MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
[閉店]組み合わせは無限大の牛かつ!多彩なソースと調味料(牛カツ/末広町)

[閉店]組み合わせは無限大の牛かつ!多彩なソースと調味料(牛カツ/末広町)

「牛かつ かつ宗」が牛かつに使用するのは、アメリカ産のなかでも特に旨みと風味が強いアンガス牛。御膳にはおろしポン酢や塩麹など5種類のタレをはじめ、温泉卵やすりたてのゴマもつく。[交]地下鉄銀座線末広町駅2番出口から徒歩1分 ※ランチタイム有

黒毛牛肩ロース牛かつ御膳1383円

使用する部位はザブトン。そのまま味わうもよし、七輪で好みの加減に火を通すもよし

【閉店】牛かつ かつ宗
末広町

 牛かつに使用するのは、アメリカ産のなかでも特に旨みと風味が強いアンガス牛。御膳にはおろしポン酢や塩麹など5種類のタレをはじめ、温泉卵やすりたてのゴマもつく。加えて卓上にはウスターソース、にんにく、岩塩など多彩な調味料を揃えているので、好みで組み合わせてひと口ごとに味わいを変えて楽しめる。他にも黒毛和牛の上質なロース肉を使ったメニューも用意している。

牛かつ黒カリー
1167円(15時まで限定)

牛スジをトロトロに煮込み、深いコクのなかにもスパイスが際立つ。80gの牛かつがのる

【閉店】牛かつ かつ宗
末広町

東京都千代田区外神田5-1-5 ☎03-3834-9747 [営]11時〜22時(21時45分LO) [休]無休 [席]カウンター13席、テーブル2席×2卓、4席×2卓 計25席/全席禁煙/カード不可/予約不可/サなし [交]地下鉄銀座線末広町駅2番出口から徒歩1分 ※ランチタイム有

電話番号 03-3834-9747
2016年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
早稲田『ワセカツ!奏す庵』|店名の“ワセカツ!”とは、薄いカツを特製のソースに浸したカツ丼のこと。早稲田の地で生まれたことと、早く揚がるという趣旨の“早生”の両方をかけた名だという。
更新: 2018-12-16 12:00:00
2代目が揚げるロゼ色に輝くとんかつは火入れが肝要。短時間で揚げて余熱で芯まで火を入れるため、肉が驚くほど柔らかい。
更新: 2018-12-15 18:00:00
銀座の路地にある小さなビルの階段を降りると、天井がやや低く、どこか懐かしい雰囲気のお店に到着。厨房真ん中の真鍮製の鍋では、注文のたびに衣をまとったカツやエビが入れられ、ジュワ~ッと心地よい音が響く。
更新: 2018-12-05 18:00:00
『かつ吉』(水道橋)|骨董に囲まれた広い古民家のような内装の、創業56年を迎える老舗とんかつ屋が出す「替わりカツ丼」は、まるで和風ビビンパのような趣き。150℃前後の低温でじっくりと揚げたカツを醬油ベースの特製ダレにくぐらせ、上からとろろをかけている。
更新: 2018-12-04 18:00:00
創業82年の老舗を切り盛りするのはフレンチで研鑽を重ねてきた3代目。「その経験を生かし、お酒に合うメニューを増やしたり、今のメニューも少し見直しています」というが、カツ丼は従来のままだ。
更新: 2018-12-03 18:00:00
最新の投稿
全国から厳選した日本酒が常時40~50種類揃う。銘柄は敢えて固定せず、その季節で一番旨いものを仕入れるのが六三四流。
更新: 2019-04-22 12:00:00
ディナーは気後れしてしまう銀座の寿司店でも、破格の値段のランチや、食べ放題サービスの寿司店もあります。どのお店も銀座という日本を代表する都市の確かな味!ビジネス・プライベートどちらでも利用できる価値あるお店を紹介します。
更新: 2019-04-22 11:20:00
東秋葉原『酒場 晩葡』|店の外にやさしく灯るオシャレな看板。だけでなく、ぶら下がる赤提灯も酔客を惹きつける。
更新: 2019-04-22 11:02:44
こだわりは生産者の思いが詰まった良い豆を仕入れ、自家焙煎してその魅力をきちんと届けること。焙煎は6タイプ。
更新: 2019-04-21 12:00:00
モダンな店構えのイタリアンバルが、昼は名物の長崎ちゃんぽんをはじめ、皿うどん、カレーちゃんぽん、極旨辛の炎のちゃんぽんまで、6種類のちゃんぽんを提供。豚骨、アサリ、野菜を5時間以上煮込んだ白濁スープはマイルドでクリーミーな味わい。
更新: 2019-04-20 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt