MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
恵比寿の日本料理『和の食 いがらし』

恵比寿の日本料理『和の食 いがらし』

煮物、焼き物、あるいはそのままで。四季折々の海や山の幸の味わいを生かし、様々に見目麗しく調理する。

和の食 いがらし(最寄駅:恵比寿駅)

和食の魅力が詰まった全17品にため息必至

それが和食の魅力のひとつであるなら、ここ「いがらし」は和食のど真ん中を楽しませる店だ。「素材の味を引き出す味わい」をモットーに、こだわりのダシ、塩、醤油、赤酒を使い、端正に仕上げた料理たちは、供された時の美しさ、口に含んだ時の香り、噛み締めた際の食感や味わいと食べ手の様々な感覚を刺激してやまない。ひと口ごとに「旨い」が出てしまう。 今回紹介するコースは、同店の開店10周年を記念した8月末までの特別コース。内容は月によって変わるが、4月の取材日に出されたのはタケノコやフキノトウといった山菜、ホタルイカ、太刀魚といった春の美味を中心にしたもので、そこにタイのウロコや葛で固めた天ツユを魚と一緒に揚げたものなどアイデア溢れる料理が加わった全15品。もちろん食事を引き立てる酒も幅広く用意されている。和食が演出する至福の時間を過ごすなら、早めの予約がベターなのは言うまでもない。

10周年記念特別コース(8月末まで。写真は4月のもの)
6000円

「見た目でも驚いてもらいたくて」と益子焼の作家・青木瑞晃氏のものをはじめ、月に一度は器を購入し、端正な料理を演出する

筍とうすい豆豆腐

うすい豆とタケノコ、木の芽が春の淡い苦味を楽しませてくれる

筍の真丈と山菜

マグロ節も使った上品なダシが素材の味を引き立てる

鯛の湯葉包み揚げ

湯葉の中には天然のタイと葛で固めた天ツユが。咀嚼することで初めて美味しさが重なるひと品

若布、筍、蕗、鯛の子の炊き合わせ

山菜のほろ苦さがタイの子の甘みを引き立て、酒が進む味わいだ

土鍋ご飯(うに・写真は2人前)

「いがらし」名物の土鍋ご飯。ふっくらと香り豊かに炊かれたご飯に悶絶です

デザート(焼き葛餅、果実のゼリー寄せ)

ただの水菓子ではつまらないと、ゼリー寄せにはアングレーズソースを、葛餅も米油で焼いて提供と最後までひと手間を惜しまない。特別コースは前日までの要予約となっている

お店からの一言

店主 五十嵐明良さん

「季節の美味を堪能しに来てください」

和の食 いがらしの店舗情報

[住所]東京都渋谷区恵比寿4-9-15 HAGIWARA BLD.5 2階 [TEL]03-3447-9893 [営業時間]12時~13時(最終入店)、18時~21時(最終入店)※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]カウンターあり、全22席/全席禁煙/予約可/カード可/サ10%別 [交通アクセス]JR山手線ほか恵比寿駅東口から徒歩6分※「いがらし」の価格は税抜きになります。

電話番号 03-3447-9893
2018年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
前割り(あらかじめ水で割って寝かされ、まろやかな味わいになる)の焼酎が常時4種類。ゆったりしたカウンターで、ビール代わりにそこから始めるのもいい。
更新: 2019-06-05 13:07:24
古民家の一軒家で和食とワインの秀逸な組み合わせを提案するこちら。毎朝築地に通い、魚を知り尽くす大将の中湊さんは酢の物をひと捻りして、この店に揃うナチュラルなワインと合うスタイルで提案。
更新: 2019-06-10 11:41:15
店主は毎朝築地へ足を運び、勝ち得た信頼と目利きにより入手した天然ものの魚にこだわる。そんな和食店で提供される、肉好きも大満足のメニューが右の逸品。
更新: 2019-06-10 11:32:10
夜は息子のイタリアン『MAGARI DE CICCIO』、昼は父親が営む日本料理店とふたつの顔を持つ。昼の定食は4種。
更新: 2019-05-13 13:58:00
全国から厳選した日本酒が常時40~50種類揃う。銘柄は敢えて固定せず、その季節で一番旨いものを仕入れるのが六三四流。
更新: 2019-05-15 15:18:23
最新の投稿
 「担々麺は食事の最後に食べていただくので、できる限りシンプルを心掛けています」と店主の中村さん。化学調味料などを一切使わない中村さんの中華料理は、味に奥行きを持たせるために発酵調味料を駆使する。
更新: 2019-07-22 12:00:00
うなぎは地下水で2日間生かした張りの良いもの、米は精米したての香り豊かなもの、熱々を提供するためタレは湯煎で温めてご飯にかけるなど、短い文章では到底書き切れない店の姿勢はこのうな重を食せばわかるはず。昭和12年に創業した八王子の本店は信頼する職人に任せ、2年前に出店した吉祥寺店を切り盛りするのが日本料理店でも修業した3代目だ。
更新: 2019-07-22 13:14:53
約30年間営業を続けた老舗が幕を下ろし、若き店主・島田さんが昨年同じ屋号で再スタートを切った。うなぎは地焼きの関西風と、蒸しの入った関東風のどちらも味わえるのがこの店ならでは。
更新: 2019-07-22 13:04:43
吉祥寺で焼肉といえば、地元で大人気の行列店『R』である。 しかし、今、吉祥寺は「ひとり焼肉」がブームの兆しなのであった……。 おひとり様上等のおっさん女子もこのブームにちょっと乗ろうと思って、パトロールをしてみたので、その結果をお伝えしようと思います。
更新: 2019-07-19 15:48:00
堺市の本店は、元々うなぎの持ち帰り専門店として営業。50年近くの歴史を持つ。
更新: 2019-07-22 13:32:51

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt