくに、おススメの「ホルモン炒め」(580円)はマル秘レシピの、激ウマ料理だ……。
更新: 2019-03-18 16:05:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt