MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
【閉店】恵比寿の日本料理『紫長』

【閉店】恵比寿の日本料理『紫長』

気にはなるけど入るのに勇気がいる店がある。扉の向こうはどんな世界?

※閉店※紫長(最寄駅:恵比寿駅)

工夫を凝らした和食が旨い大人の隠れ家

エイッと暖簾をくぐると、そこはわずか8席のカウンター空間。キリリと白衣を着た店主が迎えてくれる。むむ、アタリの予感……と、これが同店の第一印象である。予感が確信に変わるのはコース1品目からだ。ある日は牛乳で作る嶺岡豆腐とイクラの華やかなひと皿。これがクリーミーで味わい深くて。実は店主が千葉出身で、地元の嶺岡牧場が日本の酪農発祥地ゆえに牛乳の豆腐を出すことが多いのだそう。郷土愛は他の食材にも。魚は千葉県産を中心に揃え、米は実家で作る田植え後農薬不使用のコシヒカリ。見た目も味も工夫された料理に、ほぉ~と感心することしきり。さらに季節でアワビなど上物も登場すると聞けば、四季ごとに通いたくなる。勇気を出して入って正解と思う瞬間である。

コース 仕入れによって内容と品数は変わる
5400円

「毛ガニのしんじょう」はカニ味噌と毛ガニから取ったダシで味わう。捻りを利かせた「新玉ネギのふろふき」はトロリと甘い。ハムは酒を飲んでいるお客さんのつまみとして出すことも

みねおか豆腐のいくら掛け、お造り(鯵、鯛)
 

牛乳で作った豆腐はコクがあってもっちり。イクラが散りばめられた見た目も美しい。お造りは東京湾のアジなど

鯵の握り
 

握りが出ることもあるのは長谷川さんがかつて寿司屋で修業したこともあるから。シャリには寝かせた古米を使う

桜海老と自家製紅生姜のかき揚げ
 

風味豊かな桜エビと紅生姜が相性抜群

お店からの一言

店主 長谷川裕久さん

「料理に工夫を感じてもらえるコース構成を心掛けています」

※閉店※紫長の店舗情報

[住所]東京都渋谷区恵比寿1-29-16 [TEL]03-6721-9664 [営業時間]12時~14時、18時~23時(22時LO)※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]カウンターのみ、全8席/全席禁煙/予約可/カード可/サ10% [交通アクセス]JR山手線ほか恵比寿駅東口から徒歩8分 ※コースは前日までに要予約

電話番号 03-6721-9664
2018年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
全国から厳選した日本酒が常時40~50種類揃う。銘柄は敢えて固定せず、その季節で一番旨いものを仕入れるのが六三四流。
更新: 2019-04-22 12:00:00
1階はカウンター立食席で、お昼はおむすび、夜はお酒と軽めの食事を提供。2階は小さな本屋スペースと一緒に、座って飲食を楽しめる空間になっている。
更新: 2019-04-15 12:00:00
 能、狂言、日本舞踊……これほどの伝統芸能、各流派が日替わりで出演する場は他にはないだろう。2018年3月に誕生したこちらは人気アーティストの木村英智さんが手掛ける劇場型レストラン。
更新: 2019-04-04 18:00:00
全コースに登場する文字通りの看板料理、それが鯛茶漬けだ。店主の内山さん曰く「好きだった修業先の味」で、独立の際に自身の店でも定番で出すようになった。
更新: 2019-02-25 12:00:00
銀座の高級日本料理と聞けば身構えるがこちらは例外。全てが一流でありながら、明るく清々しい接客で緊張をゆるりとほぐしてくれる。
更新: 2019-02-24 12:00:00
最新の投稿
皇居は雄大な歴史と自然に触れあえる日本人の心の場。丸の内、日比谷、東京駅からのアクセスもよく、皇居観光や散歩を楽しんだ後は、ランチ・グルメや買い物へも出かけやすい。春は桜、秋は紅葉、四季を通じて楽しめる魅力をご紹介。
更新: 2019-04-24 14:18:43
インド料理店は都内に数あれど、同店はスパイスやハーブの香りが爽やかで鮮烈。それもそのはず、ビリヤニには17種ものスパイスが入り、ランチメニューにはインド現地でも希少な「ジャッキャ」という香り高いスパイスを必ず盛り込んでいるのだという。
更新: 2019-04-24 12:00:00
平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。
更新: 2019-04-23 16:00:00
黒ゴマをまとい旨みが増したサーモンに、きめ細やかな衣で甘みを最大限に引き出した天使の海老……。素材により4種の衣を使い分け、白絞油でカラリと揚げた串はどれも独創的かつ完成度の高い仕上がりだ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
富山のチューリップの撮影はけっこう難しいことで有名です。 花が見られる時間は長くても数日。 さらに、天気が良くて背景の立山連峰まで美しく見えるという条件がそろわなくてはなりません。 なかなかの難題……。 今回は、ちょっと昔の思い出と、ホタルイカ三昧のお話です。
更新: 2019-04-22 16:01:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt