奄美大島の居酒屋『あまみの魚たち』

奄美大島の居酒屋『あまみの魚たち』

「南国の魚のウマさを知ってもらいたい!」そうアツく語るのは店主の神山さん。名瀬漁協に足を運び、その日の水揚げから特に上質な魚介だけを自身でセリ落としている。


あまみの魚たち

熟成で引き出される南国の魚の底力に感動!

それを魚種や魚体によって熟成方法を変え、風味が最高潮に達したタイミングで調理する。まずは刺身から試して欲しい。その身はあっさりしつつも噛みしめるごとに凝縮した風味がじんわり舌の上で広がるのだ。まろやかな味わいの「島の宝」をはじめ、奄美の地魚を引き立てる黒糖焼酎を揃えている。

赤松の煮付け 1058円~

醤油は使わずカツオ出汁と塩で味つけ。旬の赤松(ハマダイ)は脂がのり、豊かな風味が身からあふれ出す

お刺身盛り合せ 1人前1058円(写真は2人前)

この日はクロマンダイやハマダイ、アオリイカなど。熟成した魚の旨みを繊細に伝えてくれる奄美の海塩で食す

カサゴの酒蒸し 1814円

シンプルな調理法ながらもカサゴの味わいの深さに驚かされること必至だ

お店からの一言

店主 神山宗徳さん

「奄美の魚を愛してます!」

あまみの魚たちの店舗情報

[住所]鹿児島県奄美市名瀬石橋町4-16 [TEL]090-5008-2680 [営業時間]17時半~22時(21時半LO) [休日]第3火・水 [席]全15席/喫煙可/予約可/カード不可/サなし、お通し代324円別

電話番号 090-5008-2680
2018年5月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


奄美大島の郷土料理『なつかしゃ家』

奄美大島の郷土料理『なつかしゃ家』

“あんま”(お母さん)と親しみをこめて呼ばれるのが、店を切り盛りする恵上イサ子さん。島の中学校の校長を定年退職後、奄美独特の食文化を次の世代に伝えたいと、料理人へ転身した。


奄美大島の郷土料理『焼酎ダイニング SAKE工房 心』

奄美大島の郷土料理『焼酎ダイニング SAKE工房 心』

 黒糖焼酎の品揃えは、島内でもおそらくナンバーワン! 5島からなる奄美群島にあるすべての蔵元の酒を網羅し、そのボトル総数はなんと200本にも及んでいる。


奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

 とびきり贅沢なディナーを楽しむなら、ここを置いて他になし! 使用する野菜や魚介はすべて奄美産。


奄美大島のフレンチ&イタリアン『ブルノア』

奄美大島のフレンチ&イタリアン『ブルノア』

 昼も夜も地元客で満席になる、島内でも指折りの人気店だ。リゾートホテル出身のシェフが作るのは、奄美食材を丁寧に使ったフレンチ&イタリアン。


宮崎の鶏と酒に酔いしれる 谷中『和味』は商店街きっての実力店!

宮崎の鶏と酒に酔いしれる 谷中『和味』は商店街きっての実力店!

繊維の奥からあふれ出す肉汁、ほど良い歯応え、そして冴えわたる旨みに、ひと串目から感動! この鶏肉の正体こそ、宮崎の豊かな山林で、ブロイラーの3倍以上の日数をかけて飼育された「黒岩土鶏」。


最新の投稿


目黒の焼き鳥・鶏料理『やきとり 阿部』

目黒の焼き鳥・鶏料理『やきとり 阿部』

坊主頭にねじり鉢巻きが清々しい、店主の阿部友彦さん。目黒の名店「鳥しき」で修業を積み、2016年に独立。


おっさん女子の吉祥寺パトロール(84) タピオカ・バブルの吉祥寺だけど、本命の台湾カフェはあそこだろ! の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(84) タピオカ・バブルの吉祥寺だけど、本命の台湾カフェはあそこだろ! の件

世の中の台湾フードブームは下火なのかもしれない。しかし吉祥寺は今がピークなんだよ! 都心より遅いんだよ(涙)。吉祥寺は武蔵野市だからね……。 そんなワケで、吉祥寺は、タピオカ・バブルなのである。タピオカミルクティー&台湾スイーツの店が、多すぎなんだよ! もう……! という状況である。


赤坂の焼き鳥・鶏料理『赤坂焼鳥 鳳』

赤坂の焼き鳥・鶏料理『赤坂焼鳥 鳳』

幅広い種類の日本酒やワインとともに、伊達どりや水郷赤鶏、シャモロックなど店主が選び抜いた銘柄鶏・地鶏の串を深夜遅くまで味わえる。野菜串を含んだ6本をいただく「みすじコース」は、ひとりからでも気軽に頼めるのがうれしい。


名古屋エリア限定グルメ情報(63) 家族連れで利用できる本格イタリアン。名古屋・天白『イタリア料理 リベルタ』

名古屋エリア限定グルメ情報(63) 家族連れで利用できる本格イタリアン。名古屋・天白『イタリア料理 リベルタ』

「今日はイタリアンな気分!」と思っても、子供や両親を連れての食事は、どうしても回転寿司やファミレスなどになりがち。やはり、家族でイタリアンというのはハードルが高いのか……?  名古屋市天白区の閑静な住宅街にある『イタリア料理 リベルタ』は、そんな要望に応えてくれる店だ。


大門の焼き鳥・鶏料理『焼鳥 ふくなが』

大門の焼き鳥・鶏料理『焼鳥 ふくなが』

隠れ家のような小さな店構えながらも、こだわりの酒と、ひと手間ふた手間かけた焼鳥で客を魅了する。焼き台に加工備長炭を隙間なく敷きつめることでムラ無く焼き上げ、鶏の肉汁をギュッと閉じ込めた自慢の串には信玄どりを使用。


ランキング


>>総合人気ランキング