MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
根津の焼き鳥・鶏料理『照隅』

根津の焼き鳥・鶏料理『照隅』

柔らかな雰囲気の店内。店主の杉本さんの応対も温かいなぁと和んでいたら、コースの序盤から一本取られてしまった。

照隅(最寄駅:根津駅)

驚きあり歓喜あり食して知る比内地鶏の可能性

「焼鳥屋の主役は鶏。妥協したくない」と選んだのは、秋田直送の比内地鶏。生クリームをそえたパテ、自家製ラー油が痺れる棒棒鶏など、前菜の巧みさからして、その実力は只者ではない! 続く串も、つくねにはベトナムの生胡椒や山椒を、ぼんぢりにはナッツを使った中東のスパイス「デュカ」を少々。和食、フレンチ、エスニックからヒントを得て取り入れている。〆の鶏スープで幕を下ろす頃には、照隅の美味なる術中に、深々とはまっていた。

おまかせコース
4100円

写真の料理+漬物も付く。21時までは要コース注文。照隅コース5180円もある
※季節の一例(前菜1(棒棒鶏)、鶏スープ、レバーパテ&鶏リエット、季節のスープ、前菜2(ふきのおひたし)、野菜焼1種(佐賀アスパラ焼き)、鳥逸品(皮、砂肝、こごみの梅肉和え)、季節のサラダ、焼鳥6本(ぼんぢり、ねぎ間、うずら、レバー、抱き身、つくね))

シャントゥカイユ うずらの半身焼
810円

1週間寝かせて旨みを増幅させたうずら肉。果実味豊かなピノ・ノワールがよく合う

そぼろ丼
1080円

鳥そぼろと九条ネギをご飯に混ぜ込み、きんかん(黄身)漬けをトッピング

お店からの一言

店主 杉本浩一郎さん

「寛げる雰囲気を心がけておりますぜひお気軽に!」

照隅の店舗情報

[住所]東京都文京区根津1-1-21 [TEL]03-5834-8891 [営業時間]18時~24時(23時LO) [休日]木、第2・3水 [席]カウンター席あり、全14席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、お通し代540円別 [交通アクセス]地下鉄千代田線根津駅2番出口からすぐ

電話番号 03-5834-8891
2018年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
筋肉質な食感を楽しんでほしいと、使用するのは熊野地鶏のオスのみ。炭火でパリッと焼かれた皮の歯ざわり、高反発な肉質に驚かされる。
更新: 2019-05-20 11:50:16
坊主頭にねじり鉢巻きが清々しい、店主の阿部友彦さん。目黒の名店「鳥しき」で修業を積み、2016年に独立。
更新: 2019-02-21 12:00:00
幅広い種類の日本酒やワインとともに、伊達どりや水郷赤鶏、シャモロックなど店主が選び抜いた銘柄鶏・地鶏の串を深夜遅くまで味わえる。野菜串を含んだ6本をいただく「みすじコース」は、ひとりからでも気軽に頼めるのがうれしい。
更新: 2019-02-20 12:00:00
隠れ家のような小さな店構えながらも、こだわりの酒と、ひと手間ふた手間かけた焼鳥で客を魅了する。焼き台に加工備長炭を隙間なく敷きつめることでムラ無く焼き上げ、鶏の肉汁をギュッと閉じ込めた自慢の串には信玄どりを使用。
更新: 2019-04-12 14:35:50
店名の「そかろ」とは、ご主人が以前住んでいたメキシコにある「中央広場(公園)」の意味。「いろんな人が自然と集まる、憩いの場でありたいですね」と話す本間さん。
更新: 2019-02-17 12:00:00
最新の投稿
新大橋通りに面した角に立つ小さなお店。中に入ると、多種多様なベルギービールが棚にずらりと並び、常時50~60種もの味を楽しめる。
更新: 2019-05-21 12:00:00
店主は毎朝築地へ足を運び、勝ち得た信頼と目利きにより入手した天然ものの魚にこだわる。そんな和食店で提供される、肉好きも大満足のメニューが右の逸品。
更新: 2019-05-20 12:00:00
「かろかろん♪」と鈴が鳴るドアを開けると、アフリカ調の素朴な色合いと華やかさが入り混じったリラックス空間が広がる。多国籍の雑貨を売っていた所に、お茶や食事を楽しめるスペースを開設したのが始まり。
更新: 2019-05-20 11:44:41
洋食店としての創業ながら、先代はとんかつ専門店だったという歴史を持つ店の当代が打ち出したのは、驚くほどふわふわのハンバーグ。「子どもの頃、親父が作るハンバーグが好きで、それを再現したかった」と店主は笑う。
更新: 2019-05-20 11:47:44

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt