MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
大阪ローカル穴場メシ情報[34] 十三で昼飲みするならココ! 30代のママが切り盛りするお値打ち海鮮居酒屋

大阪ローカル穴場メシ情報[34] 十三で昼飲みするならココ! 30代のママが切り盛りするお値打ち海鮮居酒屋

十三の西口にある海鮮居酒屋『9689食堂』の店主は、約5年前に専業主婦から転身。 「中央市場の知り合いから直接魚を買っているんで安くて新鮮な海鮮料理を提供できますよ」 朝の11時オープン。カウンターの8席というこぢんまりとしたお店は、昼から満席になることも多いのだ……。

十三で昼飲みするならココ! 30代のママが切り盛りするお値打ち海鮮居酒屋


「黒パグを飼ってるんで、屋号を『9689』にしたんです」

十三の西口にある海鮮居酒屋「9689食堂」の店主は、約5年前に専業主婦から転身。

「料理を作っていると幸せなんです。好きな熱燗を飲んで料理を作って、毎日が楽しいので休みも不定休(笑)」

朝の11時オープン。

カウンターの8席というこぢんまりとしたお店で、昼から満席になることも……。


「中央市場の知り合いから直接魚を買っているので、安くて新鮮な海鮮料理を提供できますよ」


おススメは「おまかせ3品セット」(1000円)。

その日の「旨いもんメニュー」からランダムに3品を提供。

野菜1品にお魚2品がベースだ。


この日は「ハマチ造り」と、「たら白子」「マカロニサラダ」の3品。



おまかせは実にオトクで、この3品だけでお酒がガンガン飲めてしまう。


同行した友人も、おまかせを注文。


「おでん」「ほっけ」「ハマグリチャウダー」の3品で、このボリュームはヤバすぎちゃう!? 

食事は、おまかせだけで完結してしまう。



贅沢にも、ハマグリがゴロゴロと入ったクリームチャウダー。

おまかせで提供するには、もったいないレベル。



さらに、おでんは6品入り。

出汁がきいたアキレスのスジはホンマに旨い。

絶妙な噛み応えなのだ。



「十三には美味しいお米が食べられるお店が少なくて、それどころか匂いのあるお米を出すお店もあるんです。
それなら自分で美味しいお米を出せるお店を始めようと思って。
おむすびにしたり、鯛めしや牡蠣めしを作ったりしています」

毎日3組以上は『ネットを見た』と言って初来店。

初見でも入りやすい、実に温かなお店なのだ。

9689食堂
[住所]大阪市淀川区十三本町1-4-11 丸辰ビル1F
[TEL]050-3596-9689
[営業時間]11:00~22:00
[定休日]不定休






加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。


このグルメ記事のライター
加藤慶@まとメシ

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
天王寺区の桃谷といえば、区役所や警察署、それに総合病院までが密集する閑静な住宅街。 ここに地元民に愛される洋食屋がポツンとある。 その名も「ボナンザ」。 マスコミ初登場の老舗洋食屋でオープンして約40年が経つそうだ……。
更新: 2019-04-17 16:05:00
「ココの上ロースを食べたら他では食べられへんで!」 そう言われて訪れたのは、東大阪市にある「南大門」。 昭和53年創業の老舗焼肉店は、A5とA4の黒毛和牛を扱い、肉通に随分と知られたお店である……。
更新: 2019-04-23 09:56:04
2018年の12月にオープンの注目寿司店。 国産の鮮魚にこだわった本格寿司を、しかも財布にやさしい値段で提供してくれる話題店。写真映えするカウンター席を備え、すでに目ざとい外国人観光客が急増中なのだ。
更新: 2019-03-27 16:05:00
谷町筋沿いにある居酒屋「珠」は、開店からちょうど5周年。 創作料理がおすすめの居酒屋で、この近辺の住民や近隣で働く人たちに愛され、いつも人でごった返している。とくに、おススメの「ホルモン炒め」(580円)はマル秘レシピの、激ウマ料理だ……。
更新: 2019-03-18 16:05:00
愛くるしい笑顔とたどたどしい日本語が彼の人柄をすべてを表していた。 アメ村にある「ウブドスチ」はインドネシア、バリ島をルーツに持つ料理店。 このお店を切り盛りするニョマンはマネージャーで、常に笑顔で愛嬌いっぱい(笑)。 しかも、酒好きときた!
更新: 2019-03-07 16:05:00
最新の投稿
皇居は雄大な歴史と自然に触れあえる日本人の心の場。丸の内、日比谷、東京駅からのアクセスもよく、皇居観光や散歩を楽しんだ後は、ランチ・グルメや買い物へも出かけやすい。春は桜、秋は紅葉、四季を通じて楽しめる魅力をご紹介。
更新: 2019-04-24 14:18:43
インド料理店は都内に数あれど、同店はスパイスやハーブの香りが爽やかで鮮烈。それもそのはず、ビリヤニには17種ものスパイスが入り、ランチメニューにはインド現地でも希少な「ジャッキャ」という香り高いスパイスを必ず盛り込んでいるのだという。
更新: 2019-04-24 12:00:00
平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。
更新: 2019-04-23 16:00:00
黒ゴマをまとい旨みが増したサーモンに、きめ細やかな衣で甘みを最大限に引き出した天使の海老……。素材により4種の衣を使い分け、白絞油でカラリと揚げた串はどれも独創的かつ完成度の高い仕上がりだ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
富山のチューリップの撮影はけっこう難しいことで有名です。 花が見られる時間は長くても数日。 さらに、天気が良くて背景の立山連峰まで美しく見えるという条件がそろわなくてはなりません。 なかなかの難題……。 今回は、ちょっと昔の思い出と、ホタルイカ三昧のお話です。
更新: 2019-04-22 16:01:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt