MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
名古屋エリア限定グルメ情報(61) 名古屋の天ぷらの名店『光村』に“はなれ”がオープン! コース料理やデリバリーサービスも開始

名古屋エリア限定グルメ情報(61) 名古屋の天ぷらの名店『光村』に“はなれ”がオープン! コース料理やデリバリーサービスも開始

名古屋・清水の『天ぷら かき揚げ 光村』。10尾分の海老を使ったボリューム満点の「かき揚げ丼」が有名な天ぷらの名店に、別棟がオープン。 その名も『光村 HANARE』。趣のある母屋とは一線を画した、モノトーンを基調としたスタイリッシュなお店だ。

名古屋の天ぷらの名店『光村』に“はなれ”がオープン! コース料理やデリバリーサービスも開始


名古屋・清水の『天ぷら かき揚げ 光村』。

以前も『まとメシ/名古屋エリア限定グルメ情報(35)』で紹介したが、10尾分の海老を使ったボリューム満点の「かき揚げ丼」が有名な天ぷらの名店だ。

2018年12月、この名店の店舗横に別棟がオープンした。


その名も『光村 HANARE』。

趣のある母屋とは一線を画した、モノトーンを基調としたスタイリッシュな造りだ。

3階建てで、客席は入ってすぐの階段を上った2階にある。



こちらが客席。

全36席で、中央の扉で仕切ることができる。

忘新年会や歓送迎会、結納、法事など利用シーンはさまざま。

利用は10名以上で要予約。


「これまで団体様の予約は平日の夜のみ受け付けていましたから、ほとんど需要はありませんでした。
が、これからは週末でも、昼間でも大丈夫です。
おかげさまで年末から1月半ばくらいまでの毎週末は忘新年会の予約で埋まっていました」と、
代表の水谷之俊さん。



水谷さんは、母屋では主に接客を担当しているが、もともとは料理人。

東京で割烹料理店や料亭などで修業を積み、今もその腕は衰えてはいない。

天ぷらは弟で料理長の浩三さんが担当するが、それ以外の料理の調理は之俊さんによるものだ。


『光村 HANARE』を利用する場合、メニューは全8品のコースのみ。

内容は籠盛りの前菜6品とお造り、蒸し物、季節の天ぷら2皿、サラダ、かき揚げ、食事、デザートの全8品だ。



「ウチは天ぷら屋ですから、コースであってもいかに天ぷらを美味しく召し上がっていただくかを考えて内容を決めています」と水谷さん。

気になる値段だが、これで5000円(税・サ込)。

「天ぷらは庶民の食べ物である」という店のポリシーは、コースであっても変わらないのだ。



『光村 HANARE』がオープンして、新たなサービスもはじまった。

それは「かき揚げ丼」(1300円)や、「天丼」(1300円)などのデリバリーだ。

これまで店内で飲食をする客を待たせてしまうので断っていたが、1階に専用の揚げ場を新設することで可能になった。

注文は10個以上からなので、会社単位で注文するケースが多いそうだが、家族や親戚が集まる機会に利用してみてはいかがだろう?


天ぷら かき揚げ 光村/光村 HANARE
[住所]愛知県名古屋市北区清水3-19-18
[TEL]052-911-3512
[営業時間]11時~14時(13時半L.O.)、17時~21時
[定休日]水曜








永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。

このグルメ記事のライター
永谷正樹@まとメシ

名古屋メシの専門家として、実際に食べてみて本当に美味しかったものや、名古屋のグルメ事情について、好き勝手に書き綴る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
連日の猛暑で外出するのも億劫になる。そんなときは、味噌煮込みうどんを食べて涼しくなろう! えっ? 余計に暑くなるって!? いやいや、食べれば食べるほど涼しくなる味噌煮込みうどんを名古屋市中区新栄近くにある『吉野屋』で発見したのだ……。
更新: 2019-08-20 15:50:00
エビフライは十分にメインを張れるメニューだと思う。では、えびかつはどうだろう。エビ風味のはんぺんばかりでえびはほとんど入っていない……。そんなイメージではないだろうか。私もそうだった。あの、えびかつに出会うまでは……。
更新: 2019-08-13 16:10:00
いよいよ、夏も本番。 こんなにも暑いと、仕事を終えて家に帰る前にサクッと飲みたくなる。それも、できれば駅から近いところで。そこで今回紹介したいのは、JR名古屋駅のホームにある『かきつばた』。開店の11時からお酒がのめる、「せんべろ」のお店だ……。
更新: 2019-08-02 16:02:00
夏を代表する名古屋めしといえば、キリッと冷えたきしころ。 今回紹介するのは、愛知県春日井市にある『えびすや 勝川店』。地元の人々に愛され、今年7月で創業40年目を迎えた。これまで私は、数多くの店できしころを食べ歩いてきたが、ここはかなりレベルが高い。自信を持って勧められる店なのだ。
更新: 2019-07-25 16:31:00
名古屋では、ここ10年くらいの間に5000円程度で本格的な寿司が味わえる店が少なくなった。 そんななか、JR中央本線大曽根駅前の『おおぞね鮨』は、今年5月にリニューアルオープンしたのを機に驚くべき変貌を遂げた。 もっと地元の方が気軽に楽しめるように、思いきってリーズナブルな価格にしたというのだ……。
更新: 2019-07-09 16:15:00
最新の投稿
連日の猛暑で外出するのも億劫になる。そんなときは、味噌煮込みうどんを食べて涼しくなろう! えっ? 余計に暑くなるって!? いやいや、食べれば食べるほど涼しくなる味噌煮込みうどんを名古屋市中区新栄近くにある『吉野屋』で発見したのだ……。
更新: 2019-08-20 15:50:00
魚は全国の選りすぐりの漁師船から買い付け。その日の朝獲れたピチピチ鮮魚のほか、「神経〆」という特別な絞め方をされた旬魚が届き、一番美味しい状態で出せるよう、魚によっては寝かせて熟成させる。
更新: 2019-08-20 12:00:00
氷が見えないほどクリームで覆い尽くした、インパクト大な“苦くない抹茶”のかき氷。3種のソースが使われており、味わいのバランスが絶妙で美味しさはもちろんだが、掘っていく楽しみもある。
更新: 2019-08-19 12:00:00
熱々のうなぎとご飯をほおばると、脂のコクとタレの甘みを感じつつもすぅっと溶けるような食べ心地。大串がのる鰻重でも、最後まで飽きることなくお年寄りから子どもまでパクパクと箸が進んでしまう。
更新: 2019-08-18 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt