MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
下高井戸の居酒屋『居酒屋 おふろ』

下高井戸の居酒屋『居酒屋 おふろ』

使い込まれた南部鉄器の鉄瓶から柄杓で湯をすくい急須に入れる。その佇まいがすでにいいじゃないか。

居酒屋 おふろ(最寄駅:下高井戸駅)

DNAが覚醒する丸くて、甘くて、香ばしい味わい

こちら『居酒屋おふろ』の隠れた人気アイテム・緑茶割りは、このように毎回急須でお茶を淹れてつくられる。お茶は玄米茶と抹茶をブレンドした静岡茶、焼酎は麦焼酎「中々」。自己主張が少ないけどよく伸び、香ばしさが寄り添うところがいいそうだ。して、早速一杯。きれいな色合いもさることながら、するっとカドなく入ってくる。丸くて、甘くて、香ばしい。店長の中村さん曰く「だらだら飲みたいときに、傍に2~3品おいてやるのもおすすめ」。ほわわんとした温製、爽やかな冷製、どちらもおすすめ。つまみとの相性も幅広い。

稚あゆの焼き浸し、緑茶割り(冷製・温製)
1058円、810円

稚鮎のほどよい苦みと香り、その繊細な味わいともぴったり寄り添う

タコとオクラの冷たい梅肉餡かけ
1512円

ミョウガの香りに梅の酸味、オクラの食感もいい初夏っぽい一品と

お店からの一言

店主 中村有吾さん

「自由に合わせてゆったりとお楽しみを」

居酒屋 おふろの店舗情報

[住所]東京都世田谷区赤堤4-45-10 安心堂ビル地下1階 [TEL]03-5300-6007 [営業時間]17時~翌1時(24時LO)、金・土~翌3時(2時LO) [休日]火 [席]カウンターあり、全34席/全席禁煙/予約可/カード可/お通し代500円別 [交通アクセス]京王線ほか下高井戸駅西口から徒歩2分

電話番号 03-5300-6007
2018年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
所狭しと貼られたお品書きと内容に圧倒される。「季節の野菜と魚」が美味しい店だ。
更新: 2019-05-16 10:37:28
人形町で立ち飲みの名店と言えば、ここを置いて他になし! 13年間営業した旧店舗から、2018年3月に移転リニューアルした。
更新: 2019-05-13 13:17:24
東秋葉原『酒場 晩葡』|店の外にやさしく灯るオシャレな看板。だけでなく、ぶら下がる赤提灯も酔客を惹きつける。
更新: 2019-04-23 17:50:48
ランチタイムは近隣のビジネスマンで賑わうが、夜はゆったりできる穴場店。創業36年で、店内は昭和の雰囲気が漂う居心地の良さも魅力。
更新: 2019-05-16 13:38:56
 2018年3月に開店したばかりのフツーの立ち飲みなのに、何だ? このいい感じ。秘密は毎日変わる手書きメニューにあり。
更新: 2019-05-20 11:59:35
最新の投稿
新大橋通りに面した角に立つ小さなお店。中に入ると、多種多様なベルギービールが棚にずらりと並び、常時50~60種もの味を楽しめる。
更新: 2019-05-21 12:00:00
店主は毎朝築地へ足を運び、勝ち得た信頼と目利きにより入手した天然ものの魚にこだわる。そんな和食店で提供される、肉好きも大満足のメニューが右の逸品。
更新: 2019-05-20 12:00:00
「かろかろん♪」と鈴が鳴るドアを開けると、アフリカ調の素朴な色合いと華やかさが入り混じったリラックス空間が広がる。多国籍の雑貨を売っていた所に、お茶や食事を楽しめるスペースを開設したのが始まり。
更新: 2019-05-20 11:44:41
洋食店としての創業ながら、先代はとんかつ専門店だったという歴史を持つ店の当代が打ち出したのは、驚くほどふわふわのハンバーグ。「子どもの頃、親父が作るハンバーグが好きで、それを再現したかった」と店主は笑う。
更新: 2019-05-20 11:47:44

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt