MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
赤坂の焼き鳥・鶏料理『赤坂焼鳥 鳳』

赤坂の焼き鳥・鶏料理『赤坂焼鳥 鳳』

幅広い種類の日本酒やワインとともに、伊達どりや水郷赤鶏、シャモロックなど店主が選び抜いた銘柄鶏・地鶏の串を深夜遅くまで味わえる。野菜串を含んだ6本をいただく「みすじコース」は、ひとりからでも気軽に頼めるのがうれしい。

赤坂焼鳥 鳳(最寄駅:赤坂駅)

おひとり様から接待まで使える最高のひと串

〆のスープは他店よりも濃厚な白湯仕上げ。ガラやもみじなどを店で12時間以上も炊き上げて作っているため、クセになる旨さだ。また強力なロースターが紀州備長炭の煙を吸い上げているため、店内の空気はすっきり。ひとりでもデートでも接待でも使いやすい、頼りになる店だ。

みすじコースの一例(前菜3種、濃厚鶏スープ、自家製厚揚げ、串焼き6本)
3780円

旬の野菜串も滋味深い。手作りの厚揚げやぬか漬けなどの副菜も丁寧な味

自家製肉みそ 野菜桶
1000円

鶏の肉味噌と生野菜の相性が抜群

鶏レバーのクレームブリュレ
700円

キャラメリゼの甘みとレバーの塩気が至福の逸品

お店からの一言

店主 大沼正明さん

「深夜帯でもお食事をゆっくりお楽しみください」

赤坂焼鳥 鳳の店舗情報

[住所]東京都港区赤坂3-12-18 第8荒井ビル 地下1階 [TEL]03-5575-3008 [営業時間]17時~翌4時(翌3時LO) [休日]日・祝、土不定休 [席]カウンターあり、全32席/全席喫煙可/予約可/カード可/サ700円 [交通アクセス]地下鉄千代田線赤坂駅1番出口から徒歩3分

電話番号 03-5575-3008
2018年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
筋肉質な食感を楽しんでほしいと、使用するのは熊野地鶏のオスのみ。炭火でパリッと焼かれた皮の歯ざわり、高反発な肉質に驚かされる。
更新: 2019-05-20 11:50:16
坊主頭にねじり鉢巻きが清々しい、店主の阿部友彦さん。目黒の名店「鳥しき」で修業を積み、2016年に独立。
更新: 2019-02-21 12:00:00
隠れ家のような小さな店構えながらも、こだわりの酒と、ひと手間ふた手間かけた焼鳥で客を魅了する。焼き台に加工備長炭を隙間なく敷きつめることでムラ無く焼き上げ、鶏の肉汁をギュッと閉じ込めた自慢の串には信玄どりを使用。
更新: 2019-04-12 14:35:50
柔らかな雰囲気の店内。店主の杉本さんの応対も温かいなぁと和んでいたら、コースの序盤から一本取られてしまった。
更新: 2019-02-21 10:58:47
店名の「そかろ」とは、ご主人が以前住んでいたメキシコにある「中央広場(公園)」の意味。「いろんな人が自然と集まる、憩いの場でありたいですね」と話す本間さん。
更新: 2019-02-17 12:00:00
最新の投稿
店主の川畠さん曰く「生まれ育った能登の魚の旨さを伝えたいという思いから、"飲食店スタイルのアンテナショップ"として立ち上げた」というお店は、生産者と繋がっている。天然の「絹もずく」ももちろん産地直送。
更新: 2019-05-26 12:00:00
夜お茶というのは、女子の習慣なのかもしれない。しかしおっさん女子と名乗りながらも、私も女子の端くれ、夜お茶は大好きでごわす。 平成も終って、令和になって、吉祥寺も変わるワケですが、でもこの店がなくなったら、吉祥寺はもう終わりなんじゃないの?という、夜お茶のできる店がおっさん女子的にあります……。
更新: 2019-05-24 20:47:00
2018年3月のオープンながらすでに東中野の名店とも言えるもつ焼き屋がこちら。何気に希少な部位も揃い、肉質、焼き加減ともに見事で、お店の活気も気持ちいい。
更新: 2019-05-24 12:00:00
沖縄出身の店主・新垣さんが、「魚や野菜も地元糸満から仕入れている」という、亀戸で人気の沖縄ダイニング。こちらで人気のもずく酢は、本島東部、勝連産の天然もの。
更新: 2019-05-24 09:53:26

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt