MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
横浜中華街で言わずと知れた水餃子の名店「山東2号店」皮・餡・タレ全てがウマい!

横浜中華街で言わずと知れた水餃子の名店「山東2号店」皮・餡・タレ全てがウマい!

 言わずと知れた水餃子の有名店。創業30年以上経つ今も皮から手作りし、国産豚肉とニラをたっぷり入れた餡を丁寧に包んで仕上げる。

山東 2号店(最寄駅:元町・中華街駅)

味の決め手は、何種類もの薬味を使った秘伝のタレ。タレにつけた水餃子の上にココナッツをのせて食べるのがこの店の流儀だ。ジューシーな餡とモチモチの皮、そこに幾重にも折重なる複雑な旨みのタレが相まって、その旨さは感涙モノ。シャキシャキした豆苗、XO醤を利かせたエビなど、お酒が欲しくなる料理も目白押し。

水餃子(10ヶ)
700円

やや大ぶりの水餃子は食べ応え抜群。餃子はほかに焼餃子(8ヶ)800円、セロリの水餃子(10ヶ)800円など。平日ランチは、水餃子(5ヶ)にスープやおしんこ、杏仁豆腐などがついて700円のメニューもある

海老とXO醤の炒め
1500円

プリプリのエビにXO醤のコクが加わり、たまらぬ美味しさ。野菜もたっぷり入ってこの値段は、かなりリーズナブル

豆苗の炒め
1500円

シャキシャキした歯応えと絶妙の塩加減で人気の一品。注文後にサッと出てくるので、スターターに最適だ

お店からの一言

マスター 温 協橲さん

「水餃子をはじめ中国家庭料理が味わえます」

山東 2号店の店舗情報

[住所]神奈川県横浜市中区山下町150-3 [TEL]045-212-1198 [営業時間]11時~翌1時(24時半LO)※ランチタイム有 [休日]無休 [席]全93席/分煙/予約可/カード不可/サなし [交通アクセス]みなとみらい線元町・中華街駅2番出口から徒歩7分

電話番号 045-212-1198
2018年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
お店のオープンまで、オーナーの大釜和也さんと竹浪洋和さんのふたりで1年間食べ歩き、さらに1年間毎日餃子を試作し、究極の餃子を目指した。皮はミリ単位で厚みを変え、焼く油も厳選し、挽き肉は部位や挽き具合、混ぜ合わせる温度や湿度にもこだわったという。
中華食堂といった風情の『かかん』は、贅沢な中華ではなく、日常に食べてもらえる店にしたかったという。ランチの圧倒的な人気は冷めないように鉄鍋で出す、グツグツ煮えた麻婆豆腐。
イタリアンの経験があるオーナーの須藤さんが、台湾人の両親をもつ蘭さんと出会って台湾の魅力に触れ、昨年3月にオープンさせたお店。蘭さんの台湾の実家で食べた料理をベースに、東京の味を融合させ、ここならではの味を作り上げた。
個性的な名店が集まる食の迷宮・板橋。中国北部出身の楊さん家族が営む『龍王』も、豪快なチャーハンをはじめ、庶民派プライスの逸品が目白押しである。
 もうダメ、疲れがとれない……そんなときに駆けこむべきはこちら。明るく人懐っこいマスター・松岡さんの繰り出す「薬膳スタミナ麺」だ。
創業して52年目。 その老舗そば店は、京都洛北の大幸寺にルーツがある。 時代は江戸まで遡る。300年以上伝承されてきた「そば打ち秘伝」「つけ汁仕立て御式」を受け継いだのが「そばよし LINKS UMEDA店」だ。
性格が子どもじみているのかもしれないが、私は混ぜる食べ物が大好きである。 そんな混ぜるの大好き! おっさん女子的に混ぜたい食べ物の王道は、石焼ビビンバだ。 そして吉祥寺で石焼ビビンバを食べるのは、ダイヤ街のビルの2階にある『D韓』です。 食べ盛りの若い男子は、ランチ食べ放題がおすすめだよ。
石巻線は東北本線と接続する小牛田駅を起点とする単線、非電化のローカル線です。 2015年までは国鉄時代から走り続けるディーゼルカーも走っていました。 白と緑色に塗られた車両で、田舎の風景によく合っていて、これを目当てに撮影に出かけました……。 今回は、大震災以降の石巻線と女川駅付近で出会ったホヤのお話です。
旬を大切にし、素材の持ち味を生かした魚介料理を楽しませてくれる店。そのための魚介は神津島直送の鮮魚をメインに使い、丁寧に端正に仕上げる。
山形は蕎麦の名産地であるとともに、滋味深い食材と風土に育まれた食文化がある。ゆるゆるとその地酒を味わいながら、ならではの旨さを堪能できるのがここの魅力だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt