MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
丸五(とんかつ/秋葉原)|秋葉原のとんかつ好きを魅了する一軒

丸五(とんかつ/秋葉原)|秋葉原のとんかつ好きを魅了する一軒

秋葉原で昭和50年の創業以来、とんかつ好きを魅了する一軒「丸五 (まるご)」。豚肉はあえて産地を指定せず、約20種類の銘柄から、そのとき最高の状態のものを厳選して使う。[交]JR山手線ほか秋葉原駅から徒歩3分、小川町駅より徒歩5分、淡路町駅より徒歩5分 ※ランチタイム有

丸五(最寄駅:秋葉原駅)

老舗の技が光る、軽妙なるとんかつと気持ちよい接客

豚肉はあえて産地を指定せず、約20種類の銘柄から、そのとき最高の状態のものを厳選して使う。揚げ油は、コーンサラダ油9にゴマ油1の割合でブレンドしたこだわりのもの。糖度の少ない生パン粉をまとわせ、肉の柔らかさを引き出すように低温で揚げたとんかつは、サクッと軽く、噛めば旨みがじんわり。脂の上品な甘みに陶然となる。大葉を潜ませたキャベツ、香り高い赤出汁まで抜かりなく、客あしらいもこれまた心地よいのだ。

特ロースかつ ※ランチタイム有
1850円(定食2300円)

脂が程よく入り、旨みの濃い肩ロース寄りの肉を使用。130~140℃で約15分揚げ、余熱でロゼ色に仕上げている。定食は、ご飯、なめこと豆腐の赤出汁、お新香付き

肉よせ
400円

豚の中落ちやスジなどを使った煮こごりはしっとりとした舌触り。酒の肴に最適

[その他のメニュー] ロースかつ定食1850円、ヒレかつ定食2100円、若鳥かつ定食1450円、ロース生姜焼1300円、松阪牛スタミナ焼1850円など

丸五の関連記事

丸五の店舗情報

[住所]東京都千代田区外神田1-8-1 [TEL]03-3255-6595 [営業時間]11時半~14時、17時~20時 [休日]月、第1・3火 [席]計34席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし[アクセス]JR山手線ほか秋葉原駅電気街口から徒歩3分、都営地下鉄 新宿線 小川町駅 A3出口より、徒歩5分、東京メトロ 丸ノ内線 淡路町駅 3出口より、徒歩5分

電話番号 03-3255-6595
2016年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「成蔵 (ナリクラ)」の「シャ豚ブリアンかつ」はヒレでおすすめは1頭から約3人分しか取れない真ん中の希少部位を使う。[交]JR線ほか高田馬場駅戸山口から徒歩2分 ※ランチタイム有
早稲田『ワセカツ!奏す庵』|店名の“ワセカツ!”とは、薄いカツを特製のソースに浸したカツ丼のこと。早稲田の地で生まれたことと、早く揚がるという趣旨の“早生”の両方をかけた名だという。
2代目が揚げるロゼ色に輝くとんかつは火入れが肝要。短時間で揚げて余熱で芯まで火を入れるため、肉が驚くほど柔らかい。
銀座の路地にある小さなビルの階段を降りると、天井がやや低く、どこか懐かしい雰囲気のお店に到着。厨房真ん中の真鍮製の鍋では、注文のたびに衣をまとったカツやエビが入れられ、ジュワ~ッと心地よい音が響く。
『かつ吉』(水道橋)|骨董に囲まれた広い古民家のような内装の、創業56年を迎える老舗とんかつ屋が出す「替わりカツ丼」は、まるで和風ビビンパのような趣き。150℃前後の低温でじっくりと揚げたカツを醬油ベースの特製ダレにくぐらせ、上からとろろをかけている。
南森町からほど近くの大阪天満宮にある鉄板焼きの店「gump(ガンプ)」は、「いま旨い店が多い」と評判の飲食店激戦区にある。 シェフの2名はフレンチ出身で、特に“ねらい目”はお手頃価格のランチだ。
『ザ・リッツ・カールトン東京』の寿司店で料理長としてカウンターに立ち、国内外の客の舌を喜ばせてきた店主・朝妻さん。30年以上培った江戸前の技をさらに探求するため昨年11月に独立した。
熱々の韓国石鍋の中で湯気を立てているのは、和牛のすじ肉を2時間煮込み、ひと晩寝かせてとったスープで作るポトフだ。中には玉ネギ、ニンジン、大根、ゴボウと有機農法の根菜がたっぷり入り、塩味のコクあるスープに野菜の甘みが溶け出している。
日光街道沿いに続く商店街の脇道を進むと、ぽっと光がともる小さなお店が。「特上にぎり2500円」という値段からは想像を超えた極上のネタが登場し、舌を巻く。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt