MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
料理もお酒もすべてワンコイン!横浜のビル屋上で営業している心地良いオープンエアバー♪

料理もお酒もすべてワンコイン!横浜のビル屋上で営業している心地良いオープンエアバー♪

 ビル街の狭間の小さなビルの屋上で光を灯す、なんとオープンエアのバー!! なので冬季、雨天、荒天の日は休業という自然任せの営業形態!

The Bar Tenmar(最寄駅:関内駅)

屋外営業に耐えられる防水のレジスターがなかったので、チャージ、お酒、料理、すべてを500円均一にしたエピソードは微笑ましく又ありがたし。

モヒート
500円

ロールキャベツ
500円

チャージに付くおつまみ

お店からの一言

新聞記者→教師→現オーナーバーテンダー 齋藤天馬さん

「荒天じゃなく好天のときに飲みに来てね」

The Bar Tenmarの店舗情報

[住所]神奈川県横浜市中区相生町2-52 [TEL]080-4147-8100 [営業時間]18時~23時(22時半LO) [休日]月、雨天、荒天、冬季(http://bartenmar.com にて確認可) [交通アクセス]JR根岸線ほか関内駅北口から徒歩5分 チャージ500円(おつまみ付き)

電話番号 080-4147-8100
2018年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
1923年に創業し、現在は四代目の兄弟が営業。取り扱う酒は多岐にわたるが、メインは日本酒。
更新: 2019-05-14 15:47:44
 2017年10月にオープンした滋賀県のアンテナショップ『ここ滋賀』。その1階にある気軽な地酒バーだ。
更新: 2019-05-20 13:24:28
 2018年6月上旬、日本橋界隈がざわついた。あの『はせがわ酒店』が初の飲食併設店舗を福徳神社の裏にオープンさせたのだ。
更新: 2019-05-20 13:29:38
 伊勢佐木町商店街の関内駅側出入口から野毛へと抜ける道すがらの一角こそ“バーの街”とも呼ばれる吉田町。そこで木と鉄格子のワイルドなファザードで待ち受けるバー。
更新: 2019-05-21 13:46:07
 “バーの街”吉田町を、大きな窓から見下ろすようにたたずむこの店のテーマは「バー未経験の女性がひとりで安心して来られる店」。それもそのはず、オーナーは女性バーテンダー!ならではの洗練された空間だ。
更新: 2019-05-21 13:43:18
最新の投稿
夜お茶というのは、女子の習慣なのかもしれない。しかしおっさん女子と名乗りながらも、私も女子の端くれ、夜お茶は大好きでごわす。 平成も終って、令和になって、吉祥寺も変わるワケですが、でもこの店がなくなったら、吉祥寺はもう終わりなんじゃないの?という、夜お茶のできる店がおっさん女子的にあります……。
更新: 2019-05-24 20:47:00
2018年3月のオープンながらすでに東中野の名店とも言えるもつ焼き屋がこちら。何気に希少な部位も揃い、肉質、焼き加減ともに見事で、お店の活気も気持ちいい。
更新: 2019-05-24 12:00:00
沖縄出身の店主・新垣さんが、「魚や野菜も地元糸満から仕入れている」という、亀戸で人気の沖縄ダイニング。こちらで人気のもずく酢は、本島東部、勝連産の天然もの。
更新: 2019-05-24 09:53:26
水天宮と人形町通りを挟んだ向かいにあるパティスリー。世界的にも有名なステファン・トレアン氏が手がける洋菓子が味わえる。
更新: 2019-05-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt