MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
奄美大島の郷土料理『なつかしゃ家』

奄美大島の郷土料理『なつかしゃ家』

“あんま”(お母さん)と親しみをこめて呼ばれるのが、店を切り盛りする恵上イサ子さん。島の中学校の校長を定年退職後、奄美独特の食文化を次の世代に伝えたいと、料理人へ転身した。

なつかしゃ家

完全予約制の伝統料理を趣きある古民家で味わう

コースの口開けに運ばれてくるのが、旬の島食材を使った色とりどりの料理を乗せた竹ざるだ。近海で水揚げされた天然伊勢海老の蒸し物や、トビンニャ(マガキ貝)の海水茹で、島野菜の豚味噌炒めなど、素材の滋味あふれる料理の味わいを、すっきりと透明感のある「れんと」が引き立たせる。古民家を改築した風情ある個室で、心づくしの伝統料理をつまみつつ、ゆったり酒盃を傾けたい。

コース
5000円

内容は季節や仕入で異なるが、この日は島らっきょうの塩昆布和え、天然もずく寄せ、島サザエの蒸しものなど。素朴な味わいがうれしい

ハンダマご飯
 

地元野菜の“ハンダマ”の茹で汁で炊いたご飯の色合いが美しい。梅干しやシラスの佃煮を混ぜて味わいと食感をアップ

車海老のほやほや
 

マングローブ原生林で有名な住用地区に伝わる郷土料理で、車海老(季節によりカニを使用)をすり潰したお吸い物。旨み濃厚で黒糖焼酎とも相性抜群

お店からの一言

店主 恵上イサ子さん

「全席個室なので、ゆっくりしていって!」

なつかしゃ家の店舗情報

[住所]鹿児島県奄美市名瀬柳町11-26 [TEL]090-5292-6123 [営業時間]18時~22時頃 [休日]不定休 [席]全50席/全席禁煙/前日までに要予約/カード不可/サ・お通し代なし

電話番号 090-5292-6123
2018年5月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
関連記事
2018年2月、徳島県が情報発信拠点として開業。レストラン、バー、マルシェ、宿泊施設が揃うなど、充実の内容だ。
芳醇な旨みのスープで食す博多風水炊きと宮崎の郷土料理・かご焼きを看板に、2018年5月にオープンした。使用するのは千葉県産の水郷赤鶏。
新潟県のアンテナショップ『表参道・新潟館ネスパス』に新たにオープンした立ち飲みスペース。ここがなかなかおもしろい。
麦焼酎の発祥といわれる壱岐焼酎。大麦2に対し米麹1の割合で仕込まれ、スッキリと飲みやすいものからウイスキーを思わせるものまで多種多様だ。
宮崎の焼酎を常時50種ほどを揃え、おすすめはクラッシュアイスでいただくロック。宮崎焼酎の魅力は、芋をはじめ、麦、蕎麦、栗、トウモロコシなど豊富な原料があること。
吉祥寺飲み&家飲みをしないおっさん女子だったが、最近では吉祥寺昼飲みを解禁した。 理由は“もーやってらんない”自分を、さらに甘やかすため。 休日の昼飲みは、居酒屋系のおっさん女子ですが、平日はオシャレ系です。しかもビールを飲んどります! 
赤々と炭を熾した囲炉裏がこの店の舞台。その周りに置かれた席に腰をかければ“三九劇場”の幕が上がる。
初めて訪れたときは、こんな場所に「お店が⁉」と正直驚いた。 言ってみれば鶴橋商店街のダンジョンから抜けてたどり着いた酒場という印象。 それが「よあけ食堂」だった……。 創業74年。長いカウンター席が特徴的で、一品料理から鍋、洋食など、さまざまな料理が楽しめる名店だ。
ラム肉も豚肉もしゃぶしゃぶに程よい厚みにカットされ、食べ応えがあるのがうれしい。「北海道」だからか、ダシに入っている昆布が立派だった。
店主の杉本さんは“ラーメンの鬼”と呼ばれた故・佐野実氏の下で約4年間修業した経歴の持ち主。旨い一杯への情熱は師匠譲り。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt