MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
銀座の日本料理『日本料理 銀座 いしづか』

銀座の日本料理『日本料理 銀座 いしづか』

ランチと言えど仕込みも器もしつらえも妥協なし。それは美しい料理の数々をひと目見れば分かるだろう。

日本料理 銀座 いしづか(最寄駅:銀座一丁目駅)

瀬戸内直送の魚のお造りに唸る!

板場に立つのは北大路魯山人らも愛した「紀尾井町福田家」、「分とく山」など数々の名店で腕を磨いた店主の石塚さん。5年前に独立し、旬の食材を駆使したおまかせ料理でファンを増やしている。例えば魚は瀬戸内の漁港から毎日直送。それら新鮮なお造りはご覧の充実度だ。白身に合う自家製梅醤油と土佐醤油の2種の醤油で供するのも気が利いている。店にはあえて個室を設けず、目を配れるよう板場から全ての席が見渡せる配置に。細部までおもてなしの精神が感じられる。

銀一コース
【御造り】しめ鯖炙り、こち、真鯛、本鮪赤身、ホタテ、平目ポン酢おろし、水ダコ
4104円(全7品)

瀬戸内直送のこちや真鯛、しめ鯖など種類も豊富

【先付一品】生よもぎの胡麻豆腐
 

生のヨモギを使うので香り豊か

【先付二品】夏野菜の白和え
 

この日の野菜はアスパラなど

【温物】うるい小松菜蕨の煮浸し
 

山菜の旨みと小松菜の食感が美味

【強肴】炊き合わせ
 

コースでは5のお造りの後に提供される。冬瓜のスープ煮やタコのやわらか煮など

【食事】えんどう豆の土鍋ご飯
 

色鮮やかなえんどう豆が目を引く土鍋ご飯。その日により筍や鯛飯なども登場する

【甘味】水寒天
 

ほんのり柚子の香り

お店からの一言

店主 石塚規さん

「夜はオリーブ牛などこだわりの食材も用意しています」

日本料理 銀座 いしづかの店舗情報

[住所]東京都中央区銀座1-13-8 ハビウル銀座5階 [TEL]03-6228-6908 [営業時間]11時半~14時半(13時半LO)、17時半~23時(20時半LO)※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]カウンターあり、全20席/全席禁煙/予約可/カード可(平日限定の御膳は不可)/サ10% [交通アクセス]地下鉄有楽町線銀座一丁目駅10番出口から徒歩1分

電話番号 03-6228-6908
2018年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
全コースに登場する文字通りの看板料理、それが鯛茶漬けだ。店主の内山さん曰く「好きだった修業先の味」で、独立の際に自身の店でも定番で出すようになった。
更新: 2019-02-25 12:00:00
銀座の高級日本料理と聞けば身構えるがこちらは例外。全てが一流でありながら、明るく清々しい接客で緊張をゆるりとほぐしてくれる。
更新: 2019-02-24 12:00:00
至高の食材を使った会席コースが3000円台、しかも銀座でいただけるなんて胸の高まりが抑えられない。蓋を開ければ旬の味覚が詰まった玉手箱仕立ての八寸や、春頃なら水槽から取り出して調理する稚鮎の天ぷらなど、思わず感嘆の声が漏れる美味しい驚きが次々と。
更新: 2019-02-22 12:00:00
煮物、焼き物、あるいはそのままで。四季折々の海や山の幸の味わいを生かし、様々に見目麗しく調理する。
更新: 2019-02-03 12:00:00
新橋駅から少し歩いた、静かな雰囲気の一角。夫婦ふたりで営む和食店「堤」はある。
更新: 2019-02-02 12:00:00
最新の投稿
 伊勢佐木町商店街の関内駅側出入口から野毛へと抜ける道すがらの一角こそ“バーの街”とも呼ばれる吉田町。そこで木と鉄格子のワイルドなファザードで待ち受けるバー。
更新: 2019-03-22 18:00:00
手軽につまめるファストフード感覚の〈いなり寿司〉。基本がシンプルなだけに、その組み合わせはある意味無限大!ぜひ色々取り揃えて、食べ比べたい。ニューウェイブが増えている東京都内のいなり寿司をご紹介!
更新: 2019-03-22 13:55:22
手軽につまめるファストフード感覚の〈太巻き〉。基本がシンプルなだけに、その組み合わせはある意味無限大!ぜひ色々取り揃えて、食べ比べたい。具だくさんが楽しい東京都内の太巻きをいろいろご紹介!
更新: 2019-03-22 13:55:40
 “バーの街”吉田町を、大きな窓から見下ろすようにたたずむこの店のテーマは「バー未経験の女性がひとりで安心して来られる店」。それもそのはず、オーナーは女性バーテンダー!ならではの洗練された空間だ。
更新: 2019-03-21 18:00:00
 昼夜で名称こそ異なるが、このコースが昼夜共に1620円という衝撃価格!メインは週替わりで、ポークのコルドン・ブルーや肉汁あふれるハンバーグなど、フレンチの技法を駆使した実直な仕事が伺える料理が登場する。
更新: 2019-03-20 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt