MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
カレー愛好家たちの間で話題!後引く旨さの「ダブルカレー」!

カレー愛好家たちの間で話題!後引く旨さの「ダブルカレー」!

千駄木『スパイスカレー とくじろう』|店主の増田さんは元寿司職人。10年前に店を閉めて修業や研究を重ね、2017年11月19日にこの店をオープンさせた。

スパイスカレー とくじろう(最寄駅:千駄木駅)

元寿司職人の独自センスが光るダブルカレー

ベースのカレーは2種類。ひとつはパウダー系のスパイスを多用し、野菜の旨みが詰まったベジブロスや牛すじのブイヨンなどを合わせて2日寝かせた黒いソース。もうひとつのキーマカレーにはホールスパイスを使い、鶏と牛の挽き肉にトマトを利かせて作り上げる。両者を一度に堪能するなら人気No.1の「ダブルカレー」を注文したい。さらに牛すじのトッピングが店主のイチオシだ。黒いソースをひと口食べるとローストしたスパイスのほろ苦さを感じつつ、様々な味が絡み合う複雑な旨みがこみあげる。そこにキーマカレーが酸味と華やかな辛さをプラスし、後を引く旨さ。

ダブルカレー
950円+牛すじ100g 200円

最初に食べるなら、この組み合わせがオススメ。牛タン、牛すじ、カレーソース2倍、温玉、チーズ、ライス大盛の「とくじろうデラックス」(1790円)もある。カレーはすべてテイクアウト可能(容器代50円)

牛タンカレー
990円

野菜や赤ワインなどと共に煮込み、ふっくら仕上げた牛タンを約100g使用。宮城のコシヒカリと山形のはえぬきをブレンドしたライスの旨さにも定評がある

お店からの一言

店主 増田 貴さん

「トッピングはお好みで。色々と試してください」

スパイスカレー とくじろうの店舗情報

[住所]東京都文京区千駄木2-47-10 [TEL]03-6338-8373 [営業時間]11時15分~14時半、17時15分~20時45分、土・日・祝11時15分~15時、17時15分~20時45分 ※昼夜ともにカレーがなくなり次第終了 ※ランチタイム有 [休日]火 [席]計12席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし [交通アクセス]地下鉄千代田線千駄木駅1番出口から徒歩5分

電話番号 03-6338-8373
2018年5月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
カツカレーは「とん丼」という名前で創業してすぐ、オリジナルメニューとして登場。カツに使用するのは脂やスジを切り落としたロース肉。
更新: 2018-12-19 12:00:00
ビーフ、ポーク、玉ネギ、リンゴなどをブイヨンに加え、じっくりと煮込んだ同店のカレーは、初代が修業した帝国ホテル由来のカルカッタカレーがベース。カツに使うのは脂に上品な甘みを持つ国産豚の上ロース。
更新: 2019-04-06 10:31:14
ご飯、キャベツの千切り、カツ、そしてカレーと丼の中が4層になった「河金丼」。カツには国産豚のもも肉を使用し、そこに豚コマ、玉ネギというシンプルな具材で懐かしさを覚えるカレーがとろり。
更新: 2018-12-16 18:00:00
グルメライターが銀座のインド料理[Tamarind(タマリンド)]を実食レポート。南出身のマダン モハンさん、北出身のクマルさん、ふたりの料理長が自慢の腕を競うインド料理店。スパイスは現地で仕入れ、本場の味わいが楽しめる。[住所]東京都中央区銀座6-10-1
更新: 2018-12-04 16:43:06
おとなの週末「カツ&メンチカツカレー」特集掲載店舗。ミニミニ電車が料理を運んでくることでも有名な店。
更新: 2018-05-24 20:00:00
最新の投稿
「かろかろん♪」と鈴が鳴るドアを開けると、アフリカ調の素朴な色合いと華やかさが入り混じったリラックス空間が広がる。多国籍の雑貨を売っていた所に、お茶や食事を楽しめるスペースを開設したのが始まり。
更新: 2019-05-19 12:00:00
洋食店としての創業ながら、先代はとんかつ専門店だったという歴史を持つ店の当代が打ち出したのは、驚くほどふわふわのハンバーグ。「子どもの頃、親父が作るハンバーグが好きで、それを再現したかった」と店主は笑う。
更新: 2019-05-18 12:00:00
ここ最近の吉祥寺で、おっさん女子が、ちょっと流行ってるんじゃないの? と思っているのは、N.Y.スタイルのお店です。 N.Y.のパン屋、N.Y.スタイルのカフェ……と、何軒かお店ができるにあたって、「N.Y.料理って一体何?」という激しい疑問が……。
更新: 2019-05-17 16:03:00
東京駅でおすすめしたいカフェはたくさんあります!その中でも朝早く7時頃から夜遅く22時頃まで利用でき、スイーツも美味しいお店などをまとめました!料理写真、最寄り改札口からの徒歩時間、営業時間、定休日の情報も載っています。
更新: 2019-05-17 14:00:00
筋肉質な食感を楽しんでほしいと、使用するのは熊野地鶏のオスのみ。炭火でパリッと焼かれた皮の歯ざわり、高反発な肉質に驚かされる。
更新: 2019-05-17 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt