MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
ご飯のお供をお取り寄せ!「おかわりJAPAN」がおとなの週末限定で厳選

ご飯のお供をお取り寄せ!「おかわりJAPAN」がおとなの週末限定で厳選

今まで食べたご飯のお供は約900食!日々ご飯のお供について研究、情報発信する「おかわりJAPAN」主宰、長船邦彦さんが『おとなの週末』のためにおすすめのお取り寄せを厳選。ここでしか買えない限定商品も紹介。ギフトにおすすめ。

ここでしか買えない!「おとなの週末」限定「ご飯のお供BEST3」がおすすめ

「ご飯のお供 BEST3セット」 のお取り寄せ

おかわりJAPAN「長船邦彦」さんが「おとなの週末」のため特別に厳選したご飯のお供にベストマッチする3瓶詰め合わせのセット。もちろん、ここ以外では販売していない貴重なお取り寄せ品です。

「BEST1〜3、全部食べてみたい!」「少しずつ食べ比べたい」そんな方にオススメなのがこちらのセット。本ページでご紹介している「ご飯のお供」お取り寄せ7品の、第1位から第3位までに選ばれた商品が1瓶ずつセットになっています。

もちろん、ギフトにもおすすめです。

¥2980(税別・送料無料)

商品詳細・お取り寄せはこちら

「ご飯のお供BEST3セット」
甲州地どりトマトらー油(170g)、さばのドライカレー(85g)、まぜちゃい菜(180g)
【常温】
商品番号8500545

長船さんおすすめ!「ご飯のお供」お取り寄せをランキングで発表

今回は、ご飯のお供について日々研究し、自身のサイト「おかわりJAPAN」をはじめ、さまざまな場で情報を発信している長船邦彦さんが登場。これまでに食べてきたご飯のお供は約900食(!)という長船さんが、本誌「おとなの週末」のために特におすすめの7商品を厳選してくれました。一度は食べておきたい逸品、お見逃しなく!

撮影/鵜澤昭彦 スタイリング/中山暢子

長船(おさふね)邦彦 さん
幼い頃から大の白米好き。ご飯をさらに美味しく食べられる「ご飯のお供」の魅力に開眼し、2013にサイト「おかわりJAPAN」を立ち上げる。特に、地域に根差した、郷土色の強い商品に注目。テレビ、雑誌などメディアにも多数出演。

「おかわりJAPAN」
https://okawari-lab.net/

人気NO.1!『甲州地どりトマトらー油 3瓶セット』(瓶詰め)

¥3500(税別・送料無料)

鶏の濃厚な旨みとラー油の辛さが溶け合った逸品

山梨の豊かな自然の中で放し飼いされた「甲州地どり」が入った食べるラー油。大きめカットの地
鶏の弾力&旨みにまずびっくり。山梨産ワインや青森産ニンニクをたっぷりと使い、トマトや魚介
エキスなどで風味づけしたピリ辛味は何とも奥深い美味しさで、ご飯が止まらなくなるはず!

商品詳細・お取り寄せはこちら

「甲州地どりトマトらー油 3瓶セット」
170g×3瓶
【常温】
メーカー:笛吹の庄
商品番号8500546

人気NO.2!『さばのドライカレー 3瓶セット』(瓶詰め)

¥2700(税別・送料無料)

サバの旨みとスパイスが絶妙にマッチ!

新鮮なサバのミンチを炒め、独自配合したカレースパイスと味噌を合わせた商品。熱々のご飯にのせて食べればサバの風味とスパイシーなカレーの香りが口いっぱいに広がる。化学調味料、着色料、保存料無添加なのもうれしい限り。

商品詳細・お取り寄せはこちら

「さばのドライカレー 3瓶セット」
85g×3瓶
【常温】
メーカー:あじ屋
商品番号8500547

人気NO.3!『まぜちゃい菜 3瓶セット』(瓶詰め)

¥2700(税別・送料無料)

小気味いい食感はおにぎりやピラフの具にもぴったり!

滋賀の伝統野菜・日野菜の葉をメインに、日野菜の根、キュウリ、青トマト、青唐辛子、青シソの葉を細かく刻んで混ぜ合わせ、仕上げにゴマを入れた漬け物。歯ざわりが良く、ピリッとした辛さはクセになる味わい。

商品詳細・お取り寄せはこちら

「まぜちゃい菜 3瓶セット」
180g×3瓶
【常温】
メーカー:丸長食品
商品番号8500548

人気NO.4!『庄屋さんの 昆布セット 3パックセット』

¥2700(税別・送料無料)

ふたつの辛さが味わえる昆布の佃煮

北海道産の高級長昆布に赤唐辛子の辛みを利かせ、独自の製法で旨みを閉じ込めた昆布の佃煮。しっ
かりと辛さの利いた「通常タイプ」2パックと、ほんのり辛い「半辛タイプ」1パック。おにぎりやお弁当にも◎!

商品詳細・お取り寄せはこちら

「庄屋さんの昆布セット 3パックセット」
通常150g×2パック、半辛150g ×1パック 
【常温】
メーカー:平尾水産
商品番号8500532

人気NO.5!『土佐の赤かつお 3瓶セット』(瓶詰め)

¥2700(税別・送料無料)

赤カツオの旨みと甘辛いタレが食欲をそそる!

高知県の魚屋さんが完全無添加で手作り。秘伝の甘辛ダレで赤カツオをじっくりと煮込んでほぐし、油と一味でアクセントをつけた。ニンニクが利いた「にんにく」、爽やかな「ゆず」、海苔の旨みが馴染んだ「青さのり」の3種セットで。

商品詳細・お取り寄せはこちら

「土佐の赤かつお 3瓶セット」
にんにく味、青さのり味、ゆず味×各1瓶(120g)
【常温】
メーカー:上町池澤本店
商品番号8500549

人気NO.6!『ご飯にかけるハンバ具ー 3瓶セット』(瓶詰め)

¥2700(税別・送料無料)

他におかずは不要!食べ応え満点の万能お供

まるでハンバーグを食べているかのような気分になる“お惣菜系ご飯のお供”。熱々のご飯にのせれば、飛騨牛の旨みがサッと溶け出し、野菜や果物の甘みが際立つ特製ソースともよく馴染む。パスタやトーストでもお試しを。

商品詳細・お取り寄せはこちら

「ご飯にかけるハンバ具ー 3瓶セット」
120g×3瓶
【常温】
メーカー:飛騨ハム
商品番号8 5 0 0 5 5 0

人気NO.7!『牛タン仙台ラー油 3瓶セット』(瓶詰め)

¥2980(税別・送料無料)

ゴロゴロと入った牛タンがうれしいピリ辛ラー油

小さくカットした牛タンをじっくり甘辛く煮込み、自社で調合したゴマ油ベースの食油に唐辛子、ニンニク、牛タンエキス等をしっかりなじませた調味油と丁寧に合わせた逸品。あとからじわじわくる心地よい辛さは、麺類などとも相性抜群!

商品詳細・お取り寄せはこちら

「牛タン仙台ラー油 3瓶セット」
100g×3瓶
【常温】
メーカー:陣中
商品番号8500551

長船さんがおすすめするご飯のお供はどれも絶品!

1日3食ご飯党で、これまで900食もの商品を食べてきた長船さんが選んだ今回の7商品。その決め手とは……?

「誰が食べても『旨い!』と思ってもらえるようなもの、飽きのこない味を選びました。また、個人的には郷土色が表れている商品に注目しているので、そういった商品を多く選ばせて頂きました。」

熱々のご飯にのせるのが基本だが、パンやパスタなどご飯以外と合う商品が多く、アイデア次第で新しい味わい方にも出合えるはず。ご飯のお供ひとつあれば、これまで以上に日々の食事が楽しくなりそうですよ。

今回紹介したご飯のお供をお取り寄せ!

●インターネット
おとなの週末お取り寄せ倶楽部
https://www.otoshu.com/page.php?cate=INDEX&page=gohan-otomo

●お電話
0120-963-120

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
日本海に面した北陸地方は魚介を中心に美味の宝庫です。それら素材の良さを引き立てる加工や味付けで仕上げた逸品揃い。明太子、干物にちまき…。どれも昔から私たちが親しんでいる食べ物ですが、今回ご紹介しているのはひと味もふた味も違う美味しさでした。
更新: 2018-10-04 11:14:55
餡はキャベツが中心、もやしをトッピングする「浜松餃子」、ニラ、ネギ、キャベツなど野菜をたっぷりと使う「宇都宮餃子」。餃子界の人気2トップのイチオシを厳選しました!撮影/鵜澤昭彦 スタイリング/中山暢子
更新: 2018-10-15 15:32:25
夏休みやお盆休みなどの連休中、焼き肉用の肉は、普段ちょっとお高め価格になっていますよね。バーベキューや焼き肉で「とにかく焼く!たっぷり食べる!」ための肉は、予めお取り寄せしておくと、とってもお得。編集部員がスタジオで実際に焼いて食べ、選び抜いた上位6品を、お手頃価格のものから順番にご紹介します!
更新: 2018-07-25 18:10:00
「スタミナフードをお取り寄せ」ランキング7位。「ミート・髙橋」の「甲府 鳥もつ煮」の試食レポート。
更新: 2018-04-26 11:23:16
「ムッシュ マスノ アルパジョン」の「アップルポテト」のお取り寄せ試食レポート
更新: 2018-04-24 12:10:08
最新の投稿
皇居は雄大な歴史と自然に触れあえる日本人の心の場。丸の内、日比谷、東京駅からのアクセスもよく、皇居観光や散歩を楽しんだ後は、ランチ・グルメや買い物へも出かけやすい。春は桜、秋は紅葉、四季を通じて楽しめる魅力をご紹介。
更新: 2019-04-24 14:18:43
インド料理店は都内に数あれど、同店はスパイスやハーブの香りが爽やかで鮮烈。それもそのはず、ビリヤニには17種ものスパイスが入り、ランチメニューにはインド現地でも希少な「ジャッキャ」という香り高いスパイスを必ず盛り込んでいるのだという。
更新: 2019-04-24 12:00:00
平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。
更新: 2019-04-23 16:00:00
黒ゴマをまとい旨みが増したサーモンに、きめ細やかな衣で甘みを最大限に引き出した天使の海老……。素材により4種の衣を使い分け、白絞油でカラリと揚げた串はどれも独創的かつ完成度の高い仕上がりだ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
富山のチューリップの撮影はけっこう難しいことで有名です。 花が見られる時間は長くても数日。 さらに、天気が良くて背景の立山連峰まで美しく見えるという条件がそろわなくてはなりません。 なかなかの難題……。 今回は、ちょっと昔の思い出と、ホタルイカ三昧のお話です。
更新: 2019-04-22 16:01:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt