MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
【閉店】牛かつ あおな 高田馬場店|霜降り和牛を使用!ダントツの極上肉(牛かつ/高田馬場)

【閉店】牛かつ あおな 高田馬場店|霜降り和牛を使用!ダントツの極上肉(牛かつ/高田馬場)

すき焼きの名店で長年料理長を務め、牛肉を知り尽くした店長の南保秀樹さんが牛かつに選んだのは、なめらかさと柔らかさを併せ持つ内モモ肉だ。好みによって国産牛と黒毛和牛のいずれかを選べる。牛かつ あおな 高田馬場店[交]JR山手線ほか高田馬場駅早稲田口から徒歩1分 ※ランチタイム有

※閉店※牛かつ あおな 高田馬場店(最寄駅:高田馬場駅)

 なかでも圧巻なのは、主にA4・A5ランク黒毛和牛の、霜降り肉のみを使用する「な」のセット。ふるいにかけてキメを揃えたパン粉をまとわせ、高温の白絞油で揚げること、ほんの数十秒。超レアな肉を口にふくめば、融点の低い上質な脂が、舌の温度でみるみるうちにとけ出し、芳醇な甘みとコクが口いっぱいに広がる。

 静岡県の生産者から直接仕入れる、本わさびを添えるのもオススメだ。爽やかな風味が牛肉の味わいをさらに引き立てる。

大きめセット「な」(霜降り黒毛和牛)
2484円

本来、脂がのりにくい部位の内モモ肉だが、極上の黒毛和牛を使用するため、美しいサシが入っている。ご飯とともに口にふくんだ時のバランスを考慮し、3〜4㎜の薄さにスライスしている

小さめセット「あ」(国産牛)
1134円

赤身肉のしっかりとした旨みを味わうならこちら。噛みしめるたびに力強い風味があふれだす。小さめセットの牛肉は50gを使用

南保さんのメンチかつ
1080円

店で自家挽きした黒毛和牛のミンチ100%。肉の味わいが濃厚なので、ソースではなく、ワサビ醤油が絶妙にマッチする。一日限定15食程度。セットのご飯は白米か十六穀米を選べる

あおなのつけダレはコレだ!
本わさび 108円
合わせ醤油
脂塩

[その他のメニュー]セット「あ」(国産牛)1350円、セット「お」(黒毛和牛)1598円、セット「な」(霜降り黒毛和牛)1814円、ミックス(数量限定)1512円など

牛かつ あおな掲載記事

※閉店※牛かつ あおな 高田馬場店

[住所]東京都新宿区高田馬場3-2-5 
[電話]☎03-6908-9779 
[営業時間]11時〜23時(22時半LO) 
[休日]無休 
[席]カウンター6席、テーブル2席×2卓、4席×1卓、6席×1卓、8席×1卓 計28席
[その他]全席禁煙/カード不可/予約不可/サなし 
[アクセス]JR山手線ほか高田馬場駅早稲田口から徒歩1分

電話番号 03-6908-9779
2016年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
早稲田『ワセカツ!奏す庵』|店名の“ワセカツ!”とは、薄いカツを特製のソースに浸したカツ丼のこと。早稲田の地で生まれたことと、早く揚がるという趣旨の“早生”の両方をかけた名だという。
更新: 2018-12-16 12:00:00
2代目が揚げるロゼ色に輝くとんかつは火入れが肝要。短時間で揚げて余熱で芯まで火を入れるため、肉が驚くほど柔らかい。
更新: 2018-12-15 18:00:00
銀座の路地にある小さなビルの階段を降りると、天井がやや低く、どこか懐かしい雰囲気のお店に到着。厨房真ん中の真鍮製の鍋では、注文のたびに衣をまとったカツやエビが入れられ、ジュワ~ッと心地よい音が響く。
更新: 2018-12-05 18:00:00
『かつ吉』(水道橋)|骨董に囲まれた広い古民家のような内装の、創業56年を迎える老舗とんかつ屋が出す「替わりカツ丼」は、まるで和風ビビンパのような趣き。150℃前後の低温でじっくりと揚げたカツを醬油ベースの特製ダレにくぐらせ、上からとろろをかけている。
更新: 2018-12-04 18:00:00
創業82年の老舗を切り盛りするのはフレンチで研鑽を重ねてきた3代目。「その経験を生かし、お酒に合うメニューを増やしたり、今のメニューも少し見直しています」というが、カツ丼は従来のままだ。
更新: 2018-12-03 18:00:00
最新の投稿
家庭で簡単に、プロ並みのだしがとれるという、だしポットを発見!  なんと、急須でお茶をいれる容量でだしが取れるらしい!  料理番組でも、料理本でも、レシピに「だし○カップ〜」というコトバが出てくるだけに、 だしをマスターしなければ、お料理上手な奥さまにはなれんばい……!
更新: 2019-04-26 16:05:00
毎度おなじみ、コンビニ最強ダイエット食のサラダチキンです(笑)!  今回は、わりと王道的な感じで、食べる前から「これはアリでしょ!」という印象なのに、なぜか今まで売ってなかった明太子味。 ファミマは新しいフレーバーを定期的に出してくれて、サラダチキンに飽きちゃったはずの自分もついつい買ってしまう……。
更新: 2019-04-26 16:00:00
147年続く老舗ハンコ屋がオープンさせたワインバー。女性ひとりでも入りやすい雰囲気ながら、日本やフランスのワインが200種以上揃うなど、かなり本格的。
更新: 2019-04-26 12:00:00
大阪富国生命ビルの地下2階。 この場所を聞いただけでピンときた方はかなりの食通だ。 約100mほどある板張りの床には名店ばかりが連なり、「ミッテラン2世」はその中央に位置する。昼飲みできる飲食店がズラリと並ぶエリアでもある……。
更新: 2019-04-25 16:03:00
 恵比寿で9坪のコーヒースタンドから始まった『猿田彦珈琲』。開業してわずか7年だが、その躍進ぶりがスゴイ。
更新: 2019-04-25 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt