MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
一見の価値あり!麗しすぎる「ばらちらし寿司」!板橋『鮨彦』

一見の価値あり!麗しすぎる「ばらちらし寿司」!板橋『鮨彦』

車エビや毛ガニなどの茹で物、穴子やヤリイカなどの煮物、玉子や小肌などの焼き物や〆物…。江戸前の仕事がされたネタが端正に並んだ姿が粋でちょっと惚れ惚れ。

鮨彦(最寄駅:板橋駅)

江戸前の仕事が端正に並ぶ味も風情も味わいたい

そんな風情がうれしいばらちらしだ。ちらしにはどれも、店主・渡部さんが毎日築地に足を運んで選んだ「時季によって美味しいもの」が組み込まれる。その心意気も味わいたい。

江戸前ばらちらし
2700円

ふわっとした穴子や塩梅のいい小肌、発色の美しい車エビや玉子、毛ガニやおぼろまで、見た目も味わいも大満足だ

辛口の「吉乃川」がよく合う

店主こだわりばらちらし(3~4人前)
7560円

絶品の天然ミナミマグロや利尻のウニ等々、店主こだわりの生のネタが満載でお得

お店からの一言

店主 渡部秋彦さん

「いろんな素材から季節を感じてお楽しみください」

鮨彦の店舗情報

[住所]東京都北区滝野川7-15-3 1階 [TEL]03-3916-5117 [営業時間]11時半~13時半、17時~22時半(日・祝~22時)※ランチタイム有 [休日]木 [席]計11席/全席禁煙/予約可/カード不可/お通し代300円別 [交通アクセス]JR埼京線板橋駅東口から徒歩4分

電話番号 03-3916-5117
2018年5月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
池袋駅の構内は強豪店が点在する立ち食い寿司の激戦地。2017年6月の開業からまたたく間に行列店に成長したのが東武百貨店内にあるこちら。
更新: 2019-07-10 09:55:10
扉を開ければ真新しい白木のカウンターが目に飛び込んでくる。店の主・石川さんは築地場内で指折りの実力を誇る「岩佐寿し」から独立した。
更新: 2019-05-13 13:52:41
ネタとシャリとの一体感こそ、この丼の真骨頂。使用するのは、まったりとしたサーモンに酸味の小肌、歯応えを生むイカやタコなど。
更新: 2019-01-17 18:00:00
色とりどりの華やかな見た目に、まずは食欲をそそられる。たまらず頬張れば、見た目以上の旨さに思わず唸る!
更新: 2019-01-16 18:00:00
最新の投稿
 「担々麺は食事の最後に食べていただくので、できる限りシンプルを心掛けています」と店主の中村さん。化学調味料などを一切使わない中村さんの中華料理は、味に奥行きを持たせるために発酵調味料を駆使する。
更新: 2019-07-22 12:00:00
うなぎは地下水で2日間生かした張りの良いもの、米は精米したての香り豊かなもの、熱々を提供するためタレは湯煎で温めてご飯にかけるなど、短い文章では到底書き切れない店の姿勢はこのうな重を食せばわかるはず。昭和12年に創業した八王子の本店は信頼する職人に任せ、2年前に出店した吉祥寺店を切り盛りするのが日本料理店でも修業した3代目だ。
更新: 2019-07-22 13:14:53
約30年間営業を続けた老舗が幕を下ろし、若き店主・島田さんが昨年同じ屋号で再スタートを切った。うなぎは地焼きの関西風と、蒸しの入った関東風のどちらも味わえるのがこの店ならでは。
更新: 2019-07-22 13:04:43
吉祥寺で焼肉といえば、地元で大人気の行列店『R』である。 しかし、今、吉祥寺は「ひとり焼肉」がブームの兆しなのであった……。 おひとり様上等のおっさん女子もこのブームにちょっと乗ろうと思って、パトロールをしてみたので、その結果をお伝えしようと思います。
更新: 2019-07-19 15:48:00
堺市の本店は、元々うなぎの持ち帰り専門店として営業。50年近くの歴史を持つ。
更新: 2019-07-22 13:32:51

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt