MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
大阪ローカル穴場メシ情報[34] 十三で昼飲みするならココ! 30代のママが切り盛りするお値打ち海鮮居酒屋

大阪ローカル穴場メシ情報[34] 十三で昼飲みするならココ! 30代のママが切り盛りするお値打ち海鮮居酒屋

十三の西口にある海鮮居酒屋『9689食堂』の店主は、約5年前に専業主婦から転身。 「中央市場の知り合いから直接魚を買っているんで安くて新鮮な海鮮料理を提供できますよ」 朝の11時オープン。カウンターの8席というこぢんまりとしたお店は、昼から満席になることも多いのだ……。

十三で昼飲みするならココ! 30代のママが切り盛りするお値打ち海鮮居酒屋


「黒パグを飼ってるんで、屋号を『9689』にしたんです」

十三の西口にある海鮮居酒屋「9689食堂」の店主は、約5年前に専業主婦から転身。

「料理を作っていると幸せなんです。好きな熱燗を飲んで料理を作って、毎日が楽しいので休みも不定休(笑)」

朝の11時オープン。

カウンターの8席というこぢんまりとしたお店で、昼から満席になることも……。


「中央市場の知り合いから直接魚を買っているので、安くて新鮮な海鮮料理を提供できますよ」


おススメは「おまかせ3品セット」(1000円)。

その日の「旨いもんメニュー」からランダムに3品を提供。

野菜1品にお魚2品がベースだ。


この日は「ハマチ造り」と、「たら白子」「マカロニサラダ」の3品。



おまかせは実にオトクで、この3品だけでお酒がガンガン飲めてしまう。


同行した友人も、おまかせを注文。


「おでん」「ほっけ」「ハマグリチャウダー」の3品で、このボリュームはヤバすぎちゃう!? 

食事は、おまかせだけで完結してしまう。



贅沢にも、ハマグリがゴロゴロと入ったクリームチャウダー。

おまかせで提供するには、もったいないレベル。



さらに、おでんは6品入り。

出汁がきいたアキレスのスジはホンマに旨い。

絶妙な噛み応えなのだ。



「十三には美味しいお米が食べられるお店が少なくて、それどころか匂いのあるお米を出すお店もあるんです。
それなら自分で美味しいお米を出せるお店を始めようと思って。
おむすびにしたり、鯛めしや牡蠣めしを作ったりしています」

毎日3組以上は『ネットを見た』と言って初来店。

初見でも入りやすい、実に温かなお店なのだ。

9689食堂
[住所]大阪市淀川区十三本町1-4-11 丸辰ビル1F
[TEL]050-3596-9689
[営業時間]11:00~22:00
[定休日]不定休






加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。


このグルメ記事のライター
加藤慶@まとメシ

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
食べた瞬間、絶句……! いやはや、またしても人には明かしたくない絶品料理と出合ってしまった。 新大阪駅から歩くこと約15分。阪急三国駅にほど近い場所にある沖縄・九州料理の創作バル「まんた」にその料理はある……。
更新: 2019-08-16 15:55:00
今里筋は中川にある創作居酒屋「みそじ」には、この地では知る人ぞ知る、名物ママがいる。 この店を切り盛りする、松下君子ママの人柄を慕って集まる常連たちが絶賛する「テールスープ」をはじめ、どこか懐かしくてなぜか優しい味の料理がそろう、家庭的であたたかいお店なのだ。
更新: 2019-08-05 15:56:00
六本木と銀座に続いて、大阪・梅田のハービスプラザに「BLT STEAK OSAKA」が6月21日にオープンした。 東京にある2店とは趣が異なり、店内は実にラグジュアリー感が満載。 見渡すと特注のクリスタル・シャンデリアが輝き、4室の個室まで用意されているのだ……。
更新: 2019-07-29 15:45:00
外観を見ただけでピンときた。 昭和レトロを感じさせる外観だが、古さを感じさせないモダンな内外観。 玉造にある大衆酒場「タムヤ」は、店主田村一廣さん(42)のこだわりが散りばめられている。 しかも、店主の体型と同じでとにかく料理のボリュームがヤバイ!
更新: 2019-07-18 16:03:00
待ち時間ナシで入店できればラッキーという洋菓子店が、下町情緒溢れる玉造にある。 こんな情報を元にその正体を探ると、「季節限定のかき氷」が有名だという……。 ウワサのお店の名は「マツシタキッチン」。 レトロな長屋を改装した外観を見ただけで、ゾクッときた。
更新: 2019-07-03 17:00:00
最新の投稿
連日の猛暑で外出するのも億劫になる。そんなときは、味噌煮込みうどんを食べて涼しくなろう! えっ? 余計に暑くなるって!? いやいや、食べれば食べるほど涼しくなる味噌煮込みうどんを名古屋市中区新栄近くにある『吉野屋』で発見したのだ……。
更新: 2019-08-20 15:50:00
魚は全国の選りすぐりの漁師船から買い付け。その日の朝獲れたピチピチ鮮魚のほか、「神経〆」という特別な絞め方をされた旬魚が届き、一番美味しい状態で出せるよう、魚によっては寝かせて熟成させる。
更新: 2019-08-20 12:00:00
氷が見えないほどクリームで覆い尽くした、インパクト大な“苦くない抹茶”のかき氷。3種のソースが使われており、味わいのバランスが絶妙で美味しさはもちろんだが、掘っていく楽しみもある。
更新: 2019-08-19 12:00:00
熱々のうなぎとご飯をほおばると、脂のコクとタレの甘みを感じつつもすぅっと溶けるような食べ心地。大串がのる鰻重でも、最後まで飽きることなくお年寄りから子どもまでパクパクと箸が進んでしまう。
更新: 2019-08-18 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt