MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
目黒の焼き鳥・鶏料理『やきとり 阿部』

目黒の焼き鳥・鶏料理『やきとり 阿部』

坊主頭にねじり鉢巻きが清々しい、店主の阿部友彦さん。目黒の名店「鳥しき」で修業を積み、2016年に独立。

やきとり 阿部(最寄駅:目黒駅)

ストップをかける声を忘れる至福の"おまかせ"

「目の前でお客さんの反応を見て、会話して、最高の状態で提供する。このライブ感に魅せられて、焼鳥の世界に入りました」と話す、34歳の若き実力者だ。 ここは定料金のコースはなく“おまかせ”が主体。肉汁が弾けるかしわ、肉厚で小気味よい歯応えのせせり、本わさびをのせた極レアのささみなどが、絶妙な間合いで繰り出される。クセがない伊達鶏の串は、後口も軽やか。満腹になったらストップをかけるシステムだが、止めるのを忘れてしまいそうになる。

串焼きお任せの一例(突き出し(春野菜のバーニャカウダ、カリフラワーのパンナコッタ)、チキンカツサンド、うずら、かしわ、つくね、ささみ、せせり、ししとう)
3240円

3000円目安でストップした場合の一例。突き出し(お通し)540円込み。名物カツサンドも絶品

濃密卵かけご飯
648円

満腹でも抗えない〆メニュー。徳島県産「たむらのタマゴ」の美しい黄身に見惚れる

濃厚カスタードプリン
432円

卵黄と生クリームで作る濃厚な味わい

店主の出身地・新潟の純米吟醸「あべ」など地酒にもこだわる

お店からの一言

店主 阿部友彦さん

「焼鳥と好相性のオレンジワインやロゼも揃ってます」

やきとり 阿部の店舗情報

[住所]東京都品川区上大崎3-3-4 [TEL]03-5422-9834 [営業時間]18時~23時最終入店(24時LO) [休日]日、月2日不定休 [席]カウンター席あり、全17席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、お通し代540円別 [交通アクセス]JR山手線ほか目黒駅東口から徒歩4分

電話番号 03-5422-9834
2018年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
久我山にある名居酒屋『器楽亭』が昨年オープンさせた博多水炊きの専門店。鶏ガラをずんどう鍋で7~8時間かけて強火で炊いた濃厚スープを、まずはひと口。
 大将が炭火を微調整しながら焼き上げる姿に見惚れてしまった。コースでオーダーした焼鳥の「ささみ」や「砂肝」の絶妙な塩気、「もも肉」や「ねぎ巻」などはしっかりめの焼き具合で供され、熱々を頬張ればあふれ出てくる旨さに感動。
この店の真骨頂を知るならば、まずはコースを注文したい。和食で経験を積んだ店長が腕によりをかけた前菜や一品料理は、食材の滋味を引き出した繊細な味わい。
「肉は骨付きがウマい」が店主・水野さんの信条だ。身の柔らかなひな鳥を米油でじっくり火入れした素揚げが看板のひとつ目。
筋肉質な食感を楽しんでほしいと、使用するのは熊野地鶏のオスのみ。炭火でパリッと焼かれた皮の歯ざわり、高反発な肉質に驚かされる。
赤々と炭を熾した囲炉裏がこの店の舞台。その周りに置かれた席に腰をかければ“三九劇場”の幕が上がる。
初めて訪れたときは、こんな場所に「お店が⁉」と正直驚いた。 言ってみれば鶴橋商店街のダンジョンから抜けてたどり着いた酒場という印象。 それが「よあけ食堂」だった……。 創業74年。長いカウンター席が特徴的で、一品料理から鍋、洋食など、さまざまな料理が楽しめる名店だ。
ラム肉も豚肉もしゃぶしゃぶに程よい厚みにカットされ、食べ応えがあるのがうれしい。「北海道」だからか、ダシに入っている昆布が立派だった。
店主の杉本さんは“ラーメンの鬼”と呼ばれた故・佐野実氏の下で約4年間修業した経歴の持ち主。旨い一杯への情熱は師匠譲り。
静かな北鎌倉は夜になるといっそうひっそりとする。通りからさらに少し引っ込んだ『こころや』は、知らなければまず辿りつけない。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt