MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
ハムエッグで飲む!東京都内厳選4選!

ハムエッグで飲む!東京都内厳選4選!

ハムエッグって、朝食メニューでは?この企画タイトルを読んでそんな気持ちになった方に、我々は言いたい。ハムエッグは、呑みのよき友なんです!それを日夜実践しているライターの酔いどれ〜ぬオカモトが、マイコレクションから厳選してご紹介します!撮影・取材/岡本ジュン

店ごとに違うからハムエッグが止まらない!

 どうも。自称(ここ大事)ハムエッグ評論家の酔いどれ~ぬオカモトです。さていきなりですが、ハムエッグが朝食のおかずだなんて誰が決めたのでしょう?

 だってハムエッグは立派な酒の友なんですから! その証拠に酒場でハムエッグは当たり前にある。私なんてハムエッグで飲むことをライフワークにしているくらい。ということで、まさにこの企画は公私混同。張り切ってまいります! 

まずは西新井にある『ニブ』。

写真:肉屋のハムエッグ480円

ここは“ハムエッグで呑む”にハッシュタグしたいくらいの自分の中のハムエッグの聖地。名物の「肉屋のハムエッグ」は驚くほど黄身が大きくてプルンプルン。それを一気にぐっちゃぐちゃに白身と和えちゃって、別オーダーしておいた豚ほほ肉の塩漬け「グアンチャーレ」を食べるときにのっける。もぉ~~これサイコー! 残った黄身もグアンチャーレでぬぐうとこれまた官能の嵐。酒はさっぱりとどぶハイもいいしお燗もいい。迷ったら両方でも平気、平気。

東京都足立区関原3-28-11 ☎03-3886-2270 営18時~22時半、土・日・祝15時~で土は〜22時半、日・祝は〜 21時半 休火、不定休

技ありのハムエッグといえば、中野の『ブリック中野店』

写真:ハムエッグ400円

ふたつの目玉焼きが片方半熟、もう片方は固焼きという細やかさだ。秀逸なハイボールがあるバーなので、味付けは半熟がソース、固焼きは塩がおすすめ。ちょこんとついている辛子に醤油を混ぜるのも、合いの手にどうぞ。

東京都中野区中野5-61-3 ☎03-3388-1263 営17時~24時 休日・祝

毎度ハムが旨いなあと思うのが浅草の『水口』

写真:ハムエッグ530円

しかも目玉焼きにハムが刺さっているかなりフォトジェニックなスタイルなのだ。ケチャップとなぜかみかんも添えられていて色もカラフルだ。どんなつまみともうまくやれるのがハムエッグの強みだが、ここではシューマイとナポリタンを頼んで三角食べをすると幸せ感がグレードアップすること間違いなし!

東京都台東区浅草2-4-9 ☎03-3844-2725 営10時〜21時半(21時LO)、土・日9時〜21時半(21時LO) 休水

 そうそう洋食店も外せない。

麻布十番の『大越』はハムエッグもとことんハムが入っているのが素晴らしい。

写真:ハムエッグ500円

ハムエッグ+ ハンバーグ+ 赤スパはまあ鉄板だけど、ちょい贅沢にハムエッグ+ ポークソテーにあえて白いご飯というドリームチームはどうですか? お供は王道のビールで。

東京都港区東麻布3-4-17 ☎03-3583-7054 営11時〜15時、17時〜20時、土〜15時 休日

 さあさあ、ハムエッグで呑みたくなってきたでしょ? 酒場のハムエッグ、楽しいですよ。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
今日は絶対に肉が食べたい!定期的にそんな日が訪れますよね。ここでは美味しいお肉料理が食べられる人気店を、グルメライターが実食調査して、本当におすすめしたいお店だけをご紹介します!安く味わえるランチの時別メニューも必見です。
博多・天神エリアを中心に、ご当地の名物グルメを知り尽くした現地調査員たちが、本当に旨いお店を厳選!中でも特におすすめしたい情報だけをまとめました。地元の人はもちろん、出張で訪れた際にも、ぜひ参考にしてください!
寒くなると食べたくなる料理の代表といえば「お鍋」!お肉、魚介類、たっぷりの野菜を、各店オリジナルのこだわり出汁でいただけば、至福の時間が訪れること間違いなし!今回はグルメライターが実食して見つけたおすすめ店を、厳選してご紹介していきます。
14574views まとめ記事
グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩き調査したデカ盛り情報を厳選してご紹介!もちろん量が多いだけではなく、美味しさもお墨付き!定番のラーメン・焼肉・定食から、オリジナリティ溢れる料理まで、魅力的なメニューが続々登場します♪
東京都と神奈川県を中心に、美味しいカニ料理が食べられるお店をグルメライターが厳選してご紹介します!生でも焼いても茹でても炒めても美味しい。濃厚なミソもクセになる。見た目も華やかで味も抜群の「カニ」に特化したとっておきの情報をお届けします♪
 テーマに掲げるのが“鴨と水”。合鴨を丸ごと仕入れ、チャーシューに使われるムネ肉とモモ肉を手作業でさばいたら、残った身もすべて寸胴へ。
世界的なカクテルコンテストで入賞経験を持つ、バーテンダー宮澤英治氏がオーナーのカクテルワークス。神保町店は話題のクラフトジンがテーマだ。
西新宿に本店を構える『麺屋翔』の3店舗目として2018年10月2日にオープン。既存の2軒は鶏がメインだが、こちらは鯛。
2018年2月、徳島県が情報発信拠点として開業。レストラン、バー、マルシェ、宿泊施設が揃うなど、充実の内容だ。
オイスターバーから、和食に特化して牡蠣を楽しめるようにしたお店。生牡蠣や焼き牡蠣の他、牡蠣しゃぶや牡蠣のすき焼きなどの鍋物を気軽に楽しめる。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt