MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
おっさん女子の吉祥寺パトロール(82) 吉祥寺のバレンタインデートにおすすめの居酒屋の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(82) 吉祥寺のバレンタインデートにおすすめの居酒屋の件

2月に入ると、吉祥寺はチョコレート購入の娘さんたちで大騒ぎですが、バレンタインデイに吉祥寺でデートするカップルは、そんなにいないような気が……。いや、おっさん女子の視界に入らないだけなのか……?  そんな吉祥寺ですが、ここで突然、カップルのデートにおすすめのお店をご紹介したいと思います……。

吉祥寺のバレンタインデートにおすすめの居酒屋の件


2月に入ると、吉祥寺はチョコレート購入の娘さんたちで大騒ぎですが、それもバレンタインデイ前日まで(笑)。

バレンタインデイに吉祥寺でデートするカップルは、そんなにいないような気が……。

いや、おっさん女子の視界に入らないだけなのか……? 

まあ一応、世の中的にバレンタインデイは愛を告白する日なんで、食事などの具体的な進展はその後なのか? 

というわけで、2月の吉祥寺はカフェなどが若い娘さんで賑っていますが、ごはんを食べる店はそんなに混んでいない気が……。

北風ヒープーで寒いし、地元民はみんな足早に家に帰っている気が……(笑)。

そんな吉祥寺ですが、ここで突然、カップルのデートにおすすめのお店をご紹介したいと思います。

ちなみに、もはやお互いの誕生日、クリスマス、年末年始などのイベントを1周して、平常心になっているカップルに特におすすめだ! 

さらに2周、3周、4周……、もはや折り返しコーナーや、急なヘアピンカーブを曲がったカップルにも行ってほしいね、というチョイスになっております。

イラスト/スタジヲワンツー


このように、ある程度平常心のカップルには、やはり居酒屋を推したいと思います。

おっさん女子特有の傾向かもしれませんが、男女ふたりきりでの個室の圧迫感が苦手なので、解放感を重視してみようと思います。

また、会話に詰まっても、というかコレと言って話すことがなくても(苦笑)、食事の美味しさや頼むメニューを相談することで、なんとか乗り切れるような居酒屋、というのがチョイスの理由です。

要するに、カップルでサクッと食べて飲んで、美味しかったね! という雰囲気のいい居酒屋ですな。

さらにちなみに連載22回でクリスマスのカップルに向けに紹介した『Y』と『O酒屋』もチェックしてね。

『平常心カップル』にオススメの1軒めは、末広通りにある『F郎』


まず、末広通りにある『F郎』です。

2017年夏にできた比較的新しい店です。

マメ情報ですが、料理人が清潔感あふれるイケメンです。

あと、女子バイトさんも明るくていい感じ。

店自体は、入り口からガラス張りで非常に解放感があります。

カウンターメインで、テーブルもありますが、カップルはカウンターでいいんじゃないの? 

もはや向かい合わなくても、横並びで……(苦笑)。

海鮮系がおすすめですけど、肉料理系もけっこうイケます。

素材の旨味をそのまま出したほうが美味しいものは、そのようにシンプルに出てきますが、調理法にひと工夫&ひと手間あるメニューも多くて、オーダーするのも楽しいよ。

そしてメニューに季節感があるのも特徴だ。

日本酒も結構いろんな種類があって、冬は鍋もやっているし、まったり晩御飯もいいですね。

夜定食のメニューがあり、刺身定食や、魚系定食などがあって、さくっとおひとり様晩ご飯も可能。

さらに冬はホットカクテルなどもあって、お酒は雰囲気だけで……、という女子も安心です。

おっさん女子的ココで食べるべきメニューは、オリジナルの海鮮丼『F郎丼』。

海鮮丼に+αで、出汁とたまごがついてきて、最後はひつまぶし風でいただけるんですよ。

余力を残して、最後はコレで〆てほしい! 

ここはランチもやっていて、煮魚、焼き魚、刺身、唐揚げ、チキン南蛮など、メニューも豊富。

ちなみに、お店で普通に出される番茶も美味しいです。

たぶん、こだわっていると思う。

ランチは1000円前後です。

夜は適度に人がいますが、そもそも末広通りは静かな通りなので、並ぶとか面倒なことはありません。

使い勝手のいいお店なので、覚えておくと何かと便利だと思う。


そして、次なるおすすめは、吉祥寺大通りにある『O家』


次なるおすすめは、吉祥寺大通りにある『O家』です。

こちらも比較的新しいお店ですな。

いせや本店のちょっと先ね。

1Fというか雰囲気的に1.5Fな感じの立地ですが、実は穴場です。

ここには以前、私が超気に入っていた『保久良珈琲店』という葡萄ジュースが美味しいステキな喫茶店がありましたが、今は『O家』になりました。

ここもガラス張りで、解放感&清潔感があります。

カウンターもありますが、テーブル席は、隣とのテーブルの間隔が広いので、カップルにはおすすめです。

ここも海鮮押しですが、「創作和食居酒屋」と言っていいようなメニューが並びます。

和洋折衷だったり、これは一体何? どんな料理が出てくるの? などなど、メニューを選ぶ段階で、かなり楽しく盛り上がると思います。

まあ、そんなことで盛りあがらないカップルもいるかもしれませんが……。

ちなみに、器や盛り付けも美しいよ。

そんなことで盛り上がらないカップルも……。

国産牛モツ鍋があるので、寒い日にはオーダーしてみて! 

土日祝はランチもやっていて、実はランチも超穴場です。

ある日の私はここで昼ご飯を食べていましたが、吉祥寺の土曜日・昼時・ど真ん中に、なんと8人連れという年配女性グループが入ってきましたが、ちゃんと席を確保できていました。

土日祝の吉祥寺ではなかなか貴重な光景です。

しかし、8人って……。

ランチメニューは、吉祥寺ランチ相場としては、ちょっと高めの1200円前後ですが、デザートもついていてお得感はあります。

ひつまぶし風海鮮バラちらし御膳が、一番人気だと思いますが、私は国産の鶏モモ唐揚げ御膳押し。

私は、唐揚げが好きなんだよ(苦笑)。

でも、オリジナルな和風タルタルソースがついていて、意表をつくお味でございます。


とりあえずカップルは、この寒い時期に、うかつに吉祥寺で路頭に迷わないようにしてほしいと思います。








天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

このグルメ記事のライター
天野七月@まとメシ

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。
更新: 2019-04-23 16:00:00
先日、ふと思い立って、すごく好きだったのに平成の間に閉店した吉祥寺の店ランキング、というものを個人的に作成してみました。 そのリストの第2位に『STONE』(2010年閉店)がランクイン……。 その『STONE』から思い出した、今回のネタはナポリタンです。
更新: 2019-04-18 10:45:49
みんな大好きカレー♪ですが、吉祥寺には有象無象というか、ランチメニューにカレーを入れとけば、いいんじゃね? みたいな店が多く、がっかりすることも多いワケです。 そんななか、今回は“えっ? こんなところでカレーですか?”という、カレー専門店ではないが、カレーランチのクオリティが高いお店を紹介したいと思います。
更新: 2019-04-09 16:00:00
吉祥寺にはデパートやファッションビルがいくつかあるワケなんですが、実は、着実に「ごはんビル化」しているんです。 そんななか、現在もっとも「ごはんビル化」が進んでいるのは、吉祥寺パルコです。そして2018年11月末には1FにN.Y.テイストのパン屋&カフェがオープン……。
更新: 2019-04-02 16:01:00
花見シーズンです。吉祥寺には人がわんさか来ていますが、同時に路頭に迷う人々が後を絶ちません。 特に土日祝のランチは、通常の時期でもランチ難民が続出してるっていうのに、お花見シーズンにノープラン、ノー予約……反省したほうがいいと思います。 今回は、そんな人々の救世主になってみようと思います。
更新: 2019-03-26 16:05:00
最新の投稿
皇居は雄大な歴史と自然に触れあえる日本人の心の場。丸の内、日比谷、東京駅からのアクセスもよく、皇居観光や散歩を楽しんだ後は、ランチ・グルメや買い物へも出かけやすい。春は桜、秋は紅葉、四季を通じて楽しめる魅力をご紹介。
更新: 2019-04-24 14:18:43
インド料理店は都内に数あれど、同店はスパイスやハーブの香りが爽やかで鮮烈。それもそのはず、ビリヤニには17種ものスパイスが入り、ランチメニューにはインド現地でも希少な「ジャッキャ」という香り高いスパイスを必ず盛り込んでいるのだという。
更新: 2019-04-24 12:00:00
平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。
更新: 2019-04-23 16:00:00
黒ゴマをまとい旨みが増したサーモンに、きめ細やかな衣で甘みを最大限に引き出した天使の海老……。素材により4種の衣を使い分け、白絞油でカラリと揚げた串はどれも独創的かつ完成度の高い仕上がりだ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
富山のチューリップの撮影はけっこう難しいことで有名です。 花が見られる時間は長くても数日。 さらに、天気が良くて背景の立山連峰まで美しく見えるという条件がそろわなくてはなりません。 なかなかの難題……。 今回は、ちょっと昔の思い出と、ホタルイカ三昧のお話です。
更新: 2019-04-22 16:01:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt