MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
湯島の郷土料理『あおもり 湯島』

湯島の郷土料理『あおもり 湯島』

八戸出身の店主・蔦林さん親子は言わば青森の宣伝隊。生産者が真面目に作っている本物の食材を知ってほしいと故郷の味をココ東京で独自に広めてるのだから。

あおもり 湯島(最寄駅:湯島駅)

食材も酒もみーんな青森直送!

夜はおまかせ中心で、写真のコースは八戸サバなど定番以外に季節によってホヤのしゃぶしゃぶなど選べる小鍋も付く充実ぶり。しかもお腹の加減で途中ストップOKなんてどこまで客目線なの!? 酒も地元産。来ればアナタも虜です!

青森三昧「旬」(一部内容は仕入れで変わる) (選べる小鍋(ホヤと海草しゃぶしゃぶ))
4300円

八戸から届く新鮮なホヤを使ったオリジナル鍋。プリッとした食感。サッと火を通すと苦手な人も食べやすい。メカブなど海草もたっぷりだ

きんきのすいとん、酒の肴四点盛「八寸」、先附 青森の旬で一品(とげくり蟹)
 

地元の毛ガ二が先付とは贅沢。八寸には名物「サバ燻製ポテトサラダ」が必ず入る

日本酒は青森産。希少な銘柄も

塩アイス最中、青森のお肉で一品(シャモロック胸肉たたきと金木産馬刺し)、八戸せんべい汁、八戸サバの食べ比べ三種
 

八戸サバや青森シャモロックなどを使う料理はどれも絶品。〆は塩を利かせたアイスで、最後まで酒のつまみになる味わい

お店からの一言

店主 蔦林直樹さん・大成さん(右)親子

築地なら地元の倍はする食材を産直で安く提供しています

あおもり 湯島の店舗情報

[住所]東京都文京区湯島3-37-3 RMビル1階 [TEL]03-3835-8006 [営業時間]11時半~14時半、17時~22時半、土17時~22時 ※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]カウンターあり。全18席/全席禁煙/予約可/カード可(15000円以上)/サなし、お通し600円別 [交通アクセス]地下鉄千代田線湯島駅4番出口から徒歩2分

電話番号 03-3835-8006
2018年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 土佐鴨とは、高知の南東部に位置する芸西村でこだわりの穀物飼料と水を与えて育てられた合鴨のこと。プリッとした食感とクセのない身質が特長だ。
更新: 2019-04-08 18:00:00
 島根にある本社の社長から店に与えられたミッションがあるそうだ。ズバリ「東京で島根の魅力を伝えること」。
更新: 2019-04-06 18:00:00
屋号の「ハナハナ」は、沖縄の言葉で「乾杯」を意味することから。明るくかわいらしい店内の雰囲気とは裏腹に、コース、アラカルトともに大皿に景気よく盛られるのが特徴だ。
更新: 2019-02-05 12:00:00
“あんま”(お母さん)と親しみをこめて呼ばれるのが、店を切り盛りする恵上イサ子さん。島の中学校の校長を定年退職後、奄美独特の食文化を次の世代に伝えたいと、料理人へ転身した。
更新: 2019-01-22 18:00:00
 黒糖焼酎の品揃えは、島内でもおそらくナンバーワン! 5島からなる奄美群島にあるすべての蔵元の酒を網羅し、そのボトル総数はなんと200本にも及んでいる。
更新: 2019-01-20 12:00:00
最新の投稿
皇居は雄大な歴史と自然に触れあえる日本人の心の場。丸の内、日比谷、東京駅からのアクセスもよく、皇居観光や散歩を楽しんだ後は、ランチ・グルメや買い物へも出かけやすい。春は桜、秋は紅葉、四季を通じて楽しめる魅力をご紹介。
更新: 2019-04-24 14:18:43
インド料理店は都内に数あれど、同店はスパイスやハーブの香りが爽やかで鮮烈。それもそのはず、ビリヤニには17種ものスパイスが入り、ランチメニューにはインド現地でも希少な「ジャッキャ」という香り高いスパイスを必ず盛り込んでいるのだという。
更新: 2019-04-24 12:00:00
平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。
更新: 2019-04-23 16:00:00
黒ゴマをまとい旨みが増したサーモンに、きめ細やかな衣で甘みを最大限に引き出した天使の海老……。素材により4種の衣を使い分け、白絞油でカラリと揚げた串はどれも独創的かつ完成度の高い仕上がりだ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
富山のチューリップの撮影はけっこう難しいことで有名です。 花が見られる時間は長くても数日。 さらに、天気が良くて背景の立山連峰まで美しく見えるという条件がそろわなくてはなりません。 なかなかの難題……。 今回は、ちょっと昔の思い出と、ホタルイカ三昧のお話です。
更新: 2019-04-22 16:01:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt