MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
とんかつ 成蔵|霧降高原豚の贅沢とんかつ、極上の旨みを極厚カットで味わう(とんかつ/高田馬場)

とんかつ 成蔵|霧降高原豚の贅沢とんかつ、極上の旨みを極厚カットで味わう(とんかつ/高田馬場)

「成蔵 (ナリクラ)」の「シャ豚ブリアンかつ」はヒレでおすすめは1頭から約3人分しか取れない真ん中の希少部位を使う。[交]JR線ほか高田馬場駅戸山口から徒歩2分 ※ランチタイム有

とんかつ 成蔵(最寄駅:高田馬場駅)

食パンの中心部のみで作る生パン粉をまとわせ、余熱を保つ力に優れる腸間膜脂(内臓を包む脂)のラードで低温からじわじわミディアムレアに仕上げる。サクッと白い衣は食材のこだわりと揚げ方がなせる技。軟らかく、ふくよかな赤身の甘みに悶絶必至だ。

霧降高原 豚シャ豚ブリアンかつ定食
2290円 (夜は2590円)

とんかつ 成蔵

東京都新宿区高田馬場1-32-11 小澤ビル地下1階 ☎03-6380-3823 [営]11時~14時LO、17時半~21時LO ※ランチタイム有 [休]木・日 [席]カウンター6席、テーブル12席、計18席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし [交]JR線ほか高田馬場駅戸山口から徒歩2分

電話番号 03-6380-3823

とんかつ 成蔵の関連記事

2016年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
早稲田『ワセカツ!奏す庵』|店名の“ワセカツ!”とは、薄いカツを特製のソースに浸したカツ丼のこと。早稲田の地で生まれたことと、早く揚がるという趣旨の“早生”の両方をかけた名だという。
更新: 2018-12-16 12:00:00
2代目が揚げるロゼ色に輝くとんかつは火入れが肝要。短時間で揚げて余熱で芯まで火を入れるため、肉が驚くほど柔らかい。
更新: 2018-12-15 18:00:00
銀座の路地にある小さなビルの階段を降りると、天井がやや低く、どこか懐かしい雰囲気のお店に到着。厨房真ん中の真鍮製の鍋では、注文のたびに衣をまとったカツやエビが入れられ、ジュワ~ッと心地よい音が響く。
更新: 2018-12-05 18:00:00
『かつ吉』(水道橋)|骨董に囲まれた広い古民家のような内装の、創業56年を迎える老舗とんかつ屋が出す「替わりカツ丼」は、まるで和風ビビンパのような趣き。150℃前後の低温でじっくりと揚げたカツを醬油ベースの特製ダレにくぐらせ、上からとろろをかけている。
更新: 2018-12-04 18:00:00
創業82年の老舗を切り盛りするのはフレンチで研鑽を重ねてきた3代目。「その経験を生かし、お酒に合うメニューを増やしたり、今のメニューも少し見直しています」というが、カツ丼は従来のままだ。
更新: 2018-12-03 18:00:00
最新の投稿
 昼夜で名称こそ異なるが、このコースが昼夜共に1620円という衝撃価格!メインは週替わりで、ポークのコルドン・ブルーや肉汁あふれるハンバーグなど、フレンチの技法を駆使した実直な仕事が伺える料理が登場する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
吉祥寺の街をカオスに巻き込む花見シーズンがやってきました。 今年も店を求めて路頭に迷う人々が多そうです……。 桜のシーズンの井の頭公園はとても美しいですが、実は公園には謎なものがけっこうあります。今回は、そこにフォーカスしてみたいと思います……。
更新: 2019-03-19 16:05:00
グルメ雑誌「おとなの週末」の人気コラム「おいしい往復書簡」掲載店舗。マッキー牧本が関東でおすすめする担々麺をご紹介。姉妹でお店をきりもり。辛さの際立つ料理も多いなかで、どこかほっとするアットホームさが漂うお店だ
更新: 2019-03-19 11:31:58
「まともな料理が食べられるバー」を標榜するのは伊達じゃない! 100円の廉価なおつまみから、オードブル、パスタに本格的な中華、極めつけは日替わりでネタの変わるにぎり寿司(ネタには本格的に返しが!!)までメニューにのぼり、カクテルも本格的なオリジナルかつ無敵感満載のバー!
更新: 2019-03-18 18:00:00
谷町筋沿いにある居酒屋「珠」は、開店からちょうど5周年。 創作料理がおすすめの居酒屋で、この近辺の住民や近隣で働く人たちに愛され、いつも人でごった返している。とくに、おススメの「ホルモン炒め」(580円)はマル秘レシピの、激ウマ料理だ……。
更新: 2019-03-18 16:05:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt