MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
粋な小料理と温かい空間に癒される!湯島『江戸の小料理ふ多川』

粋な小料理と温かい空間に癒される!湯島『江戸の小料理ふ多川』

居酒屋ではないし、割烹とも違う。「板前は置かないし、ひとりなので大層なことはできない。小料理屋ですね」とは店主の二川さん。

江戸の小料理ふ多川(最寄駅:湯島駅)

佇まいと料理に季節と江戸の粋を感じながら一杯

根っからの湯島育ちで、娘時代は芸者をしていたという二川さんが昭和50年にお母様と開けた店だ。落ち着いた中にもすっと潔い佇まい。供される「江戸の小料理」は簡素な中に粋を感じさせるのがいい。お通しの一汁一菜で一杯もよし、おぼろ昆布湯豆腐など小鍋立てや、づけ鮪山かけなんかもいい。女性のひとり客が多いというのも頷ける、居心地のいい色気がある。

下から時計回りに「春菊としめじの卵とじ」850円、「鮪とろ付け焼き」900円、「鯛竹輪」600円

ランチの「江戸飯」(950円)は、とろろと日替わりで焼き魚かお刺身、煮物とおみおつけがつく

本日のお通し一汁一菜は、しじみのスープとスナップエンドウ明太子ソース

お店からの一言

店主 二川芙沙子さん

「母や祖母 板前さんから習った味です」

江戸の小料理ふ多川の店舗情報

[住所]東京都文京区湯島3-10-8 [TEL]03-3831-4939 [営業時間]11時半~13時半、17時~22時半(LO)※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]全17席/分煙/予約可/カード不可/夜・お通し代550円別 [交通アクセス]地下鉄千代田線湯島駅5番出口から徒歩3分

電話番号 03-3831-4939
2018年5月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
前割り(あらかじめ水で割って寝かされ、まろやかな味わいになる)の焼酎が常時4種類。ゆったりしたカウンターで、ビール代わりにそこから始めるのもいい。
更新: 2019-06-05 13:07:24
古民家の一軒家で和食とワインの秀逸な組み合わせを提案するこちら。毎朝築地に通い、魚を知り尽くす大将の中湊さんは酢の物をひと捻りして、この店に揃うナチュラルなワインと合うスタイルで提案。
更新: 2019-06-10 11:41:15
店主は毎朝築地へ足を運び、勝ち得た信頼と目利きにより入手した天然ものの魚にこだわる。そんな和食店で提供される、肉好きも大満足のメニューが右の逸品。
更新: 2019-06-10 11:32:10
夜は息子のイタリアン『MAGARI DE CICCIO』、昼は父親が営む日本料理店とふたつの顔を持つ。昼の定食は4種。
更新: 2019-05-13 13:58:00
全国から厳選した日本酒が常時40~50種類揃う。銘柄は敢えて固定せず、その季節で一番旨いものを仕入れるのが六三四流。
更新: 2019-05-15 15:18:23
最新の投稿
実は、誰にも頼まれていないが、ここ3年くらいずっと吉祥寺で追っている案件がある。 それは幻のジャーマンレモンパイである。 調査対象は、アトレ吉祥寺に入っているバームクーヘンでおなじみの『J』。 欧文の綴りのイメージが違うんだけど、1文字目の音は「ユ」ね……。
更新: 2019-06-26 16:00:00
中野にある老舗が2018年2月にオープンさせた新店。炭火の焼き台の前に立つのはこの道40年のベテラン職人、森川さんだ。
更新: 2019-06-26 13:37:36
そのビジュアルは、ローストビーフ丼というよりユッケ丼!? 実力店が軒を連ねる神楽坂で、予約困難な人気焼肉店が打ち出すランチの名物メニューだ。
更新: 2019-06-26 13:28:48
名古屋めしのなかでもイマイチ注目度の低いきしめんを見つめ直そうと、地元で昔から営んでいる店を食べ歩くようになり、その旨さに驚愕したお店のうちの1軒が、今回紹介する愛知県西春日井郡豊山町にある『みのや』だ……。
更新: 2019-06-24 16:00:00
浜名湖産天然うなぎから、共水うなぎに変えたのは約14年前。「力強い旨みが衝撃的で、タレに三河のたまり醤油を足すことにしたくらいです」と店主の伊藤正樹さん。
更新: 2019-06-26 13:40:32

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt