MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
【閉店】徳記|八角が香るタレに麺をつけるとこれまたハマる味(中華料理/横浜)

【閉店】徳記|八角が香るタレに麺をつけるとこれまたハマる味(中華料理/横浜)

 シンプルな醤油ラーメンに別添えの豚足。名物「豚脚麺」を頼むと、この2皿がやってくる。まずは豚足をパクリ。

【閉店】徳記(最寄駅:元町・中華街駅)

プルプルしたゼラチン質に八角を利かせた醤油ベースのタレが染みて、なんとも美味。すかさず麺をすすり、スープを飲む。豚足のタレの余韻と滑らかな自家製玉子麺、滋味深い醤油スープが口中で幸せなハーモニーを奏でる。ほか、塩味と火加減が抜群の野菜の炒め物など、気になるメニューが満載。55年以上続く歴史ある味を心ゆくまで楽しみたい。

豚脚麺(とんそくそば)
1030円

創業当時からの看板料理。醤油ベースのタレは日本人の口に合うようアレンジされたもの。下茹でしてから下味をつけ、さらに揚げて……と手間暇かけて仕上げた豚足は臭みが皆無。2日間煮込まれ、味がしっかり染みている

季節野菜の色彩炒め
2160円

使用する野菜は約10種類。塩だけで野菜本来の味を際立たせ、シャキシャキした歯応えも抜群

ラーメンと豚足を別盛りにするのは、繊細なスープの味を壊さないようにするため

お店からの一言

3代目 李 寅和さん

「豚足と麺を交互に食べて余韻と調和を楽しんでください」

徳記の店舗情報

[住所]神奈川県横浜市中区山下町166 [TEL]045-681-3936 [営業時間]12時~14時、17時40分~20時、土・日・祝12時~15時、17時40分~20時 ※ランチタイム有 [休日]水(祝の場合は営業、翌日休) [席]全30席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし [交通アクセス]JR根岸線石川町駅北口、みなとみらい線元町・中華街駅2番出口から徒歩8分

電話番号 045-681-3936
2018年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
本格四川料理が自慢の中華料理店。数ある麺類のなかでもイチオシがこの担々麺で、芝麻醬のゴマのコクをきかせつつも、あっさりと食べられる。
更新: 2019-05-14 15:31:00
グルメ雑誌「おとなの週末」の人気コラム「おいしい往復書簡」掲載店舗。門上武司が関西でおすすめする担々麺をご紹介。
更新: 2019-05-21 13:48:19
グルメ雑誌「おとなの週末」の人気コラム「おいしい往復書簡」掲載店舗。マッキー牧本が関東でおすすめする担々麺をご紹介。姉妹でお店をきりもり。辛さの際立つ料理も多いなかで、どこかほっとするアットホームさが漂うお店だ
更新: 2019-05-21 13:55:14
 言わずと知れた水餃子の有名店。創業30年以上経つ今も皮から手作りし、国産豚肉とニラをたっぷり入れた餡を丁寧に包んで仕上げる。
更新: 2019-05-21 11:33:03
 看板料理を店名に掲げて2016年3月に中華街に登場。瞬く間に人気となり、2017年7月には新館もオープンした。
更新: 2019-05-21 11:54:34
最新の投稿
新大橋通りに面した角に立つ小さなお店。中に入ると、多種多様なベルギービールが棚にずらりと並び、常時50~60種もの味を楽しめる。
更新: 2019-05-21 12:00:00
店主は毎朝築地へ足を運び、勝ち得た信頼と目利きにより入手した天然ものの魚にこだわる。そんな和食店で提供される、肉好きも大満足のメニューが右の逸品。
更新: 2019-05-20 12:00:00
「かろかろん♪」と鈴が鳴るドアを開けると、アフリカ調の素朴な色合いと華やかさが入り混じったリラックス空間が広がる。多国籍の雑貨を売っていた所に、お茶や食事を楽しめるスペースを開設したのが始まり。
更新: 2019-05-20 11:44:41
洋食店としての創業ながら、先代はとんかつ専門店だったという歴史を持つ店の当代が打ち出したのは、驚くほどふわふわのハンバーグ。「子どもの頃、親父が作るハンバーグが好きで、それを再現したかった」と店主は笑う。
更新: 2019-05-20 11:47:44

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt