MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
新宿の居酒屋『HAVESPI 新宿店』

新宿の居酒屋『HAVESPI 新宿店』

店内には芋、麦、米、黒糖、泡盛、さらに蕎麦や紫蘇、栗などのちょっと珍しい原料も含めた本格焼酎が揃う。で、3240円で時間無制限、セルフで好きな飲み方で自由に飲み比べが可能だ。

HAVESPI 新宿店(最寄駅:新宿三丁目駅)

セルフでお茶割り、本格焼酎試し放題!

割材も、緑茶、ウーロン茶、アールグレイとバリエーションあり。ちなみにつまみは持ち込み制(買い出し可)。泡盛×緑茶、黒糖×アールグレイもよかった!

本格焼酎でつくるお茶割り
時間無制限3240円

HAVESPI 新宿店の店舗情報

[住所]東京都新宿区新宿3-9-9 新宿ワタセイ・タマビル6階 [TEL]03-6457-7538 [営業時間]17時~23時(22時45分LO)、土・日・祝12時~16時、17時~23時 ※ランチタイム有 [休日]無休 [交通アクセス]地下鉄丸ノ内線ほか新宿三丁目駅C6出口から徒歩1分

電話番号 03-6457-7538
2018年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
奥沢『ラッドクラフト』|シックな雰囲気のドアと壁がランプに照らされ、映画のような外観の店。バーテンダーとして出発し、ソムリエでもある店主のこだわりは、ブリティッシュ・アメリカンスタイルの古い“ダイナー”調のメニューだ。
更新: 2018-11-27 10:46:47
おとなの週末「レモンサワーが、変わった!」特集掲載店舗。中目黒『ばん』の血を引く店。
更新: 2018-05-22 20:00:00
おとなの週末「ハムカツで呑む!」特集掲載店舗「駿 (シュン)」。鶏料理をメインとする居酒屋で、3種あるハムカツも大人気。[交]JR新橋駅より徒歩 ※ランチタイム有
更新: 2017-12-20 15:48:13
1階はカウンターのみ、2階はテーブル席が広がる「Cafe Bar Banda (カフェバーバンダ)」は店名である『万朶』に因んで、店で出す器は桜などの花が描かれた益子焼が多く揃っている。[交]真岡鐡道益子駅より徒歩10分
更新: 2017-12-20 15:48:17
最新の投稿
 伊勢佐木町商店街の関内駅側出入口から野毛へと抜ける道すがらの一角こそ“バーの街”とも呼ばれる吉田町。そこで木と鉄格子のワイルドなファザードで待ち受けるバー。
更新: 2019-03-22 18:00:00
手軽につまめるファストフード感覚の〈いなり寿司〉。基本がシンプルなだけに、その組み合わせはある意味無限大!ぜひ色々取り揃えて、食べ比べたい。ニューウェイブが増えている東京都内のいなり寿司をご紹介!
更新: 2019-03-22 13:55:22
手軽につまめるファストフード感覚の〈太巻き〉。基本がシンプルなだけに、その組み合わせはある意味無限大!ぜひ色々取り揃えて、食べ比べたい。具だくさんが楽しい東京都内の太巻きをいろいろご紹介!
更新: 2019-03-22 13:55:40
 “バーの街”吉田町を、大きな窓から見下ろすようにたたずむこの店のテーマは「バー未経験の女性がひとりで安心して来られる店」。それもそのはず、オーナーは女性バーテンダー!ならではの洗練された空間だ。
更新: 2019-03-21 18:00:00
 昼夜で名称こそ異なるが、このコースが昼夜共に1620円という衝撃価格!メインは週替わりで、ポークのコルドン・ブルーや肉汁あふれるハンバーグなど、フレンチの技法を駆使した実直な仕事が伺える料理が登場する。
更新: 2019-03-20 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt