MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
名古屋エリア限定グルメ情報(64) 肉だけでなく、卵までコーチンを使った『鶏三和 サカエチカ店』の特上親子丼

名古屋エリア限定グルメ情報(64) 肉だけでなく、卵までコーチンを使った『鶏三和 サカエチカ店』の特上親子丼

以前にも触れたが、2018年9月、私は台湾・台北へ行ってきた。 そのとき、台北駅構内の飲食店街で大行列を作っていたのが『鶏三和 微風台北駅店』。台湾の人たちが、とろとろ・ふわふわ食感の親子丼を美味しそうに食べていたのを今でも覚えている……。

肉だけでなく、卵までコーチンを使った『鶏三和 サカエチカ店』の特上親子丼


以前にも触れたが、2018年9月、私は台湾・台北へ行ってきた。

ここ2、3年で名古屋の飲食店が台北に数多く出店しているのをこの目で確かめるのが旅の目的だった。


台北駅構内の飲食店街で大行列を作っていたのが『鶏三和 微風台北駅店』。

台湾の人たちが、とろとろ・ふわふわ食感の親子丼を美味しそうに食べていたのを今でも覚えている。

↑『鶏三和 微風台北駅店』



名古屋エリアで『鶏三和』の親子丼が食べられるのは、これまでデパ地下にある店舗の小さなイートインスペースやショッピングモールのフードコート等がメインだった。

が、2018年7月、名古屋・栄の地下街「サカエチカ」にレストラン業態の店舗が中部地区で初めてオープンした。


ではさっそく、看板メニューの「三和の純鶏名古屋コーチン特上親子丼」(1080円)を作ってもらうことに。

ちなみに、この親子丼はコーチンの肉だけでなく、コーチンの卵も使用した、究極の親子丼だ。



特製の割り下にコーチンの肉を入れて加熱し、肉に火が通ったところで溶き卵を流し入れる。

ここからは秒単位の作業。

『まばたき厳禁』で、親子丼の完成プロセスを見守った。



親子丼は卵のとろみ加減が命。

とろとろ、ふわふわの食感にこだわり抜き、絶妙なタイミングでご飯にオン。

うわーっ!

う、旨そう!


これが「三和の純鶏名古屋コーチン特上親子丼」。

鶏の旨みがしっかりと溶け込んだ「つくねコラーゲンスープ」と、口直しの「梅干し」(または「コーチン入り鶏肉だんご」)が付く。


丼ものの美味しさは、ご飯と具材の一体感がすべて。

親子丼の場合、ご飯と具材をつなぐ丼つゆの味付けと、やはり卵のとろみ加減だ。

レンゲでコーチンと卵、ご飯をすくって頬張る。

おおっ!

濃厚な味わいはさすがにコーチン。

しかも、ご飯のひと粒ひと粒にまでコーチンの旨みが染み込んでいるではないか!


店のもう一つの名物は、「しお麹唐揚」(左)と「しょうゆ麹唐揚」(右)。

この2種類の唐揚と「三和の純鶏名古屋コーチン特上親子丼」のセット「唐揚味くらべセット」(1350円)も用意している。

その名の通り、しお麹としょうゆ麹で仕上げた唐揚の、味の違いを楽しもう。


こちらは、鶏むね肉を使った鶏かつをのせた「鶏かつ丼」(880円※昼は780円)。

親子丼と同様に、とろとろ、ふわふわの卵が鶏かつをコーティング。

むね肉もしっとりとした食感も◎。

ボリュームがあるのにさっぱりとしているので、女性に人気というのも納得だ。

これも「つくねコラーゲンスープ」と「梅干し」(または「コーチン入り鶏肉だんご」)が付く。


私自身、これまで「サカエチカ」で食事することはほとんどなかったが、ぜひ、また立ち寄りたいと思った。

鶏三和サカエチカ店
[住所]愛知県名古屋市中区栄3-4-6先北26号
[TEL]052-253-6700
[営業時間]10時~21時(20時45分L.O.)
[定休日]無休










永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。

このグルメ記事のライター
永谷正樹@まとメシ

名古屋メシの専門家として、実際に食べてみて本当に美味しかったものや、名古屋のグルメ事情について、好き勝手に書き綴る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
名古屋で「うなぎ料理」、と聞いて何を想像するだろうか? うな丼やうな重? それともひつまぶし?  今回紹介する『豆たぬき』では、うな丼やひつまぶし以外にもう一つの食べ方を提案している。それが「うなぎの炊き込みご飯」だ……。
更新: 2019-05-16 16:05:00
新元号が「令和」に決まり、新しい時代が始まる。 名古屋市瑞穂区にある『ひつまぶし う家 八事本店』では、天皇陛下の御即位を奉祝する特別な献立を用意したという。その名も、御即位奉祝徳会席「令和」。値段は7020円とやや値が張るものの、こんな機会は滅多にない。今回はその全貌を明らかにしようと思う。
更新: 2019-05-16 14:26:40
「カレー」と聞いて、どんなカレーをイメージするだろうか? 欧風カレー? それともインドカレーやタイカレー? 最近ではスパイスカレーも人気を集めているが……。 私が思い浮かべるのは、喫茶店のカレー。 缶詰のカレーを温めただけの店もあるが、あれはあれで旨いから不思議だ……(笑)。
更新: 2019-04-27 16:00:00
名古屋市東区赤塚町に明治、大正、昭和、平成、そして令和と、5つの時代を駆け抜けた店がある。創業1888(明治21)年の麺類食堂『森田屋』がそれだ。老舗だからといって敷居が高いわけではない。131年間にわたって地元の人々に愛されているのだ。
更新: 2019-04-22 16:00:00
名古屋郊外で昔からのれんを掲げる寿司店といえば、ネタもシャリも大きく、シャリの味付けがやや甘めというイメージが強い。 そんななか、一宮市にある『楽山』は、寿司と割烹を二本柱にして営業する、名古屋からも多くの客が訪れる注目店なのである……。
更新: 2019-04-18 10:53:54
最新の投稿
新大橋通りに面した角に立つ小さなお店。中に入ると、多種多様なベルギービールが棚にずらりと並び、常時50~60種もの味を楽しめる。
更新: 2019-05-21 12:00:00
店主は毎朝築地へ足を運び、勝ち得た信頼と目利きにより入手した天然ものの魚にこだわる。そんな和食店で提供される、肉好きも大満足のメニューが右の逸品。
更新: 2019-05-20 12:00:00
「かろかろん♪」と鈴が鳴るドアを開けると、アフリカ調の素朴な色合いと華やかさが入り混じったリラックス空間が広がる。多国籍の雑貨を売っていた所に、お茶や食事を楽しめるスペースを開設したのが始まり。
更新: 2019-05-20 11:44:41
洋食店としての創業ながら、先代はとんかつ専門店だったという歴史を持つ店の当代が打ち出したのは、驚くほどふわふわのハンバーグ。「子どもの頃、親父が作るハンバーグが好きで、それを再現したかった」と店主は笑う。
更新: 2019-05-20 11:47:44

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt