撮り鉄の「食」の思い出(42) クセになる!「黒石つゆ焼きそば」と「キ100」/ 2005~2015年

撮り鉄の「食」の思い出(42) クセになる!「黒石つゆ焼きそば」と「キ100」/ 2005~2015年

青森県の黒石駅に向けて走る鉄道は、弘南鉄道(こうなんてつどう)弘南線。終点にあたる黒石市は、青森市の南で弘前市の東側にある人口3万人強の町です。そしてこの街に、食べれば食べるほどクセになる「黒石つゆ焼きそば」があるんです……。


クセになる!「黒石つゆ焼きそば」と「キ100」/ 2005~2015年


青森県黒石市は、青森市の南で弘前市の東側にある人口3万人強の町。

そして、ここにある黒石駅に向けて走る鉄道は弘南鉄道(こうなんてつどう)弘南線です。

津軽平野の西側に敷かれた路線で、天気の良い日には岩木山を望むことができます。

[弘南鉄道弘南線の沿線からは岩木山を望むことができる(2005年撮影)]


この路線を走る電車は、もともと東急で使われていた通勤電車を2両編成に組み替えられています。

ちなみに、この車両が弘南鉄道にやってきたのは1988年のこと。

もしかしたら、通学などで乗られた方も多いのではないでしょうか?

[弘南鉄道弘南線の電車は元東急(2009年撮影)]


普段は田んぼの続く、広々とした風景の沿線ですが、ひとたび雪になると様子は一変します。

あたり一面真っ白になり、どんどんと雪が積もります。

[雪が降り始めると、あたりは真っ白に(2009年撮影)]


線路に雪が積もってくると、都会を走っていた電車だけでは線路の雪を払いきれなくなります。

そうなると出番になるのが、ラッセル車「キ100」です。

[ラッセル車「キ100」]


一見すると機関車のように見えますが、実は貨車の一種です。

ヘッドライトや運転席があるのですが、自分で走ることができず、ほかの車両に押してもらって走ります。

この「キ100」は、昭和初期ごろから主に国鉄で導入されました。

雪の多い地方を中心に配属されて、いちばん多いときには200両近くがありました。

その後、自走できるディーゼル機関車のラッセル車に圧されて数を減らし、平成元年(1989年)には国鉄、JRから廃止になっています。

私鉄に残った数両も路線の廃止などでなくなり、現在動いているのは、弘南鉄道の2両と津軽鉄道の1両。

合計3両だけです。

[SL時代の羽越本線坂町駅。キ100が3両並んでいるのが見える(1971年撮影)]


ここを走る「キ100」は、なんと1929年(昭和4年)製。

今年で90歳。

現役。

びっくりです。

さらにすごいのが、この「キ100」を押している機関車。

赤い色で凸型(でこがた)と呼ばれるスタイルの機関車は、なんと大正生まれ!

1923年にアメリカのメーカーで作られ、西武鉄道から1961年に移ってきました。

[大正生まれの電気機関車「ED333」も現役(2009年撮影)]


100年近く動いている電気機関車……。

単に「古いものを大事に使う」を超えて、なにか執念のようなものを感じます。

もちろん、雪が深くなるとラッセル開始。

先頭の左右にある羽を広げて線路の雪を跳ね飛ばします。

[雪を跳ね飛ばして走るラッセル車(2009年撮影)]


黒い「キ100」がヘッドライトを輝かせ、雪煙を上げて走ってくる姿。

雪原を裂く轟音と、力強い電気機関車のモータ音が響きます。

もう、クセになるのほどの迫力です。

[遠くから見ると絵本の1シーンのようでかわいい(2009年撮影)]

そして、鉄旅の楽しみが「ご当地」ならではの食べ物です!


さて、終点の黒石駅。

どの路線にも接続しない行き止まりの駅です。

この駅も、昔からよく見るタイプの懐かしいスタイル。

待合室も広くて、ストーブを囲んで椅子が並んでいるのが、北国らしい様子です。

[終点の黒石駅(2005年撮影)]

[黒石駅待合室、ストーブの周りに椅子がある(2009年撮影)]


黒石といえば、そう「黒石つゆ焼きそば」が思い浮かびます。

最初に聞いたときには、「つゆ? えっ……焼いてないじゃん」と思ったのですが、ちゃんと焼いています。
 
私が初めて入ったお店は、駅前にある〝すごう食堂“。

いい感じの駅前食堂で、「津軽百年食堂」の文字もすばらしい!

つい入ってみたくなる店構えです。

[駅前のすごう食堂(2011年撮影)]


最初は、カメラマン仲間数名で入りました。

このときのメンバーは保守派が多かったのか、カツ丼やらラーメンを頼んでいました。

私はちょっと悩んでから、「やっぱり、つゆ焼きそば!」と注文です。

出てきたのは黒いラーメン?(この時点で、前知識なし……)

[黒石つゆ焼きそばと初の対面(2009年撮影)]


野菜と肉と天かす、ネギが乗った平打ち麺です。

まずは、スープをいただきました。

ひと口目。

「あうっ……やってしまったかも……!?」

正直な感想で、温かいソースのスープは、かなりアバンギャルドな印象です。
 
それでも、温かさにつられて麺とスープでふた口目。

「んっ!? あれっ!?」

もちもちの平打ち麺が合うかも。

さらに食べ進めて、天かすのこってり感やにんにくの風味が感じられると……やられました。

食べ終わるころには、周りのメンバーに「うまいよ。これ!!」と、自慢げに言い始めている始末。


ちなみに、厨房で作っているところを見てみると、焼きそばを炒めて(焼いて)からスープを投入。

ちゃんと焼きそばでした。

 
この黒石つゆやきそば、クセになります。

今日は、どうしてもポテトチップスが食べたい!

そんな感じでしょうか?

黒石に撮影の用事がないときでも、青森県に居て時間があるときには、ふらっと向かってしまいます。

何年か黒石に通ううちに、ほかの店にも入ってみました。

[こちらは、中華のお店「一番」]


「一番」では、ほんの少しソースがあっさりめでスープの香りも強いです。

平たい皿で盛り上がっていて、揚げ玉のサクサク感が残っています。

これもまたおいしい!

[「一番」の黒石つゆやきそば(2012年撮影)]


黒石では、かなりたくさんの店がつゆやきそばを出しています。

定食屋だけでなく、中華料理店やとんかつ屋でも出しているので、まだまだ店巡りを楽しめそうです。


食べてみたいけど、なかなか黒石までは行けないという方に朗報。

東北新幹線の新青森駅のコンコースにも「黒石つゆやきそば」のお店「黒石や」があります。

こちらも平打ち麺でなかなかおいしい。

[新青森駅で食べられる黒石つゆやきそば(2015年撮影)]


東北への旅行の際には、ぜひ食べてみてください。







佐々倉実(ささくら みのる)
 鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、初めて鉄道写真を撮ったのが小学生のころ、なんやかんやで約50年経ってしまいました。鉄道カメラマンなのに撮影の8割はクルマで移動、列車に乗ってしまうと、走るシーンを撮影しにくいので、いたしかたありません。そんなワケで年間のかなりの期間をクルマで生活しています。趣味は料理と酒! ヨメには申し訳ないのですが、日々食べたいものを作っています。
 鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、いろいろとお付き合いください。
 ちなみに、鉄道の他に“ひつじ”の写真もライフワークで撮影中、ときどきおいしいひつじの話も出てきます。なにとぞご容赦ください。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、お付き合いください。

関連するキーワード


撮り鉄 焼きそば

関連する投稿


撮り鉄の「食」の思い出(43) ひたちなか海浜鉄道であんこう鍋&駅猫&多彩な車両を楽しむ/2012~2016年

撮り鉄の「食」の思い出(43) ひたちなか海浜鉄道であんこう鍋&駅猫&多彩な車両を楽しむ/2012~2016年

茨城県のひたちなか海浜鉄道は常磐線に接続する勝田駅から海岸に近い阿字ヶ浦駅までを結ぶ電化されていないローカル線。この鉄道の魅力のひとつは、多彩な列車が走っていること。 それに、ひたちなか海浜鉄道の途中駅、那珂湊駅はネコの駅として有名です。 そんなマニアック情報に加え、今回の旅の目的は、あんこう鍋です……。


撮り鉄の「食」の思い出(41) 地吹雪の津軽鉄道ストーブ列車と「けの汁」/~2018年

撮り鉄の「食」の思い出(41) 地吹雪の津軽鉄道ストーブ列車と「けの汁」/~2018年

ストーブ列車と地吹雪で有名な津軽鉄道は、その名の通り津軽平野を走ります。 冬将軍の力が強くなると、地吹雪も強烈に吹き荒れます。 いったん降り積もった雪は低温でサラサラ。それが北風で飛ばされて地吹雪になります。 こんな地吹雪の中を走るストーブ列車、かっこいいです……。


撮り鉄の「食」の思い出(40) 冬の五能線。〝わさお“の焼いかとヒラメの漬け丼/~2018

撮り鉄の「食」の思い出(40) 冬の五能線。〝わさお“の焼いかとヒラメの漬け丼/~2018

冬の汽車旅のおススメは?と、聞かれたときに、必ず答えるのが五能線です。 秋田県の東能代駅から白神山地の北側を走り、青森県の川部駅までの路線で、県境付近では日本海の海岸線ぎりぎりに敷かれています……。


撮り鉄の「食」の思い出(39) 南阿蘇鉄道、復興へ! /1986~2018年

撮り鉄の「食」の思い出(39) 南阿蘇鉄道、復興へ! /1986~2018年

1986年に国鉄高森線から第3セクター鉄道になった南阿蘇鉄道。 国鉄の時代から最大の撮影ポイントが第1白川橋梁です。 美しい赤いアーチ橋で1928年から使用開始されて、約90年が経っています……。


撮り鉄の「食」の思い出(38) 南阿蘇鉄道で冬紅茶/1976~2017年 

撮り鉄の「食」の思い出(38) 南阿蘇鉄道で冬紅茶/1976~2017年 

12月に入り寒くなってきたなと思ったころ TVで午後の紅茶のコマーシャルを見かけるようになりました。 舞台は熊本県の南阿蘇鉄道。 豊肥本線の立野駅から行き止まりの高森駅までを結ぶ、阿蘇の山々を眺めて走る美しい路線です……。


最新の投稿


目黒の焼き鳥・鶏料理『やきとり 阿部』

目黒の焼き鳥・鶏料理『やきとり 阿部』

坊主頭にねじり鉢巻きが清々しい、店主の阿部友彦さん。目黒の名店「鳥しき」で修業を積み、2016年に独立。


おっさん女子の吉祥寺パトロール(84) タピオカ・バブルの吉祥寺だけど、本命の台湾カフェはあそこだろ! の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(84) タピオカ・バブルの吉祥寺だけど、本命の台湾カフェはあそこだろ! の件

世の中の台湾フードブームは下火なのかもしれない。しかし吉祥寺は今がピークなんだよ! 都心より遅いんだよ(涙)。吉祥寺は武蔵野市だからね……。 そんなワケで、吉祥寺は、タピオカ・バブルなのである。タピオカミルクティー&台湾スイーツの店が、多すぎなんだよ! もう……! という状況である。


赤坂の焼き鳥・鶏料理『赤坂焼鳥 鳳』

赤坂の焼き鳥・鶏料理『赤坂焼鳥 鳳』

幅広い種類の日本酒やワインとともに、伊達どりや水郷赤鶏、シャモロックなど店主が選び抜いた銘柄鶏・地鶏の串を深夜遅くまで味わえる。野菜串を含んだ6本をいただく「みすじコース」は、ひとりからでも気軽に頼めるのがうれしい。


名古屋エリア限定グルメ情報(63) 家族連れで利用できる本格イタリアン。名古屋・天白『イタリア料理 リベルタ』

名古屋エリア限定グルメ情報(63) 家族連れで利用できる本格イタリアン。名古屋・天白『イタリア料理 リベルタ』

「今日はイタリアンな気分!」と思っても、子供や両親を連れての食事は、どうしても回転寿司やファミレスなどになりがち。やはり、家族でイタリアンというのはハードルが高いのか……?  名古屋市天白区の閑静な住宅街にある『イタリア料理 リベルタ』は、そんな要望に応えてくれる店だ。


大門の焼き鳥・鶏料理『焼鳥 ふくなが』

大門の焼き鳥・鶏料理『焼鳥 ふくなが』

隠れ家のような小さな店構えながらも、こだわりの酒と、ひと手間ふた手間かけた焼鳥で客を魅了する。焼き台に加工備長炭を隙間なく敷きつめることでムラ無く焼き上げ、鶏の肉汁をギュッと閉じ込めた自慢の串には信玄どりを使用。


ランキング


>>総合人気ランキング