MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
銀座の日本料理『ぎんざ一二岐』

銀座の日本料理『ぎんざ一二岐』

銀座の高級日本料理と聞けば身構えるがこちらは例外。全てが一流でありながら、明るく清々しい接客で緊張をゆるりとほぐしてくれる。

ぎんざ一二岐(最寄駅:東銀座駅)

料理から接客まで文句なしの名店

なればこそ客はリラックスして存分に食を楽しめるというもの。さてコースの目玉はいくつかあるが、名物の鰹の藁焼きは外せない逸品だろう。天日干しにした手刈りの藁で豪快に炙って香りをまとわせた塩たたきで、その芳しき風味と旨みの何と奥深いこと。さらに〆の土鍋ご飯がこれまた圧巻だ。まずは芯が残る米のアルデンテ、蒸らす前、後、お焦げと4段階を食べ比べれば目からウロコの感動が。米の底知れぬ美味しさにひれ伏すはず。

コース
【強肴】鰹のわら焼き
5400円(全7品)

高知から毎日届く鰹を使う。手刈りで天日干しにした藁で炙ると香りが違うとか

【先付】揚げ胡麻豆腐
 

外はカリッと中は白子のような食感

【お椀】鰆と新玉ネギのしんじょう
 

鰆とピューレ状にした新玉ネギで作るしんじょう

【揚げ物】桜エビとふきのとうのかき揚げ、白魚とうすい豆のかき揚げ
 

サクッと揚がったかき揚げは緑茶塩で

【煮物】金目鯛と筍生ワカメの炊き合わせ
 

金目鯛の骨から取ったダシが上品

【食事】土鍋ご飯
 

米は甘みと旨みがある北海道の「ゆめぴりか」。蒸らす前と後など4段階で味の違いを楽しませてくれる。魚のダシを使った玉子焼きやちりめん山椒なども付く

【甘味】酒粕のアイス
 

酒粕の香りがいい

お店からの一言

料理長 中井隆裕さん

「肩ひじ張らず楽しんでもらえるよう心掛けています」

ぎんざ一二岐の店舗情報

[住所]東京都中央区銀座2-14-6 第二松岡ビル地下1階 [TEL]03-6278-8110 [営業時間]11時半~14時半(12時半LO)、18時~22時半(20時LO)※ランチタイム有 [休日]日(月が祝の場合、日月が連休) [席]カウンター7席、個室テーブル6名×1室、4名×1室、計17席/全席禁煙(夜は個室のみ喫煙可)/予約可/カード可/夜のみサ10% [交通アクセス]都営浅草線ほか東銀座駅3番出口から徒歩5分

電話番号 03-6278-8110
2018年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
前割り(あらかじめ水で割って寝かされ、まろやかな味わいになる)の焼酎が常時4種類。ゆったりしたカウンターで、ビール代わりにそこから始めるのもいい。
更新: 2019-06-05 13:07:24
古民家の一軒家で和食とワインの秀逸な組み合わせを提案するこちら。毎朝築地に通い、魚を知り尽くす大将の中湊さんは酢の物をひと捻りして、この店に揃うナチュラルなワインと合うスタイルで提案。
更新: 2019-06-10 11:41:15
店主は毎朝築地へ足を運び、勝ち得た信頼と目利きにより入手した天然ものの魚にこだわる。そんな和食店で提供される、肉好きも大満足のメニューが右の逸品。
更新: 2019-06-10 11:32:10
夜は息子のイタリアン『MAGARI DE CICCIO』、昼は父親が営む日本料理店とふたつの顔を持つ。昼の定食は4種。
更新: 2019-05-13 13:58:00
全国から厳選した日本酒が常時40~50種類揃う。銘柄は敢えて固定せず、その季節で一番旨いものを仕入れるのが六三四流。
更新: 2019-05-15 15:18:23
最新の投稿
 「担々麺は食事の最後に食べていただくので、できる限りシンプルを心掛けています」と店主の中村さん。化学調味料などを一切使わない中村さんの中華料理は、味に奥行きを持たせるために発酵調味料を駆使する。
更新: 2019-07-22 12:00:00
うなぎは地下水で2日間生かした張りの良いもの、米は精米したての香り豊かなもの、熱々を提供するためタレは湯煎で温めてご飯にかけるなど、短い文章では到底書き切れない店の姿勢はこのうな重を食せばわかるはず。昭和12年に創業した八王子の本店は信頼する職人に任せ、2年前に出店した吉祥寺店を切り盛りするのが日本料理店でも修業した3代目だ。
更新: 2019-07-22 13:14:53
約30年間営業を続けた老舗が幕を下ろし、若き店主・島田さんが昨年同じ屋号で再スタートを切った。うなぎは地焼きの関西風と、蒸しの入った関東風のどちらも味わえるのがこの店ならでは。
更新: 2019-07-22 13:04:43
吉祥寺で焼肉といえば、地元で大人気の行列店『R』である。 しかし、今、吉祥寺は「ひとり焼肉」がブームの兆しなのであった……。 おひとり様上等のおっさん女子もこのブームにちょっと乗ろうと思って、パトロールをしてみたので、その結果をお伝えしようと思います。
更新: 2019-07-19 15:48:00
堺市の本店は、元々うなぎの持ち帰り専門店として営業。50年近くの歴史を持つ。
更新: 2019-07-22 13:32:51

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt