MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
横浜中華街の人気NO1麻婆豆腐は絶対食べて欲しい逸品!

横浜中華街の人気NO1麻婆豆腐は絶対食べて欲しい逸品!

 看板料理を店名に掲げて2016年3月に中華街に登場。瞬く間に人気となり、2017年7月には新館もオープンした。

四川麻婆 新館(最寄駅:元町・中華街駅)

イチオシはもちろん四川陳麻婆豆腐。四川唐辛子、豆板醤、豆鼓、花椒などの厳選した調味料を巧みに使い、ひと口食べると痺れる辛さに目を見張る。だが、その奥に潜むコクと旨みがじわじわこみ上げ、最後は爽快な香りが鼻に抜け、レンゲが止まらぬ旨さである。四川以外の料理も多彩で、100種類以上が揃う。

四川陳麻婆豆腐
1280円

土鍋にたっぷり入りこの値段はお得。小980円も用意。他に、青唐辛子を利かせた白麻婆豆腐、辛さ控えめの上海風麻婆豆腐(共に1280円、小980円)もある

海老のチリソース
1880円

大ぶりのエビを贅沢に使ったひと品。辛さは控えめ。生ビール(490円)、紹興酒(グラス500円~、ボトル2200円~)など、酒が進むことこの上ない

自家製おつまみ三種盛り合わせ
1080円

手前から、ピリ辛の麻辣落花生、味わい深い怪味カシューナッツ、程よい甘さの琥珀クルミ。箸休めに最適だ。1種類ずつお土産も販売している(各500円)

お店からの一言

スタッフ 郑 青青さん

「麻婆豆腐は辛さの調節もできますよ」

四川麻婆 新館の店舗情報

[住所]神奈川県横浜市中区山下町147 [TEL]045-264-8576 [営業時間]11時~22時(21時45分LO)※ランチタイム有 [休日]無休 [席]全75席/分煙/予約可/カード可/サなし [交通アクセス]みなとみらい線元町・中華街駅2番出口から徒歩5分

電話番号 045-264-8576
2018年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
グルメ雑誌「おとなの週末」の人気コラム「おいしい往復書簡」掲載店舗。マッキー牧本が関東でおすすめする担々麺をご紹介。姉妹でお店をきりもり。辛さの際立つ料理も多いなかで、どこかほっとするアットホームさが漂うお店だ
更新: 2019-03-19 11:31:58
 言わずと知れた水餃子の有名店。創業30年以上経つ今も皮から手作りし、国産豚肉とニラをたっぷり入れた餡を丁寧に包んで仕上げる。
更新: 2019-03-10 12:00:00
 明治後期創業の老舗。名物は焼物で、人気の2品を一度に楽しむならチャーシュー&皮付き豚バラ肉の焼物で決まり。
更新: 2019-03-08 12:00:00
 2018年5月に創業30周年を迎えた広東料理の名店。5階には茶器が飾られたティーラウンジがあり、平日限定で「清芳午餐」を提供している。
更新: 2019-03-06 15:16:53
最新の投稿
 伊勢佐木町商店街の関内駅側出入口から野毛へと抜ける道すがらの一角こそ“バーの街”とも呼ばれる吉田町。そこで木と鉄格子のワイルドなファザードで待ち受けるバー。
更新: 2019-03-22 18:00:00
手軽につまめるファストフード感覚の〈いなり寿司〉。基本がシンプルなだけに、その組み合わせはある意味無限大!ぜひ色々取り揃えて、食べ比べたい。ニューウェイブが増えている東京都内のいなり寿司をご紹介!
更新: 2019-03-22 13:55:22
手軽につまめるファストフード感覚の〈太巻き〉。基本がシンプルなだけに、その組み合わせはある意味無限大!ぜひ色々取り揃えて、食べ比べたい。具だくさんが楽しい東京都内の太巻きをいろいろご紹介!
更新: 2019-03-22 13:55:40
 “バーの街”吉田町を、大きな窓から見下ろすようにたたずむこの店のテーマは「バー未経験の女性がひとりで安心して来られる店」。それもそのはず、オーナーは女性バーテンダー!ならではの洗練された空間だ。
更新: 2019-03-21 18:00:00
 昼夜で名称こそ異なるが、このコースが昼夜共に1620円という衝撃価格!メインは週替わりで、ポークのコルドン・ブルーや肉汁あふれるハンバーグなど、フレンチの技法を駆使した実直な仕事が伺える料理が登場する。
更新: 2019-03-20 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt