MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
粋な小料理と温かい空間に癒される!湯島『江戸の小料理ふ多川』

粋な小料理と温かい空間に癒される!湯島『江戸の小料理ふ多川』

居酒屋ではないし、割烹とも違う。「板前は置かないし、ひとりなので大層なことはできない。小料理屋ですね」とは店主の二川さん。

江戸の小料理ふ多川(最寄駅:湯島駅)

佇まいと料理に季節と江戸の粋を感じながら一杯

根っからの湯島育ちで、娘時代は芸者をしていたという二川さんが昭和50年にお母様と開けた店だ。落ち着いた中にもすっと潔い佇まい。供される「江戸の小料理」は簡素な中に粋を感じさせるのがいい。お通しの一汁一菜で一杯もよし、おぼろ昆布湯豆腐など小鍋立てや、づけ鮪山かけなんかもいい。女性のひとり客が多いというのも頷ける、居心地のいい色気がある。

下から時計回りに「春菊としめじの卵とじ」850円、「鮪とろ付け焼き」900円、「鯛竹輪」600円

ランチの「江戸飯」(950円)は、とろろと日替わりで焼き魚かお刺身、煮物とおみおつけがつく

本日のお通し一汁一菜は、しじみのスープとスナップエンドウ明太子ソース

お店からの一言

店主 二川芙沙子さん

「母や祖母 板前さんから習った味です」

江戸の小料理ふ多川の店舗情報

[住所]東京都文京区湯島3-10-8 [TEL]03-3831-4939 [営業時間]11時半~13時半、17時~22時半(LO)※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]全17席/分煙/予約可/カード不可/夜・お通し代550円別 [交通アクセス]地下鉄千代田線湯島駅5番出口から徒歩3分

電話番号 03-3831-4939
2018年5月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
全コースに登場する文字通りの看板料理、それが鯛茶漬けだ。店主の内山さん曰く「好きだった修業先の味」で、独立の際に自身の店でも定番で出すようになった。
更新: 2019-02-25 12:00:00
銀座の高級日本料理と聞けば身構えるがこちらは例外。全てが一流でありながら、明るく清々しい接客で緊張をゆるりとほぐしてくれる。
更新: 2019-02-24 12:00:00
ランチと言えど仕込みも器もしつらえも妥協なし。それは美しい料理の数々をひと目見れば分かるだろう。
更新: 2019-02-23 12:00:00
至高の食材を使った会席コースが3000円台、しかも銀座でいただけるなんて胸の高まりが抑えられない。蓋を開ければ旬の味覚が詰まった玉手箱仕立ての八寸や、春頃なら水槽から取り出して調理する稚鮎の天ぷらなど、思わず感嘆の声が漏れる美味しい驚きが次々と。
更新: 2019-02-22 12:00:00
煮物、焼き物、あるいはそのままで。四季折々の海や山の幸の味わいを生かし、様々に見目麗しく調理する。
更新: 2019-02-03 12:00:00
最新の投稿
春の鉄道旅、全国にはおススメの路線がたくさんあります。 そんななかでも、おおっ! すごいと思うのは、中央本線が走る甲府盆地。 時期は4月上旬、都心の桜から一週間くらい後に、このあたりは桃源郷と呼びたくなるような様子になります……。
更新: 2019-03-25 16:05:00
 旬の味を抜群の盛りでリーズナブルに提供。メニューはフレンチをベースにイタリアンのエッセンスを取り入れ、素材にこだわりあり。
更新: 2019-03-25 12:00:00
 ドイツワインの奥深さに魅了された店主が、現地での研修などを経て2016年にオープン。定番のボトル12種と7~8種の日替わりグラスワインを揃える。
更新: 2019-03-24 18:00:00
グルメ雑誌「おとなの週末」の人気コラム「おいしい往復書簡」掲載店舗。門上武司が関西でおすすめする担々麺をご紹介。
更新: 2019-03-23 12:00:00
 伊勢佐木町商店街の関内駅側出入口から野毛へと抜ける道すがらの一角こそ“バーの街”とも呼ばれる吉田町。そこで木と鉄格子のワイルドなファザードで待ち受けるバー。
更新: 2019-03-22 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt