MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
名古屋エリア限定グルメ情報(61) 名古屋の天ぷらの名店『光村』に“はなれ”がオープン! コース料理やデリバリーサービスも開始

名古屋エリア限定グルメ情報(61) 名古屋の天ぷらの名店『光村』に“はなれ”がオープン! コース料理やデリバリーサービスも開始

名古屋・清水の『天ぷら かき揚げ 光村』。10尾分の海老を使ったボリューム満点の「かき揚げ丼」が有名な天ぷらの名店に、別棟がオープン。 その名も『光村 HANARE』。趣のある母屋とは一線を画した、モノトーンを基調としたスタイリッシュなお店だ。

名古屋の天ぷらの名店『光村』に“はなれ”がオープン! コース料理やデリバリーサービスも開始


名古屋・清水の『天ぷら かき揚げ 光村』。

以前も『まとメシ/名古屋エリア限定グルメ情報(35)』で紹介したが、10尾分の海老を使ったボリューム満点の「かき揚げ丼」が有名な天ぷらの名店だ。

2018年12月、この名店の店舗横に別棟がオープンした。


その名も『光村 HANARE』。

趣のある母屋とは一線を画した、モノトーンを基調としたスタイリッシュな造りだ。

3階建てで、客席は入ってすぐの階段を上った2階にある。



こちらが客席。

全36席で、中央の扉で仕切ることができる。

忘新年会や歓送迎会、結納、法事など利用シーンはさまざま。

利用は10名以上で要予約。


「これまで団体様の予約は平日の夜のみ受け付けていましたから、ほとんど需要はありませんでした。
が、これからは週末でも、昼間でも大丈夫です。
おかげさまで年末から1月半ばくらいまでの毎週末は忘新年会の予約で埋まっていました」と、
代表の水谷之俊さん。



水谷さんは、母屋では主に接客を担当しているが、もともとは料理人。

東京で割烹料理店や料亭などで修業を積み、今もその腕は衰えてはいない。

天ぷらは弟で料理長の浩三さんが担当するが、それ以外の料理の調理は之俊さんによるものだ。


『光村 HANARE』を利用する場合、メニューは全8品のコースのみ。

内容は籠盛りの前菜6品とお造り、蒸し物、季節の天ぷら2皿、サラダ、かき揚げ、食事、デザートの全8品だ。



「ウチは天ぷら屋ですから、コースであってもいかに天ぷらを美味しく召し上がっていただくかを考えて内容を決めています」と水谷さん。

気になる値段だが、これで5000円(税・サ込)。

「天ぷらは庶民の食べ物である」という店のポリシーは、コースであっても変わらないのだ。



『光村 HANARE』がオープンして、新たなサービスもはじまった。

それは「かき揚げ丼」(1300円)や、「天丼」(1300円)などのデリバリーだ。

これまで店内で飲食をする客を待たせてしまうので断っていたが、1階に専用の揚げ場を新設することで可能になった。

注文は10個以上からなので、会社単位で注文するケースが多いそうだが、家族や親戚が集まる機会に利用してみてはいかがだろう?


天ぷら かき揚げ 光村/光村 HANARE
[住所]愛知県名古屋市北区清水3-19-18
[TEL]052-911-3512
[営業時間]11時~14時(13時半L.O.)、17時~21時
[定休日]水曜








永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。

このグルメ記事のライター
永谷正樹@まとメシ

名古屋メシの専門家として、実際に食べてみて本当に美味しかったものや、名古屋のグルメ事情について、好き勝手に書き綴る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
名古屋市東区赤塚町に明治、大正、昭和、平成、そして令和と、5つの時代を駆け抜けた店がある。創業1888(明治21)年の麺類食堂『森田屋』がそれだ。老舗だからといって敷居が高いわけではない。131年間にわたって地元の人々に愛されているのだ。
更新: 2019-04-22 16:00:00
名古屋郊外で昔からのれんを掲げる寿司店といえば、ネタもシャリも大きく、シャリの味付けがやや甘めというイメージが強い。 そんななか、一宮市にある『楽山』は、寿司と割烹を二本柱にして営業する、名古屋からも多くの客が訪れる注目店なのである……。
更新: 2019-04-18 10:53:54
名古屋の玄関口、名古屋駅界隈には名古屋めしを出す店が軒を連ねている。 名古屋駅構内の名古屋中央通りにある『マーメイドカフェ JR名古屋駅店』もその一つ。しかも、「ちょっと変わった名古屋名物を……」ということで、青柳総本家「青柳ういろう」と、店自慢の「クロワッサン」とのコラボを考えたのだった……。
更新: 2019-03-18 16:00:00
岐阜県は、国的な知名度を誇る飛騨牛をはじめ、ブランド豚の美濃けんとん、奥美濃古地鶏など、食材の宝庫。今回は番外編として、岐阜で私が見つけた美味しい店『手打ちうどん 丼物 角浅(かくあさ)』を紹介しよう。
更新: 2019-03-11 16:14:20
以前にも触れたが、2018年9月、私は台湾・台北へ行ってきた。 そのとき、台北駅構内の飲食店街で大行列を作っていたのが『鶏三和 微風台北駅店』。台湾の人たちが、とろとろ・ふわふわ食感の親子丼を美味しそうに食べていたのを今でも覚えている……。
更新: 2019-02-27 16:05:00
最新の投稿
皇居は雄大な歴史と自然に触れあえる日本人の心の場。丸の内、日比谷、東京駅からのアクセスもよく、皇居観光や散歩を楽しんだ後は、ランチ・グルメや買い物へも出かけやすい。春は桜、秋は紅葉、四季を通じて楽しめる魅力をご紹介。
更新: 2019-04-24 14:18:43
インド料理店は都内に数あれど、同店はスパイスやハーブの香りが爽やかで鮮烈。それもそのはず、ビリヤニには17種ものスパイスが入り、ランチメニューにはインド現地でも希少な「ジャッキャ」という香り高いスパイスを必ず盛り込んでいるのだという。
更新: 2019-04-24 12:00:00
平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。
更新: 2019-04-23 16:00:00
黒ゴマをまとい旨みが増したサーモンに、きめ細やかな衣で甘みを最大限に引き出した天使の海老……。素材により4種の衣を使い分け、白絞油でカラリと揚げた串はどれも独創的かつ完成度の高い仕上がりだ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
富山のチューリップの撮影はけっこう難しいことで有名です。 花が見られる時間は長くても数日。 さらに、天気が良くて背景の立山連峰まで美しく見えるという条件がそろわなくてはなりません。 なかなかの難題……。 今回は、ちょっと昔の思い出と、ホタルイカ三昧のお話です。
更新: 2019-04-22 16:01:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt