MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
【閉店】牛かつ あおな 高田馬場店|霜降り和牛を使用!ダントツの極上肉(牛かつ/高田馬場)

【閉店】牛かつ あおな 高田馬場店|霜降り和牛を使用!ダントツの極上肉(牛かつ/高田馬場)

すき焼きの名店で長年料理長を務め、牛肉を知り尽くした店長の南保秀樹さんが牛かつに選んだのは、なめらかさと柔らかさを併せ持つ内モモ肉だ。好みによって国産牛と黒毛和牛のいずれかを選べる。牛かつ あおな 高田馬場店[交]JR山手線ほか高田馬場駅早稲田口から徒歩1分 ※ランチタイム有

※閉店※牛かつ あおな 高田馬場店(最寄駅:高田馬場駅)

 なかでも圧巻なのは、主にA4・A5ランク黒毛和牛の、霜降り肉のみを使用する「な」のセット。ふるいにかけてキメを揃えたパン粉をまとわせ、高温の白絞油で揚げること、ほんの数十秒。超レアな肉を口にふくめば、融点の低い上質な脂が、舌の温度でみるみるうちにとけ出し、芳醇な甘みとコクが口いっぱいに広がる。

 静岡県の生産者から直接仕入れる、本わさびを添えるのもオススメだ。爽やかな風味が牛肉の味わいをさらに引き立てる。

大きめセット「な」(霜降り黒毛和牛)
2484円

本来、脂がのりにくい部位の内モモ肉だが、極上の黒毛和牛を使用するため、美しいサシが入っている。ご飯とともに口にふくんだ時のバランスを考慮し、3〜4㎜の薄さにスライスしている

小さめセット「あ」(国産牛)
1134円

赤身肉のしっかりとした旨みを味わうならこちら。噛みしめるたびに力強い風味があふれだす。小さめセットの牛肉は50gを使用

南保さんのメンチかつ
1080円

店で自家挽きした黒毛和牛のミンチ100%。肉の味わいが濃厚なので、ソースではなく、ワサビ醤油が絶妙にマッチする。一日限定15食程度。セットのご飯は白米か十六穀米を選べる

あおなのつけダレはコレだ!
本わさび 108円
合わせ醤油
脂塩

[その他のメニュー]セット「あ」(国産牛)1350円、セット「お」(黒毛和牛)1598円、セット「な」(霜降り黒毛和牛)1814円、ミックス(数量限定)1512円など

牛かつ あおな掲載記事

※閉店※牛かつ あおな 高田馬場店

[住所]東京都新宿区高田馬場3-2-5 
[電話]☎03-6908-9779 
[営業時間]11時〜23時(22時半LO) 
[休日]無休 
[席]カウンター6席、テーブル2席×2卓、4席×1卓、6席×1卓、8席×1卓 計28席
[その他]全席禁煙/カード不可/予約不可/サなし 
[アクセス]JR山手線ほか高田馬場駅早稲田口から徒歩1分

電話番号 03-6908-9779
2016年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「成蔵 (ナリクラ)」の「シャ豚ブリアンかつ」はヒレでおすすめは1頭から約3人分しか取れない真ん中の希少部位を使う。[交]JR線ほか高田馬場駅戸山口から徒歩2分 ※ランチタイム有
更新: 2019-05-14 12:19:25
早稲田『ワセカツ!奏す庵』|店名の“ワセカツ!”とは、薄いカツを特製のソースに浸したカツ丼のこと。早稲田の地で生まれたことと、早く揚がるという趣旨の“早生”の両方をかけた名だという。
更新: 2018-12-16 12:00:00
2代目が揚げるロゼ色に輝くとんかつは火入れが肝要。短時間で揚げて余熱で芯まで火を入れるため、肉が驚くほど柔らかい。
更新: 2018-12-15 18:00:00
銀座の路地にある小さなビルの階段を降りると、天井がやや低く、どこか懐かしい雰囲気のお店に到着。厨房真ん中の真鍮製の鍋では、注文のたびに衣をまとったカツやエビが入れられ、ジュワ~ッと心地よい音が響く。
更新: 2018-12-05 18:00:00
『かつ吉』(水道橋)|骨董に囲まれた広い古民家のような内装の、創業56年を迎える老舗とんかつ屋が出す「替わりカツ丼」は、まるで和風ビビンパのような趣き。150℃前後の低温でじっくりと揚げたカツを醬油ベースの特製ダレにくぐらせ、上からとろろをかけている。
更新: 2018-12-04 18:00:00
最新の投稿
「雲の上の居酒屋」を堪能したら、バスターミナルの上に建つホテル立山の『ティーラウンジりんどう』へ。名物の「黒部ダムシフォン」を注文すると、生クリームが波を打ちながら流れ出た高さ10センチほどの巨大なシフォンが出てきた。
更新: 2019-09-17 12:00:00
小川町・御茶ノ水の本当におすすめしたい絶品ランチを、グルメ雑誌のライターが厳選!安くて美味しいコスパ抜群のお店をご紹介します。複数ではもちろん、ひとりでも入りやすいお店も多数あるので、シーンに合わせてご活用ください!
更新: 2019-09-17 13:23:28
納戸町で16年間親しまれてきた『上海美味小屋』が、神楽坂上交差点のすぐ近くに今年4月移転オープンした。本場から招聘したシェフが腕によりをかけた、上品で洗練された上海料理がメニューに並ぶ。
更新: 2019-09-16 12:00:00
チャイナタウン化する前の西川口からある山東料理系の老舗。西川口B級グルメで優勝した「彩の国黒豚焼きシューマイ」と「煎人餃子(焼き餃子)」は文句なしの名物。
更新: 2019-09-15 12:00:00
昼の献立「潤-JYUN-」は、旬の逸品から始まる。今なら、旬野菜を添えた湯葉のローストビーフ巻き。
更新: 2019-09-14 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt