MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
名古屋エリア限定グルメ情報(62) 7種類のグラスワイン飲み放題とともに楽しみたいカジュアルイタリアン

名古屋エリア限定グルメ情報(62) 7種類のグラスワイン飲み放題とともに楽しみたいカジュアルイタリアン

私の地元にある飲食店は、大手チェーン店ばかりでイマイチ面白みがないと思っていた。しかし、いつも通る道で私が自信を持ってオススメできる店を見つけてしまったのである……! それが、名鉄犬山線徳重名古屋芸大駅前にある『AFuRe kitchen(アフレキッチン』だ。

7種類のグラスワイン飲み放題とともに楽しみたいカジュアルイタリアン


私の地元にある飲食店は、回転寿司やステーキ、ラーメン、うどんなど大手チェーン店ばかりでイマイチ面白みがないと思っていた。

しかし、いつも通る道で見つけてしまったのである。

私が自信を持ってオススメできる店を……!


それが名鉄犬山線徳重名古屋芸大駅前にある『AFuRe kitchen(アフレキッチン』。

名古屋駅からは普通電車で15分。

地下鉄鶴舞線であれば、名古屋市内から乗り換えなしで行ける。

店の前には駐車場も完備しているが、電車で来ることをおすすめしたい。


店は2016年11月に「店を訪れた人の笑顔が“溢れる”ように」と思いを込めて、若きオーナーの稲月貴啓さんが開店させた。

料理はイタリアンをベースに、常時50種類ほどを用意している。

「店の位置づけとしては、気軽に立ち寄れる居酒屋と、記念日にも使えるレストランの中間あたりを狙っています」と、稲月さん。


うん、それは正しい。

なにせ私の地元は田舎なので、あまり本格的な料理を出してしまうと、客の方が引いてしまうから(笑)。

では、稲月さんおすすめのメニューを紹介しよう。


まずは、カリッと揚げたごぼうをサラダの上にたっぷりとのせた「かりかりごぼうのミックスサラダ」(680円)。

香ばしい風味は、ビールやスパークリングワインとぴったり。

食物繊維も豊富なので、女性に人気のひと品だ。



続いて、「自家製ローストビーフ」(880円)。

稀少部位である「とうがらし」を使用していて、やや歯ごたえがあるものの、濃厚な旨みが楽しめる。

味付けは、さっぱりとしたバルサミコソース。

ローストビーフは好評で、ランチタイムには、スープとサラダ、ドリンクバーが付く「ローストビーフ丼set」(1180円)も用意している。


こちらは、「AFuRe風カツレツ」(1180円)。

いわゆるミラノ風カツレツだが、細かく刻んだトマトとバジルがたっぷりとのせてあり、さっぱりとした口当たりに仕上げている。

粉チーズのコクも、心地良いアクセントになっている一品。



最後は、稲月さんの自信作「モッツァレラとバジルのマルゲリータ」(880円)。

米粉と全粒粉を生地に加えてあり、ほのかな甘みともっちりとした食感。

お酒を片手に会話に夢中になっていて、冷めたとしても十分美味しく食べられるのも特徴だ。


料理もさることながら、見逃せないのが太っ腹なサービス。

これは稲月さんに紹介していただこう。

「17時半~19時に来店されると、通常280円のタパスが半額の140円になります。
全7種類ありますから、3品、4品と注文される方も多いですね。
また、スパークリングワインを含む7種類のグラスワインの2時間飲み放題を1580円で実施しています」


ちょい飲みからきちんとした食事まで幅広く対応できるのが嬉しい。

近々、私もここでお酒と料理を楽しもうと思っている。

AFuRe kitchen
[住所]愛知県北名古屋市徳重広畑33
[TEL]0568-65-9020
[営業時間]11時半~14時、17時半~23時半
[定休日]火曜








永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。

このグルメ記事のライター
永谷正樹@まとメシ

名古屋メシの専門家として、実際に食べてみて本当に美味しかったものや、名古屋のグルメ事情について、好き勝手に書き綴る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
名古屋市東区赤塚町に明治、大正、昭和、平成、そして令和と、5つの時代を駆け抜けた店がある。創業1888(明治21)年の麺類食堂『森田屋』がそれだ。老舗だからといって敷居が高いわけではない。131年間にわたって地元の人々に愛されているのだ。
更新: 2019-04-22 16:00:00
名古屋郊外で昔からのれんを掲げる寿司店といえば、ネタもシャリも大きく、シャリの味付けがやや甘めというイメージが強い。 そんななか、一宮市にある『楽山』は、寿司と割烹を二本柱にして営業する、名古屋からも多くの客が訪れる注目店なのである……。
更新: 2019-04-18 10:53:54
名古屋の玄関口、名古屋駅界隈には名古屋めしを出す店が軒を連ねている。 名古屋駅構内の名古屋中央通りにある『マーメイドカフェ JR名古屋駅店』もその一つ。しかも、「ちょっと変わった名古屋名物を……」ということで、青柳総本家「青柳ういろう」と、店自慢の「クロワッサン」とのコラボを考えたのだった……。
更新: 2019-03-18 16:00:00
岐阜県は、国的な知名度を誇る飛騨牛をはじめ、ブランド豚の美濃けんとん、奥美濃古地鶏など、食材の宝庫。今回は番外編として、岐阜で私が見つけた美味しい店『手打ちうどん 丼物 角浅(かくあさ)』を紹介しよう。
更新: 2019-03-11 16:14:20
以前にも触れたが、2018年9月、私は台湾・台北へ行ってきた。 そのとき、台北駅構内の飲食店街で大行列を作っていたのが『鶏三和 微風台北駅店』。台湾の人たちが、とろとろ・ふわふわ食感の親子丼を美味しそうに食べていたのを今でも覚えている……。
更新: 2019-02-27 16:05:00
最新の投稿
皇居は雄大な歴史と自然に触れあえる日本人の心の場。丸の内、日比谷、東京駅からのアクセスもよく、皇居観光や散歩を楽しんだ後は、ランチ・グルメや買い物へも出かけやすい。春は桜、秋は紅葉、四季を通じて楽しめる魅力をご紹介。
更新: 2019-04-24 14:18:43
インド料理店は都内に数あれど、同店はスパイスやハーブの香りが爽やかで鮮烈。それもそのはず、ビリヤニには17種ものスパイスが入り、ランチメニューにはインド現地でも希少な「ジャッキャ」という香り高いスパイスを必ず盛り込んでいるのだという。
更新: 2019-04-24 12:00:00
平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。
更新: 2019-04-23 16:00:00
黒ゴマをまとい旨みが増したサーモンに、きめ細やかな衣で甘みを最大限に引き出した天使の海老……。素材により4種の衣を使い分け、白絞油でカラリと揚げた串はどれも独創的かつ完成度の高い仕上がりだ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
富山のチューリップの撮影はけっこう難しいことで有名です。 花が見られる時間は長くても数日。 さらに、天気が良くて背景の立山連峰まで美しく見えるという条件がそろわなくてはなりません。 なかなかの難題……。 今回は、ちょっと昔の思い出と、ホタルイカ三昧のお話です。
更新: 2019-04-22 16:01:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt