MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
日本酒と合う!わざわざ食べに行きたい「絶品押し寿司」 中野『第二力酒蔵』

日本酒と合う!わざわざ食べに行きたい「絶品押し寿司」 中野『第二力酒蔵』

からりと戸を開けると、職人がきびきび働く料理場の風景と、広々とした店内が見渡せる。老舗酒場の風格たっぷりのここは、とにかく魚の種類が豊富で料理が旨い。

第二力酒蔵(最寄駅:中野駅)

魚が旨い居酒屋が旬の魚で作る自慢の押し寿司

中でも、〆の食事にも酒のつまみにもなる自家製の押し寿司は隠れた人気メニュー。鍋の季節は休むが、春から秋は毎日仕入れる旬の魚で作る。さっぱりした酢飯と魚の旨みが一体となった味わいは格別だ。

自家製押し寿司
650円

押し寿司はその日の仕入れにより内容が変わる。写真は人気の高いアジの押し寿司

魚に合う日本酒も種類豊富。キンシ政宗(小)370円ほか

竹の子の土佐煮
1250円

竹の子は春に登場する旬の味覚のひとつ。土佐煮は上品な味わいだ

お店からの一言

スタッフ 長元朋江さん

「お好きな日本酒と一緒にどうぞ」

第二力酒蔵の店舗情報

[住所]東京都中野区中野5-32-15 [TEL]03-3385-6471 [営業時間]14時~23時半(22時半LO)※ランチタイム有 [休日]日 [席]計200席/全席喫煙可/予約可/カード可/サなし [交通アクセス]JR中央線ほか中野駅北口から徒歩3分

電話番号 03-3385-6471
2018年5月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
クラフトメンチカツとリモンチェッロサワーの店を標榜するだけあり、メンチカツは14種類用意。すべて手作りのオリジナルだ。
更新: 2019-08-12 12:00:00
青森の地酒に食材、そして青森の郷土料理も堪能できる、青森出身の女性オーナーのこの店でもバイスが味わえる。そういえば、バイスにはリンゴ果汁が使われてるし、青森に大森……このシンクロニシティーに酔う。
更新: 2019-06-20 13:12:38
隣の鮮魚店が実家とあって、主人の魚の目利きや扱いはさすがのひと言。隣から仕入れる魚はもちろん、足立市場まで足を延ばしていいものを探し、リーズナブルに提供している。
更新: 2019-06-20 13:50:52
昭和感溢れる店内。メンチカツに信玄どりのボンジリがゴロッと入るわ、マカロニ(サラダ・290円)にはコンビーフを加え、黒胡椒を利かせるなど、思わず「オッ」と唸る出来ばえ!
更新: 2019-06-17 14:53:34
老若男女で連夜圧倒的な賑わいをみせるムサコの超人気店がこちら。
更新: 2019-06-17 14:59:13
最新の投稿
連日の猛暑で外出するのも億劫になる。そんなときは、味噌煮込みうどんを食べて涼しくなろう! えっ? 余計に暑くなるって!? いやいや、食べれば食べるほど涼しくなる味噌煮込みうどんを名古屋市中区新栄近くにある『吉野屋』で発見したのだ……。
更新: 2019-08-20 15:50:00
魚は全国の選りすぐりの漁師船から買い付け。その日の朝獲れたピチピチ鮮魚のほか、「神経〆」という特別な絞め方をされた旬魚が届き、一番美味しい状態で出せるよう、魚によっては寝かせて熟成させる。
更新: 2019-08-20 12:00:00
氷が見えないほどクリームで覆い尽くした、インパクト大な“苦くない抹茶”のかき氷。3種のソースが使われており、味わいのバランスが絶妙で美味しさはもちろんだが、掘っていく楽しみもある。
更新: 2019-08-19 12:00:00
熱々のうなぎとご飯をほおばると、脂のコクとタレの甘みを感じつつもすぅっと溶けるような食べ心地。大串がのる鰻重でも、最後まで飽きることなくお年寄りから子どもまでパクパクと箸が進んでしまう。
更新: 2019-08-18 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt