MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
下高井戸の居酒屋『居酒屋 おふろ』

下高井戸の居酒屋『居酒屋 おふろ』

使い込まれた南部鉄器の鉄瓶から柄杓で湯をすくい急須に入れる。その佇まいがすでにいいじゃないか。

居酒屋 おふろ(最寄駅:下高井戸駅)

DNAが覚醒する丸くて、甘くて、香ばしい味わい

こちら『居酒屋おふろ』の隠れた人気アイテム・緑茶割りは、このように毎回急須でお茶を淹れてつくられる。お茶は玄米茶と抹茶をブレンドした静岡茶、焼酎は麦焼酎「中々」。自己主張が少ないけどよく伸び、香ばしさが寄り添うところがいいそうだ。して、早速一杯。きれいな色合いもさることながら、するっとカドなく入ってくる。丸くて、甘くて、香ばしい。店長の中村さん曰く「だらだら飲みたいときに、傍に2~3品おいてやるのもおすすめ」。ほわわんとした温製、爽やかな冷製、どちらもおすすめ。つまみとの相性も幅広い。

稚あゆの焼き浸し、緑茶割り(冷製・温製)
1058円、810円

稚鮎のほどよい苦みと香り、その繊細な味わいともぴったり寄り添う

タコとオクラの冷たい梅肉餡かけ
1512円

ミョウガの香りに梅の酸味、オクラの食感もいい初夏っぽい一品と

お店からの一言

店主 中村有吾さん

「自由に合わせてゆったりとお楽しみを」

居酒屋 おふろの店舗情報

[住所]東京都世田谷区赤堤4-45-10 安心堂ビル地下1階 [TEL]03-5300-6007 [営業時間]17時~翌1時(24時LO)、金・土~翌3時(2時LO) [休日]火 [席]カウンターあり、全34席/全席禁煙/予約可/カード可/お通し代500円別 [交通アクセス]京王線ほか下高井戸駅西口から徒歩2分

電話番号 03-5300-6007
2018年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 店内はカウンター、座敷合わせて約40席あるが、晴れた日であれば立ち飲みがおすすめだ。立ち飲みメニューは、牛、豚、鶏、羊と揃う肉類と魚介類の焼き物、飲み物ともに一部を除きすべて300円とリーズナブル。
更新: 2019-03-15 18:00:00
休業していた名店が2018年3月に再オープン。串焼き、もつ類のうまさはもちろん、サワー類やホッピーの焼酎の濃さが選べるなど、呑兵衛にとってたまらない店だ。
更新: 2019-03-11 18:00:00
「お茶は本来日本人に身近なものだと思うんですが、最近は茶葉から淹れる機会も少ない。もっとていねいに淹れてやれば、お茶割りはもっと地位向上できるんじゃないかと」
更新: 2019-03-04 18:00:00
店名通り、トロットロの豚の角煮が名物で、お楽しみなので書かないけど、食べ方にも一工夫あり。で、角煮やお刺身とも抜群の相性なのが「コウバシ茶割り」。
更新: 2019-03-02 18:00:00
メニューには<こだわりレモンサワー>もあれば、<旨い茶割>もある。お茶割りは、「国産 玄米緑茶割」「国産 ウーロン茶割」「ダージリンティ割」の3種。
更新: 2019-03-01 18:00:00
最新の投稿
 伊勢佐木町商店街の関内駅側出入口から野毛へと抜ける道すがらの一角こそ“バーの街”とも呼ばれる吉田町。そこで木と鉄格子のワイルドなファザードで待ち受けるバー。
更新: 2019-03-22 18:00:00
手軽につまめるファストフード感覚の〈いなり寿司〉。基本がシンプルなだけに、その組み合わせはある意味無限大!ぜひ色々取り揃えて、食べ比べたい。ニューウェイブが増えている東京都内のいなり寿司をご紹介!
更新: 2019-03-22 13:55:22
手軽につまめるファストフード感覚の〈太巻き〉。基本がシンプルなだけに、その組み合わせはある意味無限大!ぜひ色々取り揃えて、食べ比べたい。具だくさんが楽しい東京都内の太巻きをいろいろご紹介!
更新: 2019-03-22 13:55:40
 “バーの街”吉田町を、大きな窓から見下ろすようにたたずむこの店のテーマは「バー未経験の女性がひとりで安心して来られる店」。それもそのはず、オーナーは女性バーテンダー!ならではの洗練された空間だ。
更新: 2019-03-21 18:00:00
 昼夜で名称こそ異なるが、このコースが昼夜共に1620円という衝撃価格!メインは週替わりで、ポークのコルドン・ブルーや肉汁あふれるハンバーグなど、フレンチの技法を駆使した実直な仕事が伺える料理が登場する。
更新: 2019-03-20 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt