MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
新宿の居酒屋『HAVESPI 新宿店』

新宿の居酒屋『HAVESPI 新宿店』

店内には芋、麦、米、黒糖、泡盛、さらに蕎麦や紫蘇、栗などのちょっと珍しい原料も含めた本格焼酎が揃う。で、3240円で時間無制限、セルフで好きな飲み方で自由に飲み比べが可能だ。

HAVESPI 新宿店(最寄駅:新宿三丁目駅)

セルフでお茶割り、本格焼酎試し放題!

割材も、緑茶、ウーロン茶、アールグレイとバリエーションあり。ちなみにつまみは持ち込み制(買い出し可)。泡盛×緑茶、黒糖×アールグレイもよかった!

本格焼酎でつくるお茶割り
時間無制限3240円

HAVESPI 新宿店の店舗情報

[住所]東京都新宿区新宿3-9-9 新宿ワタセイ・タマビル6階 [TEL]03-6457-7538 [営業時間]17時~23時(22時45分LO)、土・日・祝12時~16時、17時~23時 ※ランチタイム有 [休日]無休 [交通アクセス]地下鉄丸ノ内線ほか新宿三丁目駅C6出口から徒歩1分

電話番号 03-6457-7538
2018年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
奥沢『ラッドクラフト』|シックな雰囲気のドアと壁がランプに照らされ、映画のような外観の店。バーテンダーとして出発し、ソムリエでもある店主のこだわりは、ブリティッシュ・アメリカンスタイルの古い“ダイナー”調のメニューだ。
更新: 2018-11-27 10:46:47
おとなの週末「レモンサワーが、変わった!」特集掲載店舗。中目黒『ばん』の血を引く店。
更新: 2018-05-22 20:00:00
おとなの週末「ハムカツで呑む!」特集掲載店舗「駿 (シュン)」。鶏料理をメインとする居酒屋で、3種あるハムカツも大人気。[交]JR新橋駅より徒歩 ※ランチタイム有
更新: 2017-12-20 15:48:13
1階はカウンターのみ、2階はテーブル席が広がる「Cafe Bar Banda (カフェバーバンダ)」は店名である『万朶』に因んで、店で出す器は桜などの花が描かれた益子焼が多く揃っている。[交]真岡鐡道益子駅より徒歩10分
更新: 2017-12-20 15:48:17
最新の投稿
新大橋通りに面した角に立つ小さなお店。中に入ると、多種多様なベルギービールが棚にずらりと並び、常時50~60種もの味を楽しめる。
更新: 2019-05-21 12:00:00
店主は毎朝築地へ足を運び、勝ち得た信頼と目利きにより入手した天然ものの魚にこだわる。そんな和食店で提供される、肉好きも大満足のメニューが右の逸品。
更新: 2019-05-20 12:00:00
「かろかろん♪」と鈴が鳴るドアを開けると、アフリカ調の素朴な色合いと華やかさが入り混じったリラックス空間が広がる。多国籍の雑貨を売っていた所に、お茶や食事を楽しめるスペースを開設したのが始まり。
更新: 2019-05-20 11:44:41
洋食店としての創業ながら、先代はとんかつ専門店だったという歴史を持つ店の当代が打ち出したのは、驚くほどふわふわのハンバーグ。「子どもの頃、親父が作るハンバーグが好きで、それを再現したかった」と店主は笑う。
更新: 2019-05-20 11:47:44

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt